人気ブログランキング |

タグ:靴下 ( 1 ) タグの人気記事   

この靴下だれのよ!?   

例えば、こじろうがよちよち歩きのころであったなら、

おもちゃみたいに小さくて愛らしい靴下がこじろうの。ちょっと大きい子ども靴下がまたろうの。大きくて白っぽいのが母の。もっと大きくて黒・紺などが父の。と、簡単に区別がついたものである。

それが現在のように、みなさんぞろぞろと大きく成長されてしまうと、ぱっと見には区別がつかなくなってしまう。微妙にサイズが違うといっても、
21~23 はなひめ
23~25 こじろう&私
25~27 またろう&父
…やっぱりわからないじゃん!!

洗濯済みの山からの仕分けも大混乱だし、なんだか床に靴下が落ちている(←よくある(-_-#)、というときも責任の所在がさっとわからないというのは不都合である。

そこで、我が家では、バスタオルに続いて靴下も色分け制を導入することにした。

幸い、男性陣には、その日のコーディネートによって靴下の色を変えたいと主張する者もいなかったので、話し合いはすんなり決着。

グレー: よしぞう
紺: またろう
黒: こじろう
白: 母
それ以外、模様つきなど: はなひめ

カワイイ靴下にこだわりのあるはなひめだけなんでもあり(笑)。またろうが紺なのは、中学校の指定があった関係ですでにほとんどが紺だったのでそれを踏襲したものである。そして、それとサイズが紛らわしい父のものを区別するため、ほとんどグレーを買うようにしていたので、この二人はすでにおよそ色分け方針が慣習的に決まっていたといえる。

つまり、今回の「改革」のメインは、追加でこじろうと母の住み分けを決め、あらためて四人の色を明確にルール化したことだ。

それと、もうひとつ大事なことは、似たような色の、すこーしずつ違う靴下が大量にあったりしたら、その「左右合わせパズル」でムキーッとなることは間違いないので、とにかく10足とか、まったく同じ靴下を一気買いすること。どれを合わせても同じだし、穴あきを片方単独で捨てても問題なし。

ちょうど、またろうとこじろうの靴下が穴あきばかりになってしまったので、日曜日に大量購入に出かけた。

ユニクロと無印良品が同じフロアにあるという、これ以上はないロケーションで万全の体勢だったが、案外、希望のものが難しい。KIDSの靴下は妙に「四色セット」だったりとかして。

結局、こじろうの靴下は「WOMEN」の売り場にあった黒の四足セットを×2買ってことなきを得た。またろうの紺はMENで問題なし。

同時に、こじろうの下着のシャツを買うという課題があった。受験でどさくさしているうちに、ものすごいつんつるてんばっかりになっていたのに、先月あたり「小さくなったのあるでしょ? 必要な数を言って。買うから」と声をかけたら、本人は「まだ大丈夫」。ところが、数日前に判明したことには、その「大丈夫」たるや、へそ丈になってるものまで「着られるから大丈夫」というものだったので、強権発動で買いなおすことになったものだ。

でも、こじろうに合うサイズのものを買うのって、意外とやっかいだ。無印良品で聞いたら、KIDSは130まで。それ以上は大人サイズになりますと平然といってのける。でも、MENはSサイズでも155~。140くらいの子はどれを着ればいいのさ??

それでその日は挫折して、私が「あぁ、じゃ、私が明日会社の帰りに○○ストアに寄れるから、そこでグンゼかアツギのシャツ探してくるわ。それなら140とか150とかあるでしょ」というと、よしぞうは「そりゃあるだろうけど。せっかく『脱グンゼ』させてやろうと思ってたのになー」…父なりに、こじろうのファッション化につき気を遣っていた模様。

今日の献立:
海鮮水餃子スープ(青梗菜、大根)、納豆、めかぶ、ごはん、きゅうり糠漬け

by an-dan-te | 2009-03-31 07:13 | 生活