人気ブログランキング |

タグ:中学受験 ( 1192 ) タグの人気記事   

■■だんだんと中受日記インデックス   

「アンダンテのだんだんと中受日記」インデックス
(トップページに来るように、記事の日付変更しました)

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ←もうすぐ春ですね(^^)
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

【中学受験というもの】
■私学の価値
■私学、それぞれのカラー
■「似合う」志望校選択
■高校受験ってどう?
■ちょうどの中学受験、塾選び
■一月校と午後校の受験をどうする?

【勉強するということ】
■毎日、積み重ねること。
■やる気スイッチを探す旅
■倒れないスケジュールの作り方
■自律・自立への長い道のり

【教科学習】
■何はさておき、計算と一行題
■コツコツ算数のゆくえ
■国語の入り口(読書、漢字、語句)
■苦手の国語、得意の国語(読解)
■実物で学ぶ理社
■出遅れた社会の立て直し
■社会、今からどれだけ追い上げられる?

【志望校対策】
■過去問との対話
■過去問の流儀
■日特(志望校対策講座)

【塾生活】
■偏差値を「読む」コツ
■曲がり角ごとに塾の面談
■個別塾(ユリウス)活用法
■小学校の宿題との付き合い方

【勉強法など】
■うっかりミスとうまくつきあう
■脳みそ活用法(記憶、スピードなど)
■中学受験と公文
■ブックレビューまとめ

【入試前後】
■入試直前一ヶ月の勉強
■入試本番編(こじろう・はなひめ)
■中学入ってみてどう?

* 拾いきれていない記事、インデックスの不備などは引き続きぼちぼち整備します。
* 古〜い記事でもコメントOKです。

日経DUAL 「共働きファミリーの中学受験」

インターエデュみんなの中学受験満足度向上委員会
【学校選び】
東京都市大付属
桐朋女子
渋谷幕張
神奈川学園
フェリス女学院
共立女子
京都女子
神奈川大附属
海城
横浜雙葉
山脇学園
麻布
開智中学(中高一貫部)
早稲田大学高等学院中学部
日本女子大付属
鴎友学園
慶應義塾中等部

【受験生活】
成績急降下からの立て直し
中堅私学から目指す難関大学
英語が得意になったわけ

【大学受験の振り返り】連載中

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ

にほんブログ村 中学受験終了組(本人・親) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン

by an-dan-te | 2019-04-07 08:07 | 中学受験 | Comments(106)

頑張れ中学受験生   

今でもつい「あぁ2月1日だ」と思ってしまう、この特別な日。
すべての受験生が、実力を発揮して、それぞれの似合う学校に進学できますように。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ←幸せな中学受験を
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

中学受験って、本番が短い日程に凝縮されていて、ものすごい緊張感ですね。その分、早く終了しますけど…
こちらは今、大学受験ですが、センター試験が終わって私立大学の受験ラッシュが始まる前の凪みたいな時期です。こちらはだらだらと(場合によっちゃ)三月の入り口まで続きます。


お互い、健康に留意して走り切りましょう(^^)
とにかく、みんなみんな、きちんと実力を答案に表現できて
幸せになれる学校におさまってほしい。

中学受験は「ゼロサムゲーム」ではありません。
似合った学校に全員おさまったら全員勝ちです。

念を送ります。

●こじろうの2月1日
ついにその日が」(よしぞうの本番道中記は記事のコメント欄に)

●はなひめの2月1日
この学校に呼ばれてるような気がするから大丈夫
入試会場に消えていく背中


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 中学受験終了組(本人・親) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン

by an-dan-te | 2019-02-01 06:56 | 中学受験 | Comments(4)

特別な日が来る   

今年もまた、この「特別な日」が来ます。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ←がんばれ中学受験生
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

もう自分の子どもの中学受験じゃなくなってずいぶん経ちますけど、
意味なく天気予報とか気になる、そんな日です。

こじろうも今年は「4人」中学受験の教え子を抱えているそうで、
2月1日朝はどの学校の応援に行くか迷っていました。
高校受験のほうはたいして緊張しないけれど
中学受験はどきどきなんですって。親でもわりとそうでしたが「先生」の立場でもそうなんだ?? 不思議なものです。

とにかく、みんなみんな、きちんと実力を答案に表現できて
幸せになれる学校におさまってほしい。

中学受験は「ゼロサムゲーム」ではありません。
似合った学校に全員おさまったら全員勝ちです。

念を送ります。

●こじろうの2月1日
ついにその日が」(よしぞうの本番道中記は記事のコメント欄に)

●はなひめの2月1日

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン

by an-dan-te | 2018-01-30 22:37 | 中学受験 | Comments(1)

記述力をつけるには?   

この夏に記述力をつけるぞ!! と意気込んでいる方も多いかと思います。まとまった時間がないとやりにくいものね。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ←日々暑いですね。塾に通うだけでもエラい
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

こじろうに記述力つけられなくて、結局、記述いらない学校が第一志望になったから結果オーライみたいな人が何書いても説得力がいまいちなのですが…

はなひめは記述しっかり書けてたから一勝一敗(?)

まずは王道について言いますと、
達意の文章を構成するためのスキルのパーツが揃っていて
(語彙力、文の構成力、論理的思考能力など)
かつ、書くモチベーションがあれば上達します。そりゃそうだ。

はなひめは、元々国語はわりと得意で、ちゃんと意味がわかって文法的に正しい文が書けていたけれど、骨のある内容をしっかりまとめられるようになった転機みたいなものは、五年の夏休みだったと思います。

受験生にとってはあまりありがたくなかったりもしますが、夏休みの自由研究というやつ…
広島旅行して二つの世界遺産(原爆ドーム、厳島神社)を見学したとき、はなひめ本人の心にほんとうに響くものがあって書きたい内容があったから、いわゆる「レポート」に相当する文章が書けるようになった、ようなのです。

これ、親がお膳立てしたらそんな素晴らしいことが起こるかというとそうとは限らないので、あんまり参考にはなりませんが、要するにいわゆる受験勉強であるかどうかにかかわらず、本人が書きたい内容がある、書きたい感動があるということから表現が生まれる、ってのは当たり前の話ですね。

そういえば小学生のころの私は、文章を書くのが苦手かつ嫌いだったのですが、塾の社会科の授業で小論文課題? というか、そんな大げさなものじゃないですけど1000字で貿易摩擦について自分の意見を書けというのがあって、そのとき突然すらすら書けちゃって評価も素晴らしかったので、それが転機になりました。なんだ、私が苦手なのは文学的文章(詩とか感想文とか)であって説明的文章なら書けるし実は得意かも!? って気づいたんです。

そういった「記述に目覚める」体験は王道ではありますが、そのときが訪れるとも限りませんし、あと、中学受験に対応できるかっていうと…役には立つでしょうがイコールではないので。

勉強として取り組むのであれば、
(1) まず大前提として漢字や語句を積み重ねて語彙力を人並みにはしておくこと、それから書き方の「型」を学ぶことですね。学ぶことは真似ることというか、まずは「視写」。解答の丸写しがお奨めです。
「これで「答えた」ことになるんだ!!」…ここが出発点です。

(2) それからワンステップ遡り、設問をじっくり読み解きます。こう聞かれているから、こういう観点が必要なんだ。設問から、求められていることが読み取れなかったら、記述も何も点になりませんからね。

(3) さらにワンステップ、今度は各観点についてその内容で正解であるという根拠を確認します(国語の読解なら本文の該当箇所を確認する)。

私が思いつくのはそれくらいです。実際、はなひめは過去問に取り組んでこれで一挙に記述解答力を上げたと思われますが…しかしそれは記述力のベースがあったから簡単なのであって。記述が苦手な場合はもう少しやっかいだと思いますが、それでも一番の近道ではあると思います。

ちなみに、こじろうの場合は中学受験に間に合いませんでしたが、種まきとして漢字・語句をやっておくのはもちろん無駄にはなりません。記述は書けなくてもほかの設問で点を取る役には立ちますし、あと、中学以降に本人の時期ってものが来れば、長いレポートもちゃんと書けるようになりましたからね。そのベースにはなっているはずです。

え? 中学受験に間に合わないなら困るって?? いやそりゃまぁ困りますけど…

はなひめの夏、過去記事:

光と影、二つの世界遺産

実物で学ぶことと、その発展

タイムマシンで五年夏に戻れたら


記述の練習 過去記事:

記述問題事始: 視写で「型」を学ぼう


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン

by an-dan-te | 2017-07-23 22:52 | 中学受験 | Comments(0)

中学受験に有利な街って   

SUUMOっていうマンションの広告誌(無料)のタイトルが「中学受験に有利な街」っていうのでつい手に取ってしまったけど…

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ←またろうが生まれてからは引っ越しナシで住んでます
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

まぁもちろんたいしたこと書いてあるわけではなく、(1)近くに(受験して行く)中学がある、(2)近くに塾がある、(3) 受験する子が多い地域、って話なんだけど…

たとえば(2)については、単位面積当たりの学習塾数がランキングされてたりするわけです(^^;;

でも塾なんて、別に密集してる必要はなくて、ただ通えるところに、合ってる塾がいっこあればいいだけの話で。
うちはランキングでかすりもしない地域ですが、数駅乗れば日能研早稲アカサピその他、よりどりみどりです。別に困りません。

ただ、塾は、理想をいえば徒歩圏ならなお良し、と思うので、
通いたい塾の近くに住めれば現実問題便利ではありますね。
通う時間のこともありますが、電車が止まったとかいちいち心配しなくていいのはいいですよ…

(徒歩圏というより自転車圏、というのは微妙です。自転車はけっこう安全面の心配がありますし、夜とか雨とか困ります。)

(1) についても、別に密集してる必要はなく、行きたくて合格できる一校が通学できればいいわけで…住んでいる市区町村の中になくてもいいし。

とはいえ、家を買う段階ではどの中学に実際行けるかわかんないからね。手広く構えるということでいえば、数多くの中学がdoor to door一時間以内に収まるような場所、というと都心近くとかターミナル駅近くとか。

…それはだいたい高い、ということになりますね。

まぁお金の問題はないということならそれもいいかと思います。うちはバブル崩壊直前に買ったもんでわりと高いけどわりと田舎です(笑) 今、これから中学受験するようなお子さんお持ちの方はもっとこなれた金額で物件探せると思いますけど、でも田舎いいですよ子育てには。保育園に入れるし緑の多いところで遊べるし(ザリガニ釣りとかも)。

そして一番、好みが分かれそうなのは (3) です。

受験する子が多いほうが、子どももその気になるし周囲も勉強する雰囲気だからよい、というのが一般的な考え方なのかもしれませんが(このSUUMOはおおむねそのスタンス)、

うちは中学受験率が相当低い街に住んでいるので、周囲が受験とか塾とか関心なくて、何も詮索されることもなく、比べることもないのは平和だなと思います。まぁお好みですが、ほとんど半分以上の子が中学受験するような地域だと、誰がどのクラスにいてとかおおよその成績も丸わかり、同じ塾に通う子も多くてツーツーですから、どうしても「その話題」避けようがないしお互い気になりますよね。

とはいえ、受験する子が多い小学校のほうが、しっかりした授業ができたり宿題に配慮があったりするというならそのメリットも大きいかなとは思うんですが。ただしハズレの先生に当たればそれで無効ですからあんまりあてにはなりませんね。

ということで、総合的に、ターミナル駅までスッと行ける程度の田舎、なかなかお得だと思います。
(個人の好みによります)

塾まで30分、中学校まで一時間、保育園はだいたい入れて、周囲は緑がたくさん。ま、そんな感じ。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン

by an-dan-te | 2017-07-06 23:10 | 中学受験 | Comments(0)

はじめての大学受験   

ご無沙汰しております。はなひめも高校二年生になり、我が家の中学受験も遠い話になりました。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ←学校環境の力を信頼できれば親のすることはあまり残ってない
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

気が付いたら大学受験のほうが(ずっと)近くなってます。中学受験に当てはめていえば、高校三年生が六年生(受験学年)、高校二年生が五年生ですから、なんかもう今年度のうちに全範囲をなめる勢いで、受験中心の生活を送っていてもよさそうな勘定ですけど…

まったくそんな雰囲気は漂ってません。

中高一貫の高二は、部活や委員会やその他の学校活動の要になってますからあれこれ忙しそうです。そっちが生活の中心です。

いったいいつ勉強するのか??

先輩母たちにリサーチしたところ、高三になって部活も委員会もパタッとなくなるとモードチェンジしてすごく勉強するようになるそうです。

ほんとかな?? (ほんとだけどウチの子に限って違ってた!! みたいな話にならないといいけど…)と、疑わしく思っていましたが、高一も終わりが見えてきたころからちょっと変化が見えて、勉強が中心というわけではないけれど、自分でやるべきことを考えて勉強の時間も作るようになんとなく変わってきました。

親の目から見ると「遅いよ!!」って感じですが、
「そろそろ塾行ったら?」と勧めていたころにはなんの反応もなく、
学校や友だちの雰囲気が変わってくると自然と変わってくる、まさに団体戦なのですね(受験)勉強は。

と、他人ごとのように言ってますがホント、うちははなひめが三番目だけどこれまでふつうの大学受験をした子はいなくて(またろうは大学編入、こじろうは推薦)、まさに「はじめての大学受験」。なんとなく実感がわきません。どういうペースで行くと間に合うものなのか??

でも、ここまででなんとなく感じたことですが、というか、一足先に受験を終わらせた母たちから聞くのもまさにそうなのですが、もう親の言うとおりするような年齢をとっくに過ぎてますから、親が何か勧めるとか、やらせるとか、そういうのはもう呆れるほど無効で(^^;;(あるいはやればやるほど泥沼で)

本人が納得したようにしかやらないし、その納得の土台はほとんどが学校、友人、場合によっては塾など、とにかく親以外のなんらかの人間関係で得たもの。


じゃあ親ができることって、生活の基本環境(栄養とか)くらいしかないのかっていうと、実はそうでもありません。

そもそも、今、子どもが持っている人間関係の大きな部分を形作っている、中高一貫校。これを選ぶ段には親も結構関わりましたよね。

その結果、先生やら友人やらに助けられて(影響し合いながら)徐々に自分の道を拓いていく子どもを見ると、ま、なんかこれでよかったのかな、と思えてくるんです。

というわけで、私がはなひめの大学受験についてナニカ書くということは今後もないと思いますが(書けない、中身を知らない)、学校の「空気の教育」力に感謝です。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン

by an-dan-te | 2017-07-04 23:06 | 大学受験 | Comments(2)

喉元過ぎれば熱さ忘れる   

はなひめの中学受験をしてたときに、人物相関図イラストを描いて「尊敬語」「謙譲語」とかの説明をしてたら、こじろうがそれを見て

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ←まぁ二人とも毎日楽しそうで何よりですこと
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

「ぼくのときにはそんなに丁寧に説明してくれなかった」などと言い出した。はぁ??(-_-#

むしろ、はなひめの国語なんてほんの「さらっ」とした説明しかしておらず(それで足りる)、それに対して、
こじろうの国語なんて、ネイティブなら当然わかってるはずの文法事項やら、漢字・語句やら、一個いっこ、どんだけ丁寧に(根本から)繰り返し繰り返し説明したり練習させたりしたことか。

日本語しゃべれるまでにめっちゃ手ぇかかってんだよ!!

ところが、本人は
「ぼくは敬語とかわりと得意なほうだった」(←事実に反する)
などと言い出す。

だいたい、男子によくあるケースで、成長途中のビフォーアフターが激しすぎるため、物心つく前の具体的なことはあらかた忘れているらしいのだが(こじろうの場合、「物心」ついたのは中学生生活後半くらい)、
それにしても、
「中学受験は楽だった」
みたいに感じてるらしいのはさすがに忘れすぎである。どんだけ。

人は、具体的詳細な事柄を記憶にとどめるためにどうしても「言語」が大きな手掛かりになるので(視覚優位な人は絵画的にってこともあるかもだけど)言葉があやふやだった年齢の記憶はあやふや、というのはそんなに不思議なことではない。それでいうと、こじろうは中学校が終わるくらいからのことはしっかり覚えているし、はなひめはもっとずっと早く、保育園時代のこともそれなりに(もちろん昔だから忘れたことも多いけれども)具体的に覚えている。かなり早い時点から人生が連続しているというか。

ところが、そうやって、保育園時代の先生や友達のこと、あるいは出来事についてもわりと具体的に覚えているはなひめだが、こじろうと同じく、
「中学受験は楽だった」
ってなことを言いだしたのでのけぞった(o_o)

二人とも、
「塾は楽しかった」 ←それは当時もそうだったと思われる
「無理ない程度に勉強してたら、自然と、どうしても行きたい学校の偏差値足りてたから、
そんなにたいへんじゃなかった」 ←えぇーーーナニソレ

こじろうの国語、はなひめの算数、その他もろもろ、どんだけ大変だったと思ってるんだよ。

叱りすぎちゃったとか、
手出ししすぎちゃったとか、
夜遅くなっちゃったとか、

いろいろいろいろ、親として気にかかるシーンはあったと思うんですが、
子どもの記憶の中ではぜんぶふわふわ消えちゃって、

ちょうどいいくらい勉強したら、
楽しい中高生活が始まった。
中学受験してほんとによかった。

くらいの、ざっくりした(ざっくりしすぎ)記憶になってるみたいです。

という感じで、中学受験終わって、いろいろと「やらかしちゃった」記憶のある方も、あんまりそのことは深く考えないで、ただこれからの中高生活が楽しいものになるように応援していけば、自然と「ないことになる」と思われます。



にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(終了組)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン

by an-dan-te | 2017-02-08 21:58 | 中学受験 | Comments(10)

眠れぬ夜   

明日は特別な日ですね(東京、神奈川の場合)。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ←寝ても寝なくても明日はちゃんとやってくる。
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

今でも冷え冷えした感触を思い出します。
中学受験へ向かう親子を見かけると、知らない人だけど念を送ってしまいます(^^;;

1/31の夜は、ふとんに入ったあとも、
目覚まし時計を確かめたり、
忘れ物がないか心配したり、
交通機関に何かあった場合のことを頭でシミュレーションしたりと、
冷静に考えれば、もう予めよくよく確認済みで、それ以上のことは前夜に考えても詮無いことなのに
いろいろとよぎってなかなか寝付けませんでした。

まぁ今現在そんな気持ちになっている方へひとこと…

確認したいことはそれぞれあと一度ずつ、きっちり指さし確認してもいいですが
あとは気にせずぐっすりお休みくださいね。

あるいは、結局寝付けなくてもあなたが試験受けるわけじゃありませんから、
寝不足でも大丈夫なんとかなります。

お子さんを会場へ送り届けるまではなんとかしましょう。あとはいいですから。
なんとなれば控室でうつらうつらしててもかまいませんけど、

ただし、2月1日の控室の雰囲気はほんとうに独特で、
あのピリピリした中で寝られる大物はあまり多くないかと思います。


親も子も、2月1日を乗り切って2月2日になると、
たとえ実は2日のほうが難しい学校であっても、
雰囲気は1日ほどじゃなかったりします。
人はなんでも慣れるってことですかね。

それでは、おやすみなさい(^^)
収まるべきところに収まってちゃんと春が来ます。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン

by an-dan-te | 2017-01-31 23:19 | 中学受験 | Comments(8)

中学受験はゼロサムゲームではない   

今年もひたひたと2月1日が近づいてきました。皆様いかがお過ごしでしょうか。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ←中学受験の、先につながる幸せに向かって
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

たいへんご無沙汰しております。我が家にとって中学受験は遠い話になり、むしろはなひめの大学受験のほうが近づいてきています。来年の今頃は、はなひめがセンター同日模試とか受けてその結果についてあれこれ言っているわけですよね…

しかし、中学受験のことを忘れることはありません。なぜなら、中学受験をきっかけとして生まれた流れに乗って、今の幸せな高校生活(こじろうは大学生活)につながっているからです。ほんとうに、中学受験をしてよかったと思います。

中学受験が、誰かが受かれば誰かが落ちる、限られたパイを奪い合うようなゲームだとしたら、そんなことにこんな一生懸命になるのはアホらしいと思います。

現実は、「誰でもが入ったら幸せになれるA中学というものが日本にただひとつある」というようなものではないわけです。中学受験に関していえば、(公立を含めて)全員必ず行く学校はあるのですから、全員がそれぞれの「似合う」中学とご縁が持てたらそれで全員が勝ちです。

だから、「隣の人を蹴落とさないと」みたいな考え方は不要ですから、これまで着実に積み重ねてきた力を、そのまま(ありのまま)答案用紙に表現することで、いちばん幸せになれる学校から合格がもらえるように…これを、中学受験する全員について祈っても何もおかしなことはなく、すべて並立することです。


あと10日くらいにできることって何だろう。と考えたとき…社会の暗記?
まぁそれもありますが、個人的にいちばん効くのは「国語のチューニング」かなと思います。
国語ってそれぞれの学校の特徴が出ますし、そこがうまく捕まえられるかどうかが「相性」のひとつです。たぶん、いわゆる学力に加えて、その出来で学校に入ったあとの相性をナントナク推し量っている部分があると思うんです。

たった数日でも「あぁ」と腑に落ちたときには得点力が大幅アップすることもありますから、今ひとつつかめてない感じがするならあきらめないで味わってみてくださいね。

そして一番大切なのは、計算一行題漢字語句…毎日やっていたことは最後まで続けること。常ならぬ状況になったときも、そのいつもの「頭のウォーミングアップ」が自分を支えてくれます。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン

by an-dan-te | 2017-01-17 23:15 | 中学受験 | Comments(6)

進学校からマイナー進路へ向かうとき   

とある中学受験批判本で、進学校にいた子が芸術系進路を志したときに説得/嫌がらせがあって(大学合格実績を上げようとしているのに対してマイナスになるから?)、という話があったのでちょっと気になって…

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ←全部の私学が「こうだ」なんてことはあまりないものね
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

その本のことはどうでもいいんです、ここで紹介する気もしないので取り上げませんが、

当たり前ですが、そういう学校があった(本当の話だったとして)ということは私立校全般への批判にはなりえません。いろいろな学校があるわけですから。

学校の中の本流がどこへ向かうかという流れがあるとして、
それから外れた子がいるときにその子の居心地がどうかということは、
その学校のキャラクターの大きな一つの分かれ目といえるかもしれません。

学校を選ぶとき、つまりはまだ小学生なのですから、将来どういう専門へ進みたいかがはっきりしていないほうがふつうです。途中で、その学校にいる子の大半が向かう方向と違う方面へ向かおうとするときに、

・積極的に応援してくれる学校
・特にサポートはできないけど静観してくれる学校
・そういう子の存在を邪魔に思う学校

と大雑把に三つに分けて考えてみます。

はなひめが通ってる学校は、「積極的に応援してくれる学校」です。たとえば、ピアノやバイオリンの演奏を専門に学ぼうとするとき、さすがにその演奏の指導まではできませんが、その他の楽典・聴音などの指導はあります。たまたま、高三の音楽で聴音の指導(1:1で)をしているところを参観したことがありますが、とても行き届いた内容で、後日その生徒が芸大へ進学したことを知りました。

また、理系選択していると美術の授業コマを取ることはできませんが、建築志望などでデッサンが必要な場合には個人指導でデッサンを見てもらっていると聞きました。

私のいたころの女子学院は、そこまでの積極的なサポートはありませんでしたが、そもそもなんでもありで、どの進路が上とか下とかいう発想自体がありませんでした。大学受験の準備のための自由選択コマが週に2コマ×2回あって、芸術系の人はその時間に授業を取らず図書室でのんびりしていました。「静観してくれる学校」です。

そういえば私は森下唯(ピアニート公爵)というピアニストのファンなのですが、彼は筑駒から芸大ですね。筑駒もそんな感じかな。

こじろうの通った学校は、本流がすごくハッキリしていてそれ以外の進路を選ぶ子自体が少ないですが、別にサポートもないけど妨害もないです。まぁそういうところが多いのではないでしょうか…

批判本では、私学には、大学合格実績を上げたいという圧力があり、それ以外の進路に不寛容なのがよくない、という雰囲気で書かれていたのですが、実のところ私は具体的にそんな学校を知りません。ま、あるかもしれないけど…

そんな学校を選ばなきゃいい話じゃないか? と思うわけです。事前にわかるかどうかですか?? 大概「におう」と思うんですがね…

要するに、一本のものさしがあって、はみ出しをよしとしない学校。結果、芸術系などの進路に行かないにしたって、そんな学校は居心地よくなさそうですから。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン

by an-dan-te | 2016-12-07 12:13 | 中学生活 | Comments(5)