人気ブログランキング |

<   2019年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧   

「ジャイアントキリング」の条件   

「二月の勝者」3巻の最後に「ジャイアントキリング」という言葉が出てきます。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ←中学受験にドラマはいらない。
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

これは、成績下位からのスタートで難関校に合格するびっくりケースを指しますが、
このようなことが起こる条件を考えてみます。

まず、最も中核となる条件は、「受験勉強の進行が遅れていること」。
要するに、勉強してないため、低い成績しか(現在)出ていないということです。

これは、受験を思い立つのが遅く入塾自体が遅いケースもありますし、
入塾はしていたけれど忙しかった(他の習い事など)とか、
やる気がなかった(^^;;、あるいは
勉強の仕方がわからなかった、
などの場合もあるでしょう。

そして、次に重要な条件は、ある時期を境にその後は学習がきちんと効果的に積み上げられるようになったということです。

このためには、本人の意志、能力、そして環境(時間や指導も含む)の三拍子が揃う必要があります。

そのようにして、集団のはるか後方からものすごい勢いで追いかけていき…

だいたい、入試の直前には模試がなくなってしまいますから、そこからの伸びは観測できません。最後に観測できた実力(偏差値)は低めに出ているわけです。

最後の条件としては、当日のコンディション、問題との相性などが「悪くない」ということです。「すごく良い」ならなおよいですが…

爆上げ中は、なかなか実力が安定しません。実力が安定して半年~一年を経た子であれば、多少何かあってもその実力どおりの結果を出しやすいですが、「猛追中」の子が合格をつかむには多少の運(少なくとも、運が悪くないこと)が必要です。

つまり、「勉強をしていなかったこと」「ある時点からきちんと勉強できたこと」「運」この三拍子揃うことがジャイアントキリングの条件です。

そう考えると、別に狙ってやるようなこっちゃない、とわかります。余裕を持って準備して、実力を安定させ、ドラマなく受験終了するのがなによりです。別に傍から見ておもしろくはありませんけどね。

漫画の中では、まるみちゃんという不登校の子が、のんびり受験のつもりでいたところ、JGに行きたいと突然思って成績爆上げしていますね。あと、遅れて参入したサッカー少年とか…テツな子とか…そのへんが「ジャイアントキリング」候補のようです。

スポーツとか、趣味(〇〇オタ)とかで既に得た知識、思考力、集中力を動員して受験勉強することで短期間でも成果が上がるわけです。

娘は、あんなにきちんと対策して無風で中学受験を終えたのに、大学受験ではやや「ジャイアントキリング」的に先生方をびっくりさせることになりました。勉強の進行が遅れていただけのことでなんの自慢にもならず、よいこは真似してはいけません(-_-;;


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 中学受験終了組(本人・親) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン

by an-dan-te | 2019-11-10 07:56 | 中学受験

中学受験は課金ゲーム!?   

「二月の勝者」には、中学受験を「課金ゲーム」に例えているところが出てきます。ミもフタもないですが、まぁ「だいたいあってる」感じはあります…

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ←思ったよりも、かかります。
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

中学受験、なんだかんだお金かかります。
塾の月謝聞いて「それならまぁ払える」と思ったとして、
たぶん実際はそれよりずっとかかりますね。

季節講習や特別対策講習などのオプション、
下手すれば個別塾とのダブル、
教材やら赤本やらいろいろ余分に買って試して(そのあげくあまり使えなかったり)、
忘れちゃいけない交通費、
もうやってられんわ!! となったときの外食費(^^;;
安心のためついついかさむ受験料、などなど

あんまり「課金」しないでとんとんいけちゃうお子さんならいいですが
たいていはある程度「課金」で実際改善したりするわけでそれを「しない」というのも勇気がいるというか

別に、中学受験なんて、子どもの権利でもないし親の養育の義務に含まれたもんでもないんで、元々やらなければそんな悩みもない。

お金というのは、中学受験でなくてもどこにでも使えるオールマイティーなカードなので、とっておけばほかの局面で何かに「課金」することもできますしね。

あまりぎりぎりの計算で「足りるかどうか?」心配になるくらいだったら、
いっそ公立中コースにして別のところで課金するほうが効率いいかもしれない。

…たとえば大学受験?

大学受験あたりでも、いろいろ「課金」したくなるシーンが出てくるかもしれません。
そのときに余裕がないとチョイスがなくなります。

「身の丈」みたいなことをいって炎上させた大臣がいたようですが、
あれの炎上ポイントはどこかというと
・「おまえがいうか」…公平性を配慮すべき側がいうこっちゃない
・学力をつけていく過程で家庭環境により有利不利があることはしかたがないとしても入試の部分だけは(少なくとも形式的に)公平であるべき
・中学受験は「課金ゲーム」でもいいかもしれないけど大学受験は困る(将来に直結することなので、お金がなくてもやる気があればいけるようにしておいてほしい)

なので炎上するのは当然ですが、でも実際に「課金」したくなる場面は現実問題いろいろあるわけで、余力を残しておくのは重要なことです。

我が家の受験についていえば思ったよりずっとかかってない(塾代とか)けどそれは塾の代わりに中学受験/私立中高に課金済み(^^;; だからであるし、そのわりにはかかった(安心のために余分に受けたくなって発生する受験料など)ともいえます。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 中学受験終了組(本人・親) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン

by an-dan-te | 2019-11-06 22:58 | 中学受験