人気ブログランキング |

<   2019年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧   

凡人こそ中学受験をすべき(二月の勝者)   

「二月の勝者」一巻で、入塾に関して両親で意見がズレてるサッカー少年の話があります。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ←サッカーで頑張ったことも、無駄にはならない。
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

面談で、「凡人こそ、中学受験をすべきなんです。」というセリフが出てきます…そしてリフティング対決をするのね(笑)んで、少年が負けて、

「(サッカーについて)平凡ですね」←現実にはこんなこという室長いないと思うが

サッカーがそこそこうまいって程度だったら、プロになるなんてのは夢のまた夢の世界で、とにかく厳しい道です。
それに比べりゃ、中学受験で難関校に入るくらいだったら、凡人だってまぁなんとかなったりする(ならなかったりもするんですが)。

率がぜんぜん違いますからね。

だから、サッカーでプロを目指すよりは、中学受験で難関校目指すほうがまだ目があるから頑張りましょう、って…

嘘でもないけどなんか違うと思う。

この時点で、この少年が難関中に受かる可能性ってのも、たぶんだけどずいぶん低くて、
でも、難関中に受かる必要も別にないっていうかね。

中学受験をすることで、難関ではなくても本人に合った、居心地よい六年間が手に入って、
そこで部活としてサッカー頑張るもよし。
別のことに関心が移るもよし。

わが家の子どもたちは、この少年でいうところの「サッカー」のような、コレというものも見つかっていない状態の、
さらに凡人な小学生だったわけですが、
中学受験という枠組みで将来につながる基礎学力(と同じく基礎的な教養)を手に入れつつ、
ここに行きたいと思う学校を見つけて中学生になり、

そこで授業や部活やイベントをとおして好きなこと・やりたいことをみつけて育てて、
納得いく大学進学(学部・学科選択)を経て今に至るわけで、

ほんとうに、中学受験してよかった。

凡人が、中学受験をすべきなのは、難関校に入る目が(プロスポーツ選手目指すよりは)あるから、ということではなくて、
凡人でも、自分の人生の核になるようなものを見つけて育てやすい環境が得られるからだと思います。

凡人じゃないなら、別に中学受験をしなくてもいい。

プロスポーツ選手でも、囲碁や将棋の名人でもなったらいい。

あるいは…たとえば、またろうのいた高専で親向けの卒業生スピーチがあったのですが、その子は
公立中→高専→高専の専攻科→東大大学院
というコースを辿ったんです。その過程では(小5くらいから)ずっとずっと「竹とんぼ」一筋。
竹とんぼの大会から始まって、高専でも大学院でもその研究。

アツい竹とんぼ語りを聞いていると、確かに大学院入試でこういう子は強いだろうなと(合格させたくなるだろうなと)
そりゃ就職も苦労しないだろうなと
まぁそこまで筋の通ってる子は、中学受験いらないと思います。

凡人こそ、中学受験。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 中学受験終了組(本人・親) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン

by an-dan-te | 2019-10-24 13:13 | 中学受験 | Comments(0)

第一志望に合格するのは三割!?(二月の勝者)   

「二月の勝者」の最初のほうで早速、
「中学受験生のうちで、第一志望に受かるのは三割」
って話が出てくるのですが、実際のところどう感じますか?

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ←チャレンジしなくても幸せな中学受験はできる
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

いやもちろん、こういった数字は、大手塾が詳細なのを持っていますし、
ざっくり全体をみれば三割というのはほんとのことだと思うんですよ。

しかし、全体で三割という話に特に意味はないですよね。やりようで違うわけで。

勉強していって、受験が近くなってきたところの偏差値からみて、
チャレンジ(上乗せ)なところを第一志望、
相応なところを第二志望、
と呼ぶのであればそれはもちろん第一志望が合格率三割あればいいほう…もっと悪いかもしれませんね。

でも、我が家の中学受験(2例)とか、個人的な知人の中学受験(数十例)を見るとぜんぜん三割なんてことはなく、
まぁわりと(八割以上)第一志望に進学しているかな? という感触があります。

それはたとえば、
学校をいろいろ見た中で、「似合う(子どもをそこに置いたらしっくりする)」学校を第一志望と考えたうえで
勉強サイクルがきちんと回るようにしてみたら
偏差値的には足りた…
それから熱望の第一志望に向けて対策もみっちりやったら、合格した。

という、(大きくみれば)波乱のない中学受験をしているからです。(小さくみればいろんな親子バトルはしているw)

「二月の勝者」では、「入れそうな学校」ではなく「行きたい学校」を受けろと(親には言い、職員には偏差値10以上高いところを志望校にさせろと)煽っているので、
チャレンジいけいけなのかと思ったら、でもそれは六年夏前までの話で、
夏が終わった時点で「偏差値15以上乖離があれば諦めろ」といっています。

この先、結局受験校ラインナップとしてはどうなるのか、まだ六巻までの段階では確定していませんけれども…

第一志望に合格するのが何割の塾になるような組み立てになるのか、興味深いです。

ただ、結果的には第一志望に合格することが多いような組み立てになる場合でも、
とりあえず「上をめざす」という方法については私は疑問を持っています。(つづく)

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 中学受験終了組(本人・親) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン

by an-dan-te | 2019-10-20 22:53 | 中学受験 | Comments(0)

父親の経済力と母親の狂気(二月の勝者)   

「二月の勝者」という漫画を読んで、久しぶりに中学受験のことを思い出していました。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ←「狂気」まではいかなかったかなぁ
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

冒頭の部分のセリフが、
----
「自分は天才」とでも思ってるのか?
前哨戦である一月地方入試で「灘」に合格したから?
「ラ・サール」が「渋幕」が受かったから?
カン違いも甚だしい。
君達が合格できたのは、
父親の「経済力」そして、
母親の「狂気」
----
となっています。なかなか強烈ですね。

中学受験が、高校受験や大学受験と比較すると、親の在り方に依存するというのは確かなことです。
別に、「父親の」でなくて「母親の」でもいいですけど、経済力は必要です。
塾も、入ってからもお金かかります…思ったよりはかかります。

最初、塾に入るときは入塾金や月謝のことしか考えてないかもしれませんが、実際は季節講習やナントカ対策講座やら、あと忘れやすいですが交通費やらつい増える外食とかそんなんでも経費かかります。

入ってからも、部活や付き合いの費用なんかも、いちいち公立中とは違ったりしますし、見えてるお金(校納金)以上に余裕はあったほうがいいです。

では「狂気」というのはどうでしょう。

受験に必要なのはお金だけじゃなくて、親の手間や気力体力も必要です。

塾の送迎や、お弁当作り、情報収集と計画立案(塾との面談、学校説明会その他)、塾や受験の手続きなどなど、勉強の中身まで至らなくてもずいぶんな手間暇がかかります。勉強の中身まで手を出せばそれどころじゃない時間がかかります。子育てに手間暇がかかるのは当たり前で、そりゃ親のすべきことですが、中学受験の部分はさすがに親の義務じゃありません。ここまで面倒なことをあえてするには、何らかの強い信念というか尋常ならぬモチベーションが必要です。

その信念、モチベーションがどこからくるかは人によりますが…

そういう強い気持ちってのは、それ自体「狂気」ではないんですが、ともすると(空回りして成果が感じられないなど)「狂気」に変質しやすいってことはあると思います。

しかし、お金を考えるときにもコストパフォーマンスという言葉があるように、
親の時間気力体力モチベーションだって有限な資源なので、やっぱりコスパ重要ですね…この場合のパフォーマンスは、子供自身の幸せを第一義とする、家族全体の幸せです。

「二月の勝者」は、まぁ漫画なので、営利企業としての塾とか、強調して書いたりしてアオってますが、それはともかくわりと真面目に中学受験の実態を取り入れて書かれていて、「狂気」に陥らずに幸せに向かう中学受験がどういうものかということも、わかるように描かれているように思います。なかなか興味深いです。(つづく)

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 中学受験終了組(本人・親) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン

by an-dan-te | 2019-10-17 22:37 | 中学受験 | Comments(0)