人気ブログランキング |

タグ:兄弟 ( 74 ) タグの人気記事   

科目間格差が大きいとき、どうする?(アクセスラボ最新記事のお知らせ)   

今月のお題は「科目間格差が大きいとき、どうする?」(←アクセスラボ記事)でした。まぁ我が家にピッタリのお題ですこと。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←「ふつう」の子も一人くらい育ててみたかった
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

元々、私が学生のころによしぞうにひかれて、結婚までしてしまったのって、よしぞうが相当な凸凹くんだったからではないでしょうか。人は自分にないものを持ってる人に憧れとか、魅力を感じることがあるんじゃないかなー特に若いころはね。でもそれは若気の至りというか気の迷いなんですよ。恋人としてはいいかもしれないけど、結婚してその人に似た子どもが生まれでもしたら、それは魅力的というより苦労のタネとしかいえないんだから…

私もそんなにバランスがいいタイプってわけじゃないけど、科目(大学受験)で得意な方から順に並べると
物理>英語>国語>化学>>数学
で、一番苦手の数学といっても、早稲田理工学部の入試問題なら足を引っ張らないくらい取れるレベルなのでたいしたことはなかった。

それが、よしぞうの場合は
物理=数学>化学>国語>>>>英語
で、英語の足の引っ張り方といったらハンパなく、早稲田の理工学部は落ちるし、理科大は英語抜きで(数学物理化学)補欠合格点には達したのに、英語を足しても補欠合格のままだった(o_o) という驚異の低得点。

こういうバランスの悪い人は、東大(のような、問題が難しくて合格点が低いところ)しか受かりません。

まぁ、バランスの悪い人は、中学受験より高校受験、高校受験より大学受験、さらにいえば大学受験より大学院受験。あとになるほど勝機は高まる。少々の傷は致命傷にならず、それより「とんがったところ」があれば大きく稼げるからね。
(よしぞうは、中学受験なら英語がないのであんまり問題なかったらしいが)

それで、よしぞうの子どもを中学受験させるってのは、これはとてもやっかいな話で、こじろうの国語、はなひめの算数で大変苦労した話はずいぶん書きましたが。

でも、過ぎちゃった今となっては、それをやっておいてほんとによかったと心から思うんですよ。

結局、「凹」のあんまりヒドいところというのは、塾や学校などの「集団」にお任せではどうにもならないところ。

それを、親のテコ入れでいささかなりともカタチをつけようとしたら、それは本格的思春期前でなければ絶対ムリ。

算数だったら計算と一行題、
国語だったら漢字と語句、
それどころか、文章の中からある文字列を探すとか、指定の個所を見て写すとか、そういうことから丁寧な練習が必要なんだから、そんなのに付き合ってやれるのは親くらいしかいません。

親が丁寧につきあってやろうと思っても、中学生はそんなことさせてくれません(-_-;;

ということで、やっぱり中学受験ですよ~
そこで「算数」や「国語」を人並みに引き上げておけば、中学からの勉強がその土台の上に乗りますもん。

これは大きい。

今のこじろうや、はなひめを見たら、それぞれそこまで国語(算数)がヒドかったというふうにはとても見えないです。

またろうは、今でも都道府県が並ばないレベルなんで、あぁこのまま大人になっちゃうんだと(というか、なってる)…いうところはちょっと後悔。ただ、やっぱり中学受験は無理だったかとは思うけれど、多少補うことは考えるほうがよかった。

というわけで。今、お子さんの苦手科目と格闘している方。それは、お子さんへのほんとうに大きなプレゼントになると思いますから、自信を持ってサポートしてあげてください。サポートするときは、くれぐれも(その子にとっての)基礎基本に戻って丁寧に進めることです。

…というようなことを、もうちょっと「よそゆき」の言葉で書いたのがアクセスラボの記事です。別にオトナシク書いてくれと言われてるわけじゃないけど、さすがに「若気の至りでうっかり凸凹くんと結婚し」とかは書きにくいからねぇ…

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン

by an-dan-te | 2015-05-01 13:35 | 中学受験 | Comments(13)

自立に向かう夏の総決算   

中学一年生の皆さん、夏休みの宿題は無事終わりましたか?

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←小学生の夏も自立のチャンスではあるけど、ほっとく勇気がなかったり
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

受験生活どっぷりだったころは毎日のように子どもの勉強の進行状況をチェックしていた親も、中学入学後は手を引いている場合が多いと思います。とはいえ、ふだん学校があるときって、あらかた日々の生活に追われていてそんなに自己裁量の余地はないもの。宿題の締め切りも、明日とかせいぜい一週間後とか。

多少ロングスパンで段取りしなきゃいけないものといえば、定期テストの勉強くらいなんだけど、ほら、テスト勉強というものは、間に合ってなくてもとにかくテストの日が来ると終わりになってしまいますからね。ぜんぜん出来てなくても(^^;; あー済んだ済んだ、って。

それと違って、夏休みの宿題というのは(多くの私立中では、けっこう「ドバッ」と出ますからね)、
・一ヵ月半とかの、「一見」長い期間にわたって、計画的に実行しないといけない。
・提出することになる(ことが多い)から、テストと違って、やらないと終わりがこない。
・気持ちはゆったりしているのに、案外時間がない(部活とか旅行とか遊びとか)。
ということで、これはもう、自立・自律の練習のための試練ですかってなもんです。

第一段階の、大雑把に見積もって、スケジューリングとはいかないまでも見通しをたてる作業については、夏休みの始めごろ
「中学生向け、夏休み宿題計画の立て方」
に書きました。

リクツからいえば、こうやって大まかに段取りしておけば、そうひどいことにはならないはず…はず、なんだけどね。なんだかんだとスムーズにいかないってのがお約束です。

・見積もり時間が大嘘で、ぜんぜんそのとおりに終わらない。
そもそも、ある課題を自分がどのくらいの時間で終わらせることができるか、というのを見積もるのもスキル要なので、それは磨かないとできるようになりません。「何時間かかるかなんてわからないよ~」と思っても、とりあえずあてずっぽうで書いておくことが大事。大きく違ったら…今回の経験を、今後の見積もりに生かしましょう(^^)

・今日やらなくてもなんとかなる、といって後回しにする。
この計画システムは、所定のポイントずつ消化していくようにすることが眼目なんですけど。なんだかんだ理由をつけて、だんだん後ずらししていくことがよく起こります。たとえば、「これはこんなにかからないな」といって分子を過小に変更したり、「この日も宿題できる…かも」といって分母を増やし、溜まってきていることから目をそらしてしまう。

・手のつけやすいものからつけてしまう。
見積もり時間が仮に同じものでも、心理的ハードルが高いものと、低いものがあります。ドリル系のものはやれば終わるので、比較的たやすく進めることができますが、ネタを思いつかないと書けないもの、調べなければいけないもの、絵や長い文章をかかないといけないものはつい後回しになりがちです。でも、後になってそんなのばっかり残っていると…

・フリーだったはずの日がつぶれる。
風邪を引いたり、友だちから楽しい楽しい遊びのお誘いがあったり、部活で急遽練習試合が入ったり。いろんな理由で、使える予定だった日がつぶれることがあります。ただでさえぎりぎりで見積もっている場合は即、死亡フラグが立つことに。

・手をつけてから、必要な前提が欠けていることに気づく。
宿題を実際に始めてみると、何か買ってきたり借りてきたりしないといけないものがあったり、宿題のまとめ方の条件を確認しないと次に進めなかったり。極端な話、学校のロッカーに置き忘れているものがあったり。期日に余裕があるときはリカバリー可能ですが、もう後がない状況になってから気づくと手遅れに。

計画実行にはいろんな魔物が棲んでいます。なんだかんだで結局夏の終わりには「修羅場」を迎えることになるのでしょうけど、そこからようやくいろんなことを学んでいくんですよね。またろうが中学生のときには、内申も気になるのでついいろいろ取り繕ってしまいましたが、中高一貫なら生暖かく見守ることができます。


中一のときは、親も巻き込む大修羅場を展開したこじろうも、年々なにごとかを学んだあげく、高二ともなるとなんだか涼しい顔をして夏の終わりを迎えています。慌てているはなひめをちょっと微妙な心境で見守っていたりとか。大きくなったわねぇ(^^)

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン
* 4点在庫あり。

by an-dan-te | 2013-09-02 12:42 | 中学受験 | Comments(14)

アマゾンから予約できます   

本の発売一ヶ月前になると、出版社から自動的にアマゾンさんに情報が飛んで、アマゾンから予約できるようになるんですって。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←タイトルは予定で載るらしくて正式のと違います

知らなかった。ふつうわざわざ一ヶ月も前から予約しないものねぇ。

でも「アマゾン アンダンテ 中学受験」ってグーグル様に聞いたら…
載ってたよ。ほんとだ。

…というわけで、もう予約できます。

アマゾンのページ、まだ表紙も何も出てないんで、見てもおもしろいことは何もないです。
それもそのはず、まだ編集さんと私で「こんなんでどうでしょう?」とかやってるくらいなんで、表紙は存在しないのです。

本のイラストは、すべてまたろうが描きました。昨日、ちょっと手直しを頼んだら、試験直前にも関わらずたいへん快く作業してくれまして、母としてはフクザツです(^^;;

ま、そんな感じですが。発売日は、6月の終わりくらいを予定しています。

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

by an-dan-te | 2013-05-29 10:26 | 中学受験 | Comments(28)

またろうから母の日   

またろうからプレゼントもらいました。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←またろうは掲載OKだって

f0185839_2054244.jpg


ちなみにこじろうはお金で解決派(ケーキ)、はなひめは絵でしたが掲載不可だそうです。

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法)
にほんブログ村 中学受験
にほんブログ村 中学受験(日能研)

by an-dan-te | 2013-05-12 20:57 | 中学受験 | Comments(9)

大学がついているところにはしないの?   

先日、「娘をJGに入れたいと思ったことはありますか?」という記事を書きましたが、もうひとつ。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←志向がばらけてるといろんな学校が見られます(^^;;

「やっぱり、私学っていいわぁ~」と思った具体例が、自分の通ったJGと、こじろうの通う学校なんだとしたら、はなひめの受験のとき、こじろうの学校は考えなかったの? という話です。

一つ目の質問と違って、こちらは面と向かって聞かれたこともあります。こじろうの学校は、きょうだいで通っている人も多いですしね。あるいは、同じ学校ではないにしても、「どこか大学がついてるところ」という方針で、きょうだいを揃えているという人も多くいます。

こじろうはほんとにあの学校でよかったと思います。毎日楽しそうですし、「水に合う」ということはいろんな面で大きく成長するということでもあります。あと、私も保護者の懇談会や、部活保護者ランチなど、いろんな行事で行くたびに、居心地よくてとても楽しいです。これも「相性」のひとつでしょう。それに、「近い」ところがまたいいです。

共学ですから、女の子がいます。賢くて、自分というものをしっかり持っていて、それぞれ、あの学校の良さを生かして「青春」しているように見えます。とても素敵だと思いますが、JGの文化祭を見たときと同様、はなひめとは「人種が違う」感じで、はなひめをその中に置くイメージは浮かびませんでした。というか、「志望校としてどうだろうか?」と考えて、「いや違うなー」と思ったのではなく、はなひめを連れて文化祭には行ったけれど、そこにはなひめを入れたいという発想がまったく浮かばなかった、それくらい似合わなかったという意味です。

現実問題、入試傾向からいっても、はなひめにとっては偏差値以上に入りにくい学校だと思いますが、単に「大学がついている」ということからいえば、ほかにも学校はあります。でも、学校めぐりをするときに、「大学がついているところを探す」という方針は特に持っていませんでした。

もともと、こじろうの学校選びのときも、「大学がついている学校がいい」という発想が先行していたのではなくて、充実した六年間を過ごすイメージをつきつめて考えたときに、「こじろうにとっては、大学受験がないほうがいいかも」という観点出てきたというものです。

はなひめの学校選びのときにも、「大学付属と進学校と、どちらが『得』か? (=少しでも上のレベルの大学に行けるか)」という発想はありませんでした。めいっぱい充実した六年間が過ごせるところはどこか、という視点で選べば、その先に本人に合った大学進学、かどうかはわかりませんが、なんらかの道が開けてくると思っています。

それと、どちらが『得』か? という視点に立つなら、おおざっぱにいって、はなひめは大学受験のほうかな? という気もします。中学受験のときにお得な素質…たとえばこじろうが持っていた、時間感覚、集中力、注意力、闘争心、要領といったものがあまり育っていないはなひめの場合は、そのうちもうちょっとピントが合ってくるんじゃないかなと思えるからです。またろうほど極端ではないので確信はないですけど。

それにしても、またろう・こじろう・はなひめに関して、学校選びは見事にバラバラで、統一感がまったくなく、不思議がられてもしかたがないですね。でも、子どもがバラバラなんだからこうなってしまうというわけです。

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

by an-dan-te | 2013-01-14 07:57 | 中学受験 | Comments(8)

いろんな かお(カウントダウンカレンダー)   

トイレに、カウントダウンカレンダーを貼りました。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←あと三ヶ月…

…といっても、

2012/11/2 92
2012/11/3 91
2012/11/4 90


というふうに、ひたすら表になってるだけのもので、一日終わるごとにピッと消していきます。
f0185839_13134923.jpg


「消す」ために、トイレに筆ペンを常備するようになりました。
トイレットペーパーの芯がゴミになるときに、そこに筆ペンがあるもんだから、ふと出来心で、「かお」にしてみたところ、なんか気に入りまして、現在このような状況に。

f0185839_13152429.jpg

右から二つ目は、またろう作です。

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

by an-dan-te | 2012-11-02 13:18 | 中学受験 | Comments(2)

来年の夏休みに想いをはせる   

はなひめのいない日も四日目。もう、すっかりリラックスして、家の中も片付くし、余裕っす~

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←我が家の夏はまだ始まらない(^^;;

っつか…はなひめが不在なだけでこんなに楽チンなんだ…朝の弁当はどのみち作るんだけど、勉強の面倒見なくてよくて、「説得」しなくてよくて、塾にまだ着かないのか!? とか心配しなくてよくて…

朝は、いつもより早い時間にびゅっと会社に行ってしまって、仕事もはかどるし、なんか集中できるんだよね。たぶん、私の場合「注意力一定の法則」が強く生活を支配していて、ふだんはそのかなりの部分をはなひめが吸い取ってるってことなんだろう。

家にはあと二人、でかい子どもがいるけど、彼らが勉強しようがしまいが私の知ったこっちゃないしー、というか私が段取りしたらどうなるもんでもないし。でも、またろうは今、定期テストの真っ最中なので、またろうが留年しないように、よしぞうは声かけ・進行チェックに心を砕いてるようだけどね。(ほんっとに、進級はしていただきたいものである。)

こじろうは、いないも同然。夏休みのほとんどが部活(合宿や試合含む)で、残りのちょびっとも遊びにいってしまったりと、ほとんど不在。なんか生きてるからいいでしょう。

つまり、はなひめがめでたく(つまり高校受験不要の)中学校に入ったら、来年の夏休みは…
フリーだっ!! (^^)/

…たぶんね。

中一夏休みが、親いらずになるかどうかは、

・とにかくどっか私立に入ること!! ←これ重要
・宿題は自力でこなせること。そういや、こじろうは中一のときずいぶん親に面倒かけたぞ。
・早速激しく落ちこぼれてる科目がないこと
・部活に馴染んで盛り上がってること

がカギです。スムーズに離陸できるように助走部分は注意深く見守りたいです。そして夏休みごろにめでたく気持ちよく離陸できてれば、娘は青春、こちらもhappy♪

あぁ~たのしみだなぁ~(←現実逃避モード)

明日帰ってきちゃうなぁ…せっかくだからもっと行っててもいいのに…あ、よくないか(夏期講習休み過ぎ)。ふぅ。。

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

by an-dan-te | 2012-07-25 13:25 | 中学受験 | Comments(6)

凸凹くんの育て方   

少し前の記事で「時間のゆとり、どこからひねり出す?」というのがあったんですが、そこのコメント欄が長々続いて、「掲示板のスレッド」状態になってます(^^;;

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←凸凹な人との結婚は、楽しいけどスリリング

今の話題は「能力の凸凹」です。人間誰しも、レーダーチャート描いて完璧な円、なんてことはなくて、ある程度凸凹しているものですけど、それでも非常に大雑把にいえば、国語ができる子は算数もできて、ピアノがむちゃくちゃうまい人は頭もいいみたいに、統計的には、能力の間にかなりの相関があるのがふつうです。

我が家はかなりの凸凹ファミリーでして、特に男三人は極端。自分のことを棚に上げていうけど、あそこまで理数はできて英語はひどくて、物はなくしやすくて字は下手で。またろうはまさに、よしぞうの子なんだけど、お父さんほどの「気合」や「勘」は持ち合わせていなくて、いろいろ困った事態に陥りやすいです。

AVARONさんのコメントで:
> またろう君の凸凹さに対する対応、母としてすごいと思いますよ。
> 凸の部分に凹を無理矢理寄せようとしない、という感じが。
というのがありましたが、これは大いなる(美しい)誤解というものです。

私は、価値観狭いし(狭かったし)、心も狭いので、またろうの凸凹をなんとかしようと思い、それはそれはやっきになって「凹」を埋めにかかったものです。

保育園時代であれば、保育士さんと個人面談や連絡帳のやりとりを重ね、あの手この手で…つまり、ほめたり、叱ったり、にんじんをぶら下げたり、高圧的に強制したり、そりゃあもうありとあらゆる手を使って、「きちんと」みんなといっしょに行動させようとしました。

つまり、凹凸の凸の部分(発想がおもしろいこと、下の子にやさしいことなど)はそのまま素直に喜んでいましたが、凹の部分を底上げすることにはやっきになっていたということです。

就学すれば、凸凹はよけい現実的な困りごとを生むことになり、宿題がわからない、提出物が出せない、ものがなくなる(この場合、いじめとかではなくて本人がどんどんなくしている)。そしてそれをどうにかするためにまた莫大な労力を割いたものです。もちろん、割いた中には、本人の能力の凸凹をなんとかしようということだけではなく、とりあえず「現在」、周囲にかけるご迷惑を少なくするために、集金を親が持っていくとかそういうことも含まれたわけですけど。

そういう長年の闘争を経て、戦い済んで(済んでないけど)日は暮れて道遠く、疲れ果てた私は引退宣言をして高専生活は基本的に本人任せ。今では、頼めばなんでもしてくれるし、雑談してもおもしろいし、あと、高専をこれ以上留年しないで卒業してくれればなんにも文句はないんだけど!! の心境に達してはいますが、これは、私がすばらしい母なのではなくて、またろうの粘り勝ちですね。どうやってもまたろうはまたろうであるという。

だいたいにおいて、凸凹が激しい子を持った母はいつも叫んでいます。喜んでる人はあんまりいないと思いますが…

シャムロックさんから、
> えっそうかなあ。私は凸のあるほうが、豊かな人生を送れると思ってる派です。
というご意見があり、確かにそれはある意味そうで、よしぞうが今持ってる能力の、全分野平均値にそろった人物だったとしたら、私はそんなつまらないヤツとは結婚していない(笑)

…これは間違いのないところで。仕事をするうえでも、もちろん結婚する場合とは違うでしょうけど、それぞれの人の得意なところが必要なわけで、凸凹があるのは必ずしもマイナスでないですね。組織で仕事をするというのは、そういうのを全体としてうまく組み合わせていくということでもありますし。

逆に、オールラウンダーであればその良さを生かせばいいわけで、別に不利とも思いませんけどね…

たとえば、私の場合だったら、ある程度理系センスを持った、元々はコトバ系が得意な人ということで今の仕事(IT翻訳管理)があります。

凸凹がある人はその凸を、ない人はその「ない」ことを、生かせばいいことです。仕事ならば。

それとは別に、誰でも「生活」をしなくちゃいけないですから…
凸凹がありすぎる人ってのは生活上なかなかつらいんです。いろいろ工夫はしますけど(タイプの違う人と結婚するとか、自分の特性にあったミス防止策をとるとか)、そりゃもともと凹の底上げがある程度できるものならそれに越したことはない。

だから、過剰なくらいやっきになって底上げにかかるのもまぁ親心です。必ずしも悪いことではないと思いますけど…でも、あまりそれに成果が上がったためしがないってのがつらいところですね。だから、ひととおり手を打ってみて、うまくいかない時期・やり方であることがわかれば撤退して別のチャンスを待つ、くらいのところが妥当でしょう。なかなか、忍耐が続きませんが。

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

by an-dan-te | 2012-06-25 13:30 | 中学受験 | Comments(12)

金閣寺~二条城   

二日目、ホテルのフロントでしっかり金閣寺行きバスの乗り方を確かめて、出発!!

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←母娘旅行シリーズ、秋田・広島・京都と来ました。これで完結!?

天気もいいし、観光客ぞろぞろ。でも、ふと思い立って、「写経」のコーナーに入りますと、ほかに人は誰もいません。意外にフレンドリーなお坊さんの説明を聞き、薄く印刷されたお経をなぞります。
f0185839_725333.jpg

ひたすら字を書いていると、鐘を突く音や観光客のざわめきがちょっと遠くに聞こえ、心がしんとしてきます。はなひめも(ほかのときには滅多に見かけないほど!)とても集中してやっていました。お願い事と、名前を書いて、奉納します。
f0185839_762358.jpg

ほんとに金ピカです。水と、松のバランスが見事で、インパクトのある風景です。
f0185839_775171.jpg

屋根のてっぺんの鳥も金ピカです。
f0185839_7263091.jpg

金閣寺の庭は水のあしらいに特徴があります。湧き水があってここは義満の「お茶の水」となっています。
f0185839_7273128.jpg

そのすぐそば(下流ですが)は「お手洗いの水」となっていて、トイレっぽいものが設置されています(?)
f0185839_784643.jpg

おみくじは各国語対応です。英語のを買うと、裏表で日本語との対訳になってます。比べるとおもしろいよ。

今回、おみくじは金閣寺の「英日版」のほか、もう一回引いてます。銀閣寺のすぐそば、わき道に逸れて、観光客はほとんど誰も来ないひっそりしたところ。
f0185839_7162714.jpg

さっきまでごっちゃり人がいたところ、ふと誰もいないところにくるとどきどきします。ここでは、とてもいいおみくじが引けたので♪マイナーなところを試してみるのもいいかも。

京都に行くと、なんだか神社と寺って渾然一体としていて(いや分かれてはいるのだろうけどものすごく近接して建っている)、二つの違う宗教であることを忘れてしまいそうです。
次は北野天満宮。ここは、当初の予定になかったのですが、はなひめがやっぱり菅原道真様のところでお守りを買いたいというので、行きの新幹線内で急遽追加したものです。
f0185839_7305851.jpg

絵馬を焼いているところを見られました。願いがかなったのかな。
天満宮は牛だらけです。みんなにぺたぺたなでられてツルピカ。
f0185839_7434655.jpg

f0185839_7443137.jpg

最後は二条城、凝った欄間がいっぱい見られます。建物の中を歩けますが、そこは撮影できません。うぐいす張りとかあるところね。体重の軽い人は、大きめのリュックに荷物を詰めて歩くといいかも。ものすごい広さで、建物の中を歩くだけで疲れます(^^;; 部屋ごとのつくりの違いがおもしろい。

京都にいたのは、寝る時間も含めて26時間程度でしたが、濃い旅行でした。また来たい!!

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

by an-dan-te | 2012-04-10 07:46 | 中学受験 | Comments(4)

今年の抱負とご挨拶   

あけましておめでとうございます_o_

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←実り多き一年となりますように

f0185839_8373358.jpg

またろう画「だんご龍おどり」↑



いつもご愛読/クリック/コメントなどありがとうございます。今年も引き続きよろしくお願いします。

今年はいよいよ受験学年になるんですね~いまいち実感がわきませんが。
あせらず・たゆまず、基本をしっかり積み重ねつつ、徐々にスピードアップができるように…その先にはきっと志望校合格も見えてくると信じて、安定したサポートをしていきたいと思います。

まずは、塾滞在時間が増える中で、生活リズムをどう整えるかですね。

その次に、塾授業からの「持ち帰り」(理解、知識)を増やせるようにすること。
今はむしろ理解してない、覚えてない分の「持ち帰り」を家でなんとか消化するみたいなところがどうしてもあって。それじゃ六年次は回らない。親がサポートするにしても、未消化分をなんとかする方向じゃなくて、授業でしっかり吸収する聴き方をしているかどうかを確認する方向にしたい。

…ま、いってるだけです。具体策がないんですけど(-_-;;

とりあえず、冬期講習中は、「どの問題が自力では解けなかったものか??」を明らかにして帰るように声かけして、怪しかったものは復習するようにしてみようと思ってます(ってか、それって最初っからふつうなんだろうけど)。それによって、復習分が少なくなるように授業中に全力投球するきっかけになったらいいなと。


にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

by an-dan-te | 2012-01-01 08:53 | 中学受験 | Comments(2)