人気ブログランキング |

タグ:料理 ( 4 ) タグの人気記事   

我が家の定番おかず(夏バージョン)   

ここんとこ、料理の話といえば弁当ばかりなので、ここらで夜ごはんのおかずメモ。

なんか今日は調理時間をかけたくないという日(と、いうのがいっぱいあったりするんだが)、夏ならやっぱり豚しゃぶ系。

もちろん、豚しゃぶ「鍋」にして、豚肉、水菜、あとあれば葱ととうふ、そしてゆずぽんでいただくのもよいけれど、最近のハマリ物は豚しゃぶサラダ。

豚しゃぶサラダ
豚薄切り肉をゆでて、あとはあるものにのっけて。
千切りレタス、薄切りトマト、きゅうり、豆腐などなど。
私はゴマだれが好き。ゆずぽんでも。

あと、火の前に立ってる必要がないという意味でも夏らしいのが

焼き野菜
かぼちゃ、ピーマン、あとあればしいたけ、肉もいいけどそんなにいっぺんに乗らないので。とにかくかぼちゃが焼くとおいしい。
ヘルシオの抗酸化なんちゃら調理の「焼き野菜」モードで焼く。
味つけは、単に「塩」でもいいし、私のお気に入りはゆずこしょう。

レンジ蒸しナス
ナスを丸ごと三本、ラップに包んでレンジ強で三分、裏返してまた三分。
その間につけダレを作る。ごま油、ゆずぽんが基本で、おろししょうがもあったほうがよい。
蒸したナスはヘタを切り落とし、細めに裂いてタレにからめる。
薄切りトマトをいっしょに混ぜても吉。
仕上げはすりゴマと、家庭菜園(というか単にベランダのプランター)でちぎってきた大葉の細切りをトッピング(省略可)。

ブロッコリーサラダ
卵をヘルシオ蒸し6分してる間にブロッコリーを洗って小房に分けて金ざるに入れておく。卵は今日食べる二個くらいのほかに、弁当用に余分にゆでちゃってもよい。
ブロッコリーをヘルシオにつっこんでさらに10分、卵といっしょに蒸す。
卵は水にとって剥いて、卵切りでタテヨコ切って大皿に。
あとはブロッコリーとあればプチトマトとハムまたはシーチキンなどお好みで。
味付けは塩コショウとマヨネーズ。

しゅうまい
ザク切りキャベツを金ざるに敷き詰め、しゅうまい(もちろん出来合い冷凍)をその上に並べる。ヘルシオ蒸しで12分くらい。蒸したキャベツのうまみは取り合いになる人気。

このほか、定番中の定番、肉野菜炒めくらいになると、上記↑献立よりはだいぶ「手をかける」つもりの日に出てくる料理(笑) あと、休日はもちろん、野菜総ざらいのカレーね。

あとは

納豆
刻みめかぶ
キムチ
汲み出し豆腐
きゅうり糠漬け

…料理じゃないな。。でも、おいしければいいのだ。

by an-dan-te | 2009-07-05 07:38 | 生活

休日の朝ごはん   

昨日は宴会から終電帰りだったので、今朝のスタートは遅め。

宴会に行ったのは私だけなんだし、別に母が寝坊していたって、こじろうは着々とテスト勉強を進めていたらよさそうなもんだが、もちろんそんなことはなくて(-_-# 私が9時半ごろ起きていくと三人仲良くニコニコ動画 (^-^)(^-^)(^-^)

朝ごはんをまず食べないとなんにも始まらない、というのは元々私が伝染させた気分かもしれないから、あまりとやかくいいたくはないけど…それなら、朝ごはん担当大臣のまたろうがいるんだから先に朝ごはんを子どもだけで食べておけばいいことでは、というのもあるが、これまた朝ごはんというのは家族全員揃ってとるものという文化を作ってしまったのも私か。。

とにかく、私はブログ自己紹介では「趣味はピアノ」としか書いてないものの、「食べること」がとても好きで、趣味といってもいい (料理好きとはいえないが)。中でも好きなのは、朝ごはん。健康診断のある朝以外に朝食を抜いたことはない。健康診断の日ですら、それが終わった10時半ごろに、途中で買ったサンドイッチを食べたりしてつじつまを合わせるほど。

平日の朝は、時間もあまりないので、たいしたものは出てこない。いちばん大切なのはおいしい紅茶。これはまたろうに任せておけばばっちり。あと、パンが二種類くらい…ここまでが固定で、あとのものは在庫次第。よく出てくるのは、ヨーグルト・プリン・ウインナー・チーズ・トマト・きゅうり・バナナ・いちごなど。

私のお気に入りは、チキンレバーペーストを塗ってチーズ・レタス・トマトものせたてんこもりオープンサンド。はなひめはもっぱらバターとジャム。ときどき、こてこてこてこてときりなく塗っていることがあるので注意が必要だ。

f0185839_11162977.jpgヨーグルトは、生協で買う「生乳100%ヨーグルト」が私の定番品で、この甘味のついてないヨーグルトに、バナナかブルーベリーをいっしょにして食べるのが好き。よしぞうはプレーンヨーグルトがだめで、あまりすっぱくなくて甘味が勝っているタイプ限定。だからヨーグルトはいつも二系統注文する。またろうはどちらでも食べる。

休日は、ふだんやらないようなものを食べるのが楽しみ。平日は、卵がたいていお弁当に入る関係で卵を食べないが、休日は朝食べてもいいので、またろう得意のオムレツが作ってもらえる (こともある)。またろうのオムレツは、中からほろっと崩れるやわらかさ、バターと塩コショウがほんのり効いた香りのバランスなど、配慮が行き届いていてとてもおいしい。これもまさに、食いしん坊の料理という感じで、自分が食べたいし家族にも食べてほしいから作るという姿勢がそのまま表れたものだと思う。

f0185839_11165811.jpgそのほか、休日ならではというとフレンチトースト。我が家のフレンチトーストはシンプルで、牛乳と卵を溶いてひたして焼くだけで、砂糖を入れない。焼きあがったフレンチトーストに、好みでハチミツやジャムを塗るかバナナをのせて食べる。昨日のは特にきれいに焼けて、噛み心地もばっちり、おいしかった。

今朝は玄米蒸しパン。これは生協で頼むと冷凍で配達されるので、冷凍庫の余裕さえあれば好きなときまでとっておいて食べられる。凍った蒸しパンを並べるときは、あれ? こんなに小さかったっけ? という感じだが、蒸しあがるとふっくらして、湯気が幸せ(^-^) あんこの入ってない、薄甘いのが特に好き。

by an-dan-te | 2009-06-28 11:19 | 休日

我が家の食卓こだわりポイント   

毎日の食事作りについては、こだわりが多すぎても窮屈だし、少なすぎてもつまらないと思う。

食卓のポリシーについては、頭の中で考えているものではなくて、ほとんどがなりゆきと試行錯誤を経て徐々に落ち着いてくるもの。我が家でも十年前と今ではずいぶん違ってきている。現状をまとめるとこんな感じ:

(1) 土鍋ごはん
軸となるのは土鍋で炊くごはん。ご飯炊き用の土鍋を使い、ガーッと強火でぐつぐつしてくるまで約10分、火を弱めて10分、10秒くらい火を強めてから消す。蒸らし10分。土鍋で炊いたごはんはおいしくて、シンプルなおかずが合うし、この「炊けるまで30分」という間がおかず調理にちょうど良い。

(2) 調理は30分枠で
ごはん炊きをセットしてから、炊き上がるまで30分。この中でできないようなことはやらない。まとめて蒸す、煮る、焼く、炒める。ざっくりが基本。

(3) たんぱく質ものできれば二種類
例えば、肉野菜炒めと納豆とか。焼き魚とサラダ(の中のゆで卵)とか。昨日だったらヘルシオ焼の肉と豆腐。「できれば」ってところがミソで、都合により省略される場合があります。

(4) 野菜ものできれば三種類
色の濃いものと薄いもの、合わせて三種類。昨日だったら、肉といっしょに焼いたかぼちゃと、サラダのレタス、トマト。「できれば」ってところがミソで…以下同文。

(5) 小さいおかず多めに
めかぶ、紅しょうが、韓国のり、こんにゃくきんぴら、たけのこ煮など小さいおかずを常備。昨日は切り干し大根の煮物。

(6) 糠漬け
ポリシーとはあまり関係なく、なぜか糠床がある。いろいろ試したけど我が家ではきゅうりの糠漬けが一番人気なので、きゅうりオンリー。レンジでパスタをゆでるための細長いプラ箱を利用して、きゅうり二本を漬ける。冷蔵庫の野菜室に保管しているので、毎日混ぜる必要はない。だいたい、ある日漬けたら翌々日に食べて混ぜてまた漬ける。
始めのうちなかなかおいしくならなかったが、最近はコンスタントにおいしい。技術(?)というようなものもないと思うので、糠床が育った??

(7) 揚げ物はナシ
油の始末や掃除まで考えると、揚げ物はけっこうやっかいだ。完全に追放してしまうと油こしもいらずすっきり。揚げ物は外食のとき、つい食べるからそれでいいことにする。


細かく書いてみたが、ぶっちゃけ「クリエイティブな手抜き」が根本のポリシーである。

一度だけ、フランス料理を習いにいったことがある。先生のご自宅で三人くらい集まって教えていただくこじんまりしたレッスンで、とても楽しい雰囲気だったが、私はぐったり疲れてしまって、もう二度といかなかった。先生の人柄は素敵で、おうちはきれいで、料理はおいしくできて申し分なかったが、私はあの、ものすごい手間の積み重ね(みんなで協力して手分けしていても3時間立ちっぱなし)を一回分の料理につぎ込むという発想自体が耐えられないということがよくわかった。上手下手よりずっと手前にある問題。


f0185839_731373.jpg今日の弁当:
ごはん、ふりかけ、チキンナゲット、かぼちゃ焼き、ポテト、ブロッコリー、厚焼き卵、切り干し大根煮

弁当のポリシーは…色を揃えることと、朝はなるべく調理しないこと(^^;;

by an-dan-te | 2009-06-09 07:33 | 生活

宿題は「肉じゃが」   

ある日、会社から帰ってきて冷蔵庫を開けたら、こじろうの弁当箱が弁当包みのまままるごと入っていた。

…なんじゃこりゃ。と、思ったら、「今日は調理実習だったからお弁当食べられなかった。お昼おいしかった~(うっとり)」

そういや、朝出る直前に、「エプロンと三角巾!!」と叫んでいたが、それならそれでお弁当いらないとかその時点で気が付かないのかね。まぁともかく、メニューは、ごはん・肉じゃが・かき玉汁だったそうだ。

で、そのレポートを書かなければいけないそうだが、なんでも、家でそのメニューを再現して書くようにとのことである。あら、じゃ、学校も部活もない日曜日にやるしかないわよね(^-^)

何がいいたいかというと、昨日は私とよしぞうが、知人が出るアマチュアオケのコンサートに行って、帰りは夜ごはんぎりぎりになるので、帰ったときに肉じゃがが出来上がってるってのは、そりゃ好都合というわけだ。

それで、家にじゃがいも・玉ねぎ・にんじんはあるから、あと牛肉と白滝は買いに行くように、製作上の不明点があればまたろうに聞くように、またろうは火事にならないよう監督するようにと言い置いて出かけた。

しかし、帰る途中、最寄り駅に着くあたりでちょうどこじろうから電話。「肉って、何を買えばいいの?? 肉じゃがといったら豚肉だよね??」…ちがーう。そりゃ、お母さんは豚肉とじゃがいもと玉ねぎを煮たりしてますが、家庭科の宿題でいう肉じゃがはそのレシピのとおり牛でいってください。「で、牛のどんな肉? 何グラム??」

もう面倒なので、肉と白滝は母が買って帰るので、じゃがいもを剥いて、にんじんと玉ねぎも切っておくようにと言う。

家に着くと、確かにじゃがいもとにんじんと玉ねぎは切ってあるが、量がちょんぼりちんまり。何これ?? 「みんなが味見するくらいあればいいよね、と思って」…は?? 作るなら夜ごはんとして食べないでどうするのさ?? ちょっとまたろう、ちゃんと監督してよっ。またろうは、ゲームに興じていて監督の任にはついていなかった。

それから、こんなみみっちい肉じゃががあるか、「じゃが」をもっとどーんと入れなさいといって剥き足させる。ようやく台所にやってきたまたろうが、じゃがいもをしこしこ剥いていると、こじろうは野菜を切るのに飽きてゲームのほうに行ってしまった。しばし、またろうが野菜を切り、母が台所の片付け物をする。おーい、誰の調理実習だ??

その後も、家庭科でやったレシピのプリントが見つからず、代わりに、またろうが「狂乱家族日記 八さつめ」という小説本を出してきて、その冒頭にある漫画(肉じゃがを作っている)を見ながら作るというようなハプニングはあったものの(プリントは、作り終わってから発見された)、炒めたり煮るところはいちおうこじろうがやって、無事肉じゃがができた。

できた肉じゃがは、ウマー(^-^) みんなでよってたかっておかわりして完食する。お弁当分は残らず。

f0185839_77778.jpg今日のお弁当:
メインは、スナップえんどうの卵とじ。

by an-dan-te | 2009-05-18 07:07 | 中学生活