人気ブログランキング |

タグ:物理 ( 3 ) タグの人気記事   

入試の採点ミスに思うこと(大阪大学・物理)   

ご無沙汰しております(^^;;

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ←いよいよ一月
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

本館ブログのほうに受験関連記事を書いてしまったのでこちらでもいちおうお知らせします。


この話は大学受験ですけど…

どの受験でも同じことで、そういった「誤差」は多かれ少なかれいろんな学校で発生していると思います。

人間のやることですからまったく間違えないということも難しいですが、
間違いが起きにくいように組織的に、またプロセス的にきちんとしている学校もあり、
個人の注意力にかなり頼っている学校もあり、
どのくらい誠実に万全を期しているかはたぶん学校によって違うでしょう。

それに、誤差と言えばそういったミスよりも実は大きいのが、
優れた出題かどうかということです。
取りたい子を正しく見分ける作問ができているかどうか。

親ができることは、過去問や説明会などを通して、どのくらい「良い」入試をしている学校なのかを見分けること。

それと、誤差を乗り越えて合格できる学校(いわゆる安全校)を混ぜておくというくらいでしょうか。


私の知人のお子さんの中学受験で、第一志望残念で別の学校に通っていたら、6月くらいになってから採点ミスのお詫びと「今から転入できます」のお知らせがあった方がいます。赤本を作るときに指摘があったということだそうです。中学受験ですから浪人してるってことはないので、一年遅れるわけではないのですが、みんながもうその学校でスタートしてクラスの雰囲気もできつつあるところに入っていくことになり、結局悩ましいですね。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン

by an-dan-te | 2018-01-08 22:29 | 大学受験

心に残る授業(物理):高校の場合   

一方、学校での物理の授業だが、これまた別の意味で印象に残っている。
(今日の話は、「心に残る授業(物理):S台予備校の場合」の続きです)

高三になると、受験準備のための選択授業がとれるコマが2時間×2=4時間設けてあって、各自必要なものを取ることになっていた。ただし、通常授業のほうで物理B(受験で物理がいる人のコース)を取る人は、必ず選択授業の物理演習を取るように、と言われた。

最初私は、物理Bをとって選択授業はなしにする(4時間とも空きにして自習にあてる)予定だったが、どうしても演習までとらないとダメだという。なんでも「実際には通常授業とつないで境目なしに使う予定だから」ということなので、それならそれで仕方がない。「わかりました、物理A(受験で物理がいらない人のコース。薬学部受験の人とかが多い)に変えます」とあっさり引き下がろうとしたら強く引き止められてモメた。

「じゃ、今は受験で物理がいらない予定ですということにして、後で気が変わることがあるってのはどうですか?」などと詭弁で逃げようとしたが受け入れられず(^^;;

先生としては、物理で受験するくせに物理Aとるなんてありえないってわけである。「予備校で受験のための物理を勉強するのもよいけれど、学校の授業で物理の本質を勉強してほしい」とその先生はおっしゃった。そこで私は、「予備校では、とても本質をついた授業をしてくれています。学校の授業は、煩瑣な演習を数こなすことにばかり追われていて、むしろ受験にふりまわされていて本質がわからないのはこちらのほうです」と言った。言い放った。

ほんとに若気の至りで…申し訳なかった。ものにはいいようがあるし、嘘も方便ということもあるし、ともかく学校の先生にこんな言い方するべきではない。善意で言ってくださっているのにねぇ。でも、上記のセリフの内容は真実でしたけどね。

先生はなおも、「物理Bを取らないと、学校としては責任がもてない」というようなことをおっしゃった。私は、セキニンって何だよ、と思った。どのみち大学に落ちたからって先生が責任とれるわけじゃなし。

しかし、私がそのようなことを口に出す前に、もう一人、物理Aに変える交渉をしていた人が言った。
「心配なんて、してくださらなくて結構ですから」
…うわー。言っちゃったよ。

そんなふうに、私もその人も、無事(?)物理Aの授業を受け、空き時間は図書館で自習をした。二人ともそこまで先生に失礼な口をきいたのに何のおとがめもなかった。

物理Aでは、少人数で和気藹々と授業が進められていて、演習でめちゃくちゃ忙しい物理Bと違って実験も多く、そして宿題は出なかった。S台でも実験はできないわけなので、この組み合わせは好都合だ。そういうわけで、物理の学習には何の心配もなかった。

私はS台、もうひとりの人はZ会で勉強を続けて、二人とも第一志望校に合格した。結果は出せたけれど、ちょっと影を残した…かもしれない…

今日の献立:
あじの開き、レンジ蒸しナス&トマト、れんこんきんぴら、昆布豆、ごはん、きゅうり糠漬け、りんご

by an-dan-te | 2009-03-16 07:27 | 大学受験

心に残る授業(物理):S台予備校の場合   

高三のとき、私はS台予備校の理系総合コース(? 名称不正確)に通っていた。

それだと月から金までびっしり何時間も授業があって、当然のことながらそれの予習復習をまともにやっていたら夜中まで勉強することになる。私は睡眠時間を削ることはしないのがポリシー(今でも)なので、予習復習は学校にいる間にやっていた(つまり内職)。

そんな具合に、S台の授業はまじめに参加していたので、「役に立った授業」というレベルでいえば、ふつうにたくさんある。その中で、一番印象に残るものといったらやっぱり物理。

内容よりまず、先生の人となりが強烈だった。なんでも、その当時見た「フォー○ス」という雑誌によれば、そのY先生は大学時代に全共闘の議長かなんかやってたらしく、ヘルメットをかぶった人たちが大勢いる中に、壇上に立つY先生が写った古い写真が載っていた。たぶんそんなわけで堅い職業にはつけなかった(あるいは、つかなかった)のかな? と勝手な想像をしてみる。

まー、教わる側にとっちゃ、そんなことはどうでもいい。ともかく、人を話に引き込む勢いのある先生だった。

元々、私は物理が好きで、それは主に「皮表紙のノートと万年筆」で書いた、Mさんのおかげ。小学校三年くらいに得たものが「力学」の世界の直感的・直観的な理解だったとすれば、S台の授業で得たものは、その世界と数式の結びつきだろうか。

残念なことに、私は計算力が乏しかったので(-_-;; 「さーて、なんか微分方程式ができたけどこれをどうすれば??」みたいな事態によく陥ったのだが、だいたい部分点をかなりくれるものなので、物理は常に大きな得点源になった。

Y先生は、「ウンウンうなって計算するのが大事なんや!!」と常々言っていて、黒板いっぱいにガシガシと計算を書き付けていたが、計算して答えが出たらそれで終わり、ではない。必ず「答えをよく見る」ようにと言っていた。この場合の「見る」は「鑑賞する」という感じかな?

mだのMだのrだのが混ざった答えが出てきたところで、mがすごく小さくなったらどうだろう? 大きくなったら? 次元は? 要するに、出た答えが、自分の「物理的直感」に照らしてつじつまが合ってるかどうかを見るわけだ。

「おかしかったら、適当に(マイナスをプラスに書き換えるとか、次数を直すとか)直しとけ」とも言っていた。もちろん実際には、何か計算ミスをしているのだから見直せという意味なんだろうけど、とにかくつじつまの合わない答えをそのままにしておくなよ、ってことだと思う。

* * *

大学受験のときに一番得意なのは間違いなく物理だったし、大学に入ってからも一般教養の物理は力学・熱力学・電磁気学いずれもAをもらった (ただし電磁気学のみチョコ点を含む) が、その後は物理とは縁がなかった。その先の物理は、数学が苦手な人なんかお呼びじゃないからしかたがない。私も、物理で何をしようということはまったく思わなかった。

最近でも役に立っていることといえば、「見る」力だろうか。

こじろうの算数感覚、特に比のあたりの考え方は独特で、ときどき解答とも違うし傍から見ると理解不能な解き方をする。それでまた、説明が下手だから、答えが違っていても何がどう違っているのかさっぱりわからなくて困ることがあった。

よしぞうがいないとしかたなく私が聞くのだが、こじろうに説明させて「うん…うん…」とわけがわからないまま右から左へ受け流しながら、ぼんやりと流れを観察する中で、おっ!! ここがおかしい!! と「感じて」、びしっ、ここざます。。と誤り個所を指摘するという手法をよく使った。

広く見て感じて、「ゆがみ」を検知するとそこに誤りが。という手法は、ざっと見て誤訳を見つけるときにも重宝だ。Y先生ありがとう、物理はともかく(^^;; こんなに役に立ってますよ。

今日の献立:
たらこ、数の子、おくら入りとろろ、納豆、焼きがんも、たくあん、ごはん、ほうれん草味噌汁
* なんか脈絡がないが、少しずつ残っていたものを一挙大放出。味噌汁は、昼に食べた豚しゃぶの汁が残っていたので、山ほどほうれん草を入れたもの。たまに肉や葱や水菜も入っている。

by an-dan-te | 2009-03-14 13:55 | 大学受験