人気ブログランキング |

タグ:宿題 ( 8 ) タグの人気記事   

■小学校の宿題との付き合い方   

なんでもちゃっちゃとやれる子なら悩む必要はないんだけど、寝るのも長く、食べるのもお風呂に入るのも遅く、宿題(学校のも塾のも)をやろうとすれば悠久の時が経つ子の場合は、たかだか学校の宿題といってもなかなか悩ましい。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←先生がどんな人かによって実態は大差だけど
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

中学受験の勉強がたいして始まってなかった四年生のころにすでに苦戦していて、なにしろすんなり済んだ日に、その「済んだ」ことを記事にしているくらい。
やる気がある日のはなひめ(稀)

本音をいえば、塾の勉強をきちんとこなしてほしい、学校であんまり的外れな(かつ時間のかかる)宿題は出してほしくない、けど「学校の宿題はやるもの」というところはきちんと守りたい。
学校の宿題との微妙な関係

学校の宿題のどこが嫌かって、問題が簡単すぎるとかいうことよりも、変な方向の努力に時間がかかるのが嫌。
学校の宿題と「きれいすぎる」ノート
先生の指示に問題があるのか、本人の嗜好に問題があるのか、その微妙な相性によるものか。

人によって考え方は違うかもしれないけど、私は、学校の宿題は「道徳」である、塾の宿題は(本人のための)「受験勉強」であるという考え方をしていた。
学校の宿題
そして、塾の宿題

それで、実際問題、学校の宿題をどうこなすかということについては、試行錯誤を重ねつつ、わが家では「平日朝」というところに落ち着いた。中学受験生の朝の定番は、「学校に行く前には計算と漢字」というところだろうけど、それはうまくいかなかったので。

塾弁はいいけど朝勉はなかなか
睡眠時間と勉強リズムと
朝勉のゆくえと学校の宿題
朝の定番といえば計算と漢字だけど

夏休み宿題スペシャル:
学校の宿題ばっかり時間かけないで!!
メモチェは一日にして成らず
八月三十一日はやはり夏休みの宿題のために

ところで。中学受験生を抱え、学校の宿題について悩んでいる人は、少数派の立場で受験を進めていこうとするから難しいのだと思いがちだけど、それなら公立中に行って高校受験だとどうなるかというと、なぜかよけい話しがややこしくなったりしますよ、という話。
夏休みの宿題ドリル、解答は配布すべきか?

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン
* 3点在庫あり。

by an-dan-te | 2013-11-01 12:50 | 中学受験

エンドレス・エイト   

昨日、八月末にふさわしい「修羅場」をくぐり抜けたはずなのに…

九月に入り、はなひめ+宿題を小学校に送り出したはずなのに…
帰ってくると、玄関には防災頭巾。食卓には読書カード。あれっ。

防災頭巾はしかたがない。九月頭はいつも「引き取り訓練」で、我が家はいかないけれど(直接、学童へ行く)防災頭巾は持って帰ってくるのだ。
読書カードはなぜ?? あ、そういえば、私が支度をしているときまだ書いてたんだっけ。持ってかなかったの??

「でも、今日、出してって言われなかったよ」
うっそだー、他のは提出したんでしょ。持ってかなかったから耳に入らなかったんじゃないの。まぁ実際、まだ埋まってなかったんだからチャンスとも言える。
「じゃ、続き書けば」「そうする」

というわけで、はなひめは読書カードを書く。こじろうは、まだ「日曜日にやるはずだった」家庭科レポートの下書きを書いている。
強烈な既視感に襲われる(-_-;;


こじろうの宿題スケジュールは、あまりにリスケの連続で、今どんだけ遅れているのか把握しにくいが、とにかく植物画は今度の日曜日に押しやったので、今日は家庭科(食のレポート)と地理(三角測量のレポート)が仕上がっていればいいはず。

しかして進捗は…家庭科レポートの下書きの半分くらい。。
うーん、どうするんだろう。どうするの、こじろう。
「今日は徹夜だな」
ほんとですか。そんなことできるのかなぁ。と、疑わしく思いつつ先に寝た母であったが、今朝起きてみるとわりとさわやかな顔のこじろうに出会った。

「あれ、どこまで進んだの」
「寝過ごした。っていうか、昨日の晩と同じ(^-^)」
そりゃ、ふつうに寝たんじゃん。さわやかなお目覚めで、よろしいですこと。


f0185839_9482216.jpg今日の弁当:
肉団子、昆布佃煮、プチトマト、れんこんきんぴら、焼きかぼちゃ、コロッケボール、枝豆

by an-dan-te | 2009-09-02 07:07 | 中学生活

「正しい」8月31日   

よりによって、「こんな日」に台風が来るという。

朝、ふだんどおりに、よしぞうと二人で玄関を出て数歩あるいたが、雨風の強さを見てめげる。
「今日、帰りに電車遅れたりするとシャレにならないから、私、在宅(勤務)にするわ」

それで、くるりと家に戻り…パソコンを立ち上げて会社にメールを打つ。

家で仕事をしていたら、部活からこじろうが早めに帰ってきた。台風対応で帰されたとのこと。ラッキーじゃん。昨日やり残したことができるね。「あ、うん。まぁ。。」

しばらく待っていたが、音沙汰がないので、子ども部屋までいってベッドからこじろうを引きずり出し、新聞切り抜き作品(歴史の宿題)の続きに取り掛からせる。

もう、記事をレイアウトして貼るところまでは行っているのだが、感想書きがままならなくて、手が止まっている。なにしろ、この切り抜き作品を完成させれば終わりなのではない。日曜日に「やるはずだった」二つの大物のうちの、一つ目だからね、これは。「夜ごはん前にこれが終わらないと、話にならないよ」といっておいて仕事の続き。

しかし、仕事が済んで夜ごはんの支度をするころになっても、当然のことながら書き終わっていない。さらに、夜ごはんが済んで、デザートの梨を剥くときに「それがおわったら食べてよろしい」といって、梨で釣って完成させることに。それでも書けないといっているので、しかたなく各記事のポイントについて口頭で確認し、「感想」の方向性については共同(?)で作ったうえで、本人がアレンジして書くようにする。

さて、9月1日に学校が始まってしまうはなひめのほうだが…

大物宿題は片付いているが(ポスター、自由研究)、細かいことは積み残しされているので、やはりこの夜に一気にやらないといけない。

・生活記録カード書く
・読書カード書く
・レポート綴じる
・「パワーアップ朝食」写真貼る
・持って行くものをまとめる
・「あゆみ」のコメント書く(親)
などなど。

ん? 読書カードあと何冊分書くの?? 「五冊」えっ(o_o;;
じゃ、とにかくそれ書くしかないじゃん。

それで母が代わりに、大きな紙袋を用意して明日の支度。防災頭巾・うわばきを入れ、「あゆみ」のコメントを書いて入れ、ポスターその他できあがっている宿題を放り込み、レポートをそろえてホチキス止めして入れ、パワーアップ朝食カードに写真を貼って…「あれ? コメントこれだけでいいの?」「いいの!!」…本人がいいならいいか…

このへんまではまだよかったが、生活記録カードがない。そういえば、本来は毎日、「めあて」ができていれば色を塗るとかいうもののはずだが、はなひめがカード記入しているところを目撃したことがない。いったい、どこにあるんだ??

リビングの、もろもろ書類置きトレイ、学校書類のファイル、はなひめの机周り…心当たりをどこさがしてもない。はなひめに、最後いつ見たのか聞いても遠い目をするばかり(笑) 「ここ(コルクボード)に立てたと思うんだけど…」。うん、そこに立ってるのを見たことはあるよ。でもずいぶん昔の話(一ヶ月以上…)。

そのうち、本日ノーマークのまたろうの状況が気になって確認するが、こちらはえらくリラックスムード。「昨日やるはずだった宿題をやったら??」という話になって本人もようやく腰を上げたが、いざやろうとするとその宿題を説明した紙がない。こっちもかー。

それで、みつからない紙を探して家中をさまよう。合間には、こじろうが放棄した、夜ごはんの洗い物を片付ける。またろうのBack to the Futureの読みにつきあう。両面テープの裏紙、紙の切りくずを拾って捨てまくり、床に落ちているマジックや鋏を回収して片付ける。私がこれだけばたばたしているというのに、よしぞうはずっとひとり静かに、マッサージ椅子の上で本を読んでいる。ときどき、ウケてひとり笑ってたりして、なんか許せん~。「ちょっと!! 手伝ってよっ!! この惨状が目に入らないわけ??」「何をすればいいの?」「だから探すの!!」「どこを探せばいいの??」「それを考えるんでしょっ!!」

結局、探す人が増えてもはかどるわけじゃないという結論になって、よしぞうは、こじろうの家庭科レポートの骨格を作るところの面倒を見る係に任命。

さらにしばらくたったところで、裏の白い紙をメモ用に積んである棚がふと目に入った。なんかあの、一枚だけ厚みのある紙は…
あった、これだ!!

見つけたよ~生活記録カード。あぁ。
「7月20日の分も書いてないね」。ほんとだ。はなひめの夏休みは、始まってもいないや(^^;;
#またろうの探し物は見つかってません


f0185839_14445274.jpg今日の弁当:
ささみフライ、ほうれん草ソテー、ピーマンじゃこ、プチトマト、ごまひじき入り肉団子、昆布豆

by an-dan-te | 2009-09-01 07:24 | 小学生活

煮詰まってまいりました…宿題(地理)   

こじろうの宿題は、自称「進んでいる」ということだったが、夏休みも残り短くなってまいりましたのでここらで棚卸しを。

それで、いろいろと確かめていきますと、「あぁこれは図書館で本を借りないと」といっては予約だけ入れて実施は先延ばし。植物画を書くとか食のレポートとかめんどう系は「今日は気分じゃない」といって先延ばし。

その結果、確かに済んでいる宿題はあるのだけど、「坊ちゃん」を読むとか数学の問題を解くとか、やればできるものばっかり。残りの宿題リストは…ぐつぐつと煮詰まっている

やりにくいものばっかりじゃん!!(o_o;;

それで、ついに逃げも隠れもできなくなったこじろうは、「剣岳 -点の記」に手をつけることに。

これが、
・本を読む
・地図にプロット
・関連事項の調べ学習
で、レポートにまとめるという難物。

まず、「地図にプロット」の前に、鍵になる地名・地形に色鉛筆でマーキングというのがある。この、課題の中身ともいえない手前の作業にいきなりけっつまづいた。

立山周辺の五万分の一地図のコピーがもらってあって、そこに印をつけていくのだが、これがコピーなので、細かいところがつぶれたり、かすれたりしてたいへん見にくい。それでまた、等高線やら地名やらが猛烈に細かいので、老化した目にはたいへんつらい。

こじろうが見つからない見つからないと騒ぐので、どれどれと乗り出したものの、母が見ても見つからない。「こんなの若い人が見つけなさいよ!!」と言い放ってみたものの、気になるのでいっしょに探してみる。一方よしぞうは、パソコンで地名検索を始めるが、これが一筋縄ではいかない。

google mapでも載っていないような細かい地名を探していくので、いろんな人の文章とかも参考にしつつ、ここからこう歩いてここに着いたと書いてあるということは…と、パズルのようにつなげていき、google mapに戻り、○○岳のあたりからこう辿ってこの辺にない?? とかアドバイス。

それで、私とこじろうが頭をぶつけるように地図を覗き込みながら、「そんな地名ないよー」と騒ぎつつ、一つ見つけたら大騒ぎ。疲れるー。

昨日夜遅くまでやってたのにマーキング終わってません…

で、調べ学習のテーマは「三角測量」ということにしたのだけれども、三角測量の本…ってどれだ?? 検索で探すと、なんだか測量士になるための勉強の本ばかりひっかかってしまって、もう少し読み物的な本はないのかと。それで、「はかる」ことをテーマにした本を一冊と、もう一冊は伊能忠敬の本を予約した。「伊能忠敬って、三角測量やってるのかなぁ?」とこじろう。やってんじゃないの? 知らないけど。と、無責任な母。

でもちょっと気になって、さっき思い出して「その時歴史が動いた」の漫画版を開いてみたところ、あれー、忠孝さんたら三角測量使ってないよ。要するに、ひたすら海岸線を描いていくわけですが、ABの二点とってその間の距離と方位を測り、またBCの二点とって距離と方位を測り…をずーっとやっていくのだ。

二点の距離を測るのは、なんと「歩測」。方位は方位磁針で。そんなやり方じゃ誤差が蓄積してすごいことになりそうだが、昼間にそうやって歩き回り、夜は宿で集計と星の観測(北極星を使って緯度測定など?)誤差を修正しつつ疑問があれば再測定。

そんな方法であれだけ正確な地図を描き、地球の大きさを割り出せるものなんだろうか??

「実は伊能忠敬って未来人で、正確な地図を隠し持っていて、夜な夜なそれと引き比べていたとか!?」と、またろうの珍説。いやーそれはどうでもいいんだけど宿題…。
「海岸線を使うことで、高さの差を無視できるようにしたことがミソなんだね」とよしぞう。
あ、そうだね。三角測量やったかどうかはともかく、測量魂はピカイチな人なんだから、比較することでなんかのネタはあるんじゃないの。三角測量のやり方そのものはネットでも出てきたし、もう一冊の本もあるから。

最大の問題は、
「この先このペースではゴールにたどり着かない」
ということなのだが。

by an-dan-te | 2009-08-20 08:48 | 中学生活

こじろう、夏休みの宿題   

夏休みの宿題については、私はちょっとどきどきしていたことがある。それは、宿題が何なのか、全部わかるかなぁということ…

…わかりました。一覧表が無事発掘されたので。でも、どういう理屈か知らないけど、この一覧表が出てくるまでに夏休み開始から数日かかってるんだよね。

[英語]
・TREASURE 文法問題集 Lesson 1 ~ 4
・TREASURE Lesson 5 予習
・単語プリント意味調べ Lesson 5 ~ 6
・英単語100題テストの勉強
・ラジオ基礎英語1を聞く
・1~100までの数字を言えて読めて書けるようにする
・New Crown p.32 & Lesson 4 予習
・(基礎英語8月号別冊付録の問題集)…任意

[国語]
・「つめたいよるに」江國香織読む
・「坊っちゃん」夏目漱石 読む
・動詞活用表のプリント

[数学]
・代数 プリント200題をノートに2回解く
・幾何 プリントの問題をノートに解く

[理科]
・植物画を描く
・岩石を二個所で取ってくる

[社会]
・新聞切り抜き記事の作成(テーマ設定、切り抜き、模造紙にレイアウトして感想
や分析も記入)
・新田次郎「剣岳<点の記>」を読みながら、地形図に測量隊の歩いたコースを記
す。指定テーマより1つ選択して調べる。感想文を書く。

[家庭科]
・食生活上の問題でテーマを設定してレポートにまとめる

[音楽]
・(音楽鑑賞についての作文)…任意

この分量が多いか少ないかということになると、よその私立に比べてどうかは知らないけど、またろうが中一だったとき(公立)に比べるとそれぞれの科目でボリュームアップしている感じ。あと、「地形図に測量隊の歩いたコースを記す」「植物画を描く」のような妙なひねりがあったり、「評価が7以下だった人は…(追加課題あり)」のような補習的な意味合いがあったり。全体に凝っている。

でもまぁ、やってやれないことはないと思うのだけど、なにしろ部活の時間が長いので、その他に押し込むとなるとけっこう厳しい。なんとなく過ごしていると、もうあっという間に、首が回らない借金生活に陥りそうだ。

細かい計画を立てても実行できそうにないので、まず、大雑把にそれぞれの項目にかかる時間を見積もり、部活のない完オフ日(←これが少ない)に並べさせてみた。部活(9時-16時)のある日は、基本的に公文と基礎英語、それと単語調べのような細かいもののみにするという寸法だ。

そうすると、「あれ~、じゃ、これはどこに並べればいいですか」というものが出てきて、というのもこじろうが見積もる一日の勉強時間が少なすぎて、完オフの日でも1アイテムくらいしか並べたがらないからなんだけど。

夏休みのどんづまりの、ここらへんはどう見ても予備日だろうというところまで使って、なんとか並んだぞ(^^) さて、この、精度の低そうな計画をどの程度実施できるかという話だが。肝心の話に来る前になんだか長くなっちゃったので、続きはまたこんど。


f0185839_721512.jpg今日の弁当:
鶏つくね、鮭バーグ、プチトマト、青梗菜玉子炒め、枝豆、梅干、塩昆布ふりかけ。

by an-dan-te | 2009-07-23 07:31 | 中学生活

またろう、個人面談の前に   

帰り道、いつものクリーニング屋さんでできあがったものを受け取ると、二回分貯めてしまったのでえらい量だった。

大きな袋に分けて詰めてもらって、いつも持っている二個のバッグと合わせると、「何かの罰ゲームですか」的な状態に。それで、そういや今日はよしぞうが家でごはん食べるって言ってたな、もしかして今まさにそこらを通りかかったりしないかしら。。と電話してみたが、「あ、今まだ会社。でも家で食べるから(^-^)」とよしぞう。

いえ、私は、家で食べるかどうかを気にしていたのではなくて、ただあなたにここにいてほしかったんですけどね。で、またろうにかけてみる。「クリーニング受け取ったらすごい量で、たいへんなの。坂の下まで迎えにきて」

またろうは、「なんでぼくがパシリに」とかぶつぶついいながらも、走って来てくれて、私の想定よりやや手前でドッキング。お礼を言って、どしっと荷物を渡してしばし雑談。

そういえば、もうすぐ個人面談だけど、その前にお父さんが心の準備をしておかなきゃいけないことがあったら洗いざらい言っちゃってください。成績として危ないものは、Readingと国語でいいよね。Readingはきちんと準備をして小テストを受けるようにすれば大丈夫だと思うけど、国語はどうする??

またろうは、国語はノートをちゃんと見直してどうこう…で大丈夫だと思うとかごにょごにょいっているが、ちっともだいじょばないように聞こえるのは気のせいか? それはそうと、一番問題の提出物状況はどうなの? こないだの恐怖のメール(実験レポート締め切り過ぎ)以来、出しそこね、溜めてるものはない??

すると「実験レポートはちゃんと出してる」と言い切ったあと、やや言いにくそうにまたろうが、「実は、基礎工学演習の化学が…」とカミングアウト。締め切りが過ぎたものが2回分溜まっている。そのあとは新しいものから提出している。先生は、締め切りが過ぎたものも、出さないよりは出してと言っている。

ひゃー。。その事態なのに、いつもいつも、勉強することなんにもないみたいにだらら~んとラノベ読んでるわけね(o_o;; 土日もあったし、そのやばい事態になったあと、十分消化する暇はあったのだが、家で別途時間をとってまで課題を仕上げるなんてつもりがさらさらなかったらしい。

ここは説教するよりまずはアクションプラン。とにかく今日はそれを…なに、問題集が学校。。「だって学校にないと危ないでしょ」とまたろう。要するに、そもそも課題が溜まってしまったのも、あらかた授業時間中にできるはずの課題であるのに、問題集を家に忘れていたために授業中やることがないという事態に陥ったためだという。たぶんその二回は連続だな。

じゃあ諦めて今日のところはReadingの復習をやっておいて…なに、Readingも学校。。はぁ~orz

というわけで、金曜日はとにかく絶対、Readingと化学を持って帰ってくるということになった。「持って帰るの忘れたら、夜になろうが取りにいっていただきます」と母宣言。

これで自爆は全部なのかな。なんとなく不安だが。
ともかく、またろうは自分が役立っている、感謝されている雰囲気のときは気まずいことも(やや)言い出しやすいらしいので、今日はほんとにちょうどよかった(と前向きに…)。


f0185839_7264698.jpg今日の弁当:
緑はおくらのおかかあえ。黄色はプチオムライス(生協冷凍品)。メインはしゅうまい。

by an-dan-te | 2009-07-03 07:32 | 高専生活

はなひめ、生活改善中   

先週始めた、一日の最後に目標ノートを見ながらいっしょに確認をするという習慣は、いちおう三日坊主を超えて(^^;; 二週目に突入。

始めの週にいちばん力を入れたのは、「汚部屋脱出」。とにかく、何がどこにあるのやらわけがわからない状態の中では、生活に秩序も生まれないというわけだ。それと、今回の生活改善計画の直接の発端となった「寄り道」をしないというのが優先順位ゼロ番にあるんだけど。

とりあえず重点項目二つはクリアできた。床と机がいつも見えていると話がわかりやすい!! ぜひ、またろうとこじろうの机も改善したいものである。

週の後半には、ランドセル内部の確認にも手をつけた。中身を一度すべて出し、親宛のプリントや、済んだテストを選り分ける。連絡帳を確認する。

またろうとこじろうの場合は、連絡帳を書くことのハードルがめちゃくちゃ高く、またろうにいたっては、中学生になった段階で毎日のように家でも学校でも声かけしてそれでもなかなかだった。しかし、はなひめの場合、忘れ物・宿題忘れの状況は相当悪いことはだいたいわかっていたが、それは連絡帳を書いていないためではなかった

母がランドセルの中身を確認しようとすると抵抗するはなひめ。「自分で確認するからいい」とかぐずぐず言っている。無理やり開けさせると、なんと連絡帳は毎日きちんと書かれており(以前は書いてないことが多かったのだが、汚部屋脱出して連絡帳がきちんとランドセルに入った状態になったあとは書けたらしい)、ただその書いてある内容が…見せたくないものだったのである。

毎日の確認をするようになってから、宿題(音読、新出漢字の練習二文字)はやっていたのだが、その「二文字」が連絡帳に書いてあるのと違う。要するに借金が溜まっている状態なので、見せたくなかったのだ。

同様に、やりそこねの公文プリントも算数六日分・国語二日分発見。やってあるプリントも、いろいろとずれているため本人がわけわかんなくなっていたらしく、日付け記入のないものが多い。

ベネッセの「チャレンジ」は心の中の優先順位からいうとだいぶ下だけれども、ともかく遅れていることは確か。

というわけで、
・部屋の片付け
・学童からまっすぐ帰る
が達成できたところで、それを維持しつつ今度は

・連絡帳を書く
・ランドセルの中身を確認する
・公文は一日に一回分、借金返済(算・算・国のように)。日付を書く!!
・宿題も一日に一文字、借金返済(漢字三文字+音読)
・チャレンジはともかく毎日ひとつ以上はやる
ということを目標に。

それを毎日ま~いにち、確認して話し合うの、めちゃくちゃたいへんなんですけど。今までのツケが溜まってるんだからしかたないけど。なんで私だけこんなにたいへんなのよ!! とよしぞうに当たってみたが、こういう確認を分担すると非常にわかりにくくなるので専任でやるしかない。

それで、「ほかではがんばること」というリクエストをして、チャレンジの丸つけやこじろうの説得(?)などを受け持ってもらうことにした。まだまだ続く生活改善ミッション。

f0185839_7313779.jpg今日の弁当:
生協の、「親子そぼろ」を利用。便利だ~

by an-dan-te | 2009-06-10 07:35 | 小学生活

それであの…宿題は??   

ここんとこ、毎日のようにこじろうとまたろうの帰りが遅い。

昨日なんか、私の方が先に着いてしまったくらいだ。二人とも部活順調のようで、なによりである(^^)

ま、それはいいんだけど、勉強の方も「最低限」クリアしておいてもらいたいと思うわけで…
ところが、二人の通学スタイルがなんか身軽なのである。小ぶりのバッグ一個に、体操着の入った手提げ程度。

またろうもこじろうも、学校には個人持ちのロッカーがあって、家で使わない教科書その他を置いてくることができる。全部持って移動したらたいへんな重さになるので、置き勉禁止とは言わないけれども、その日やる宿題、予習復習に関係ある教科は持って帰るとか、ないわけ??

来る日も…そして来る日も…身軽なままだと、やっぱり親としては気になる。

「宿題とか、小テストとかないの??」

またろう「いや大丈夫だよ」
「大丈夫って…あることはあったの??」
またろう「ないことはなかったけど、宿題はその場でやっちゃったりとか

…とか何だよ。私が知りたいのは、またろうが把握していたその提出物のほかに、なんかなかったのかということだけど。またろうが知らない提出物があるんじゃないの?? と聞いても無効だし。あぁ、子どもの言葉を信頼してやれないダメ母です(-_-;;
#実績が悪すぎるんですケド

こじろうのほうも、日曜日に単語調べくらいやってるところを見たけど、予習復習や問題集解いたり、小テスト対策で暗記するとこまでやったりというのはないな。ぜんぜん。

でも昨日は珍しく、「ぼくの地理のノート知らない??」と探していた。お母さんがオマエのノート管理してるわけないだろ!!(-_-;; とは思ったが、そういえば、さっき子ども部屋に入ろうとしてドアを開けたときに「ずりっ」と邪魔なものが床に落ちてた感触が。

「子ども部屋の入り口の床を探しなさい」 (←神のお告げ風)
こじろう「あった!! お母さんすごい!! ありがと」

もう10時をまわろうというころになって、しこしことノートをまとめているこじろう。「それあとどのくらいかかるの?? もう遅いから」というと、

こじろう「んーでもこれ明日までだから」
「そう?? 明日『まで』なの?? それでいったい、いつ『から』出てたのかしら??」
こじろう「…それ聞くぅ??(ニヤリ)」

まぁそんな調子で、初回の定期テストで「痛い目」にあったところで、やおら話し合いをしようかと思う母である。


f0185839_7375655.jpg今日はめずらしく二色弁当。いりたまごと、サケフレーク(瓶詰め)。
おかずの段は、こんにゃくきんぴら、プチトマト、ピーマンじゃこ、鶏つくね。

by an-dan-te | 2009-04-23 07:39 | 中学生活