人気ブログランキング |

カテゴリ:中学受験( 1196 )   

父親の経済力と母親の狂気(二月の勝者)   

「二月の勝者」という漫画を読んで、久しぶりに中学受験のことを思い出していました。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ←「狂気」まではいかなかったかなぁ
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

冒頭の部分のセリフが、
----
「自分は天才」とでも思ってるのか?
前哨戦である一月地方入試で「灘」に合格したから?
「ラ・サール」が「渋幕」が受かったから?
カン違いも甚だしい。
君達が合格できたのは、
父親の「経済力」そして、
母親の「狂気」
----
となっています。なかなか強烈ですね。

中学受験が、高校受験や大学受験と比較すると、親の在り方に依存するというのは確かなことです。
別に、「父親の」でなくて「母親の」でもいいですけど、経済力は必要です。
塾も、入ってからもお金かかります…思ったよりはかかります。

最初、塾に入るときは入塾金や月謝のことしか考えてないかもしれませんが、実際は季節講習やナントカ対策講座やら、あと忘れやすいですが交通費やらつい増える外食とかそんなんでも経費かかります。

入ってからも、部活や付き合いの費用なんかも、いちいち公立中とは違ったりしますし、見えてるお金(校納金)以上に余裕はあったほうがいいです。

では「狂気」というのはどうでしょう。

受験に必要なのはお金だけじゃなくて、親の手間や気力体力も必要です。

塾の送迎や、お弁当作り、情報収集と計画立案(塾との面談、学校説明会その他)、塾や受験の手続きなどなど、勉強の中身まで至らなくてもずいぶんな手間暇がかかります。勉強の中身まで手を出せばそれどころじゃない時間がかかります。子育てに手間暇がかかるのは当たり前で、そりゃ親のすべきことですが、中学受験の部分はさすがに親の義務じゃありません。ここまで面倒なことをあえてするには、何らかの強い信念というか尋常ならぬモチベーションが必要です。

その信念、モチベーションがどこからくるかは人によりますが…

そういう強い気持ちってのは、それ自体「狂気」ではないんですが、ともすると(空回りして成果が感じられないなど)「狂気」に変質しやすいってことはあると思います。

しかし、お金を考えるときにもコストパフォーマンスという言葉があるように、
親の時間気力体力モチベーションだって有限な資源なので、やっぱりコスパ重要ですね…この場合のパフォーマンスは、子供自身の幸せを第一義とする、家族全体の幸せです。

「二月の勝者」は、まぁ漫画なので、営利企業としての塾とか、強調して書いたりしてアオってますが、それはともかくわりと真面目に中学受験の実態を取り入れて書かれていて、「狂気」に陥らずに幸せに向かう中学受験がどういうものかということも、わかるように描かれているように思います。なかなか興味深いです。(つづく)

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 中学受験終了組(本人・親) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン

by an-dan-te | 2019-10-17 22:37 | 中学受験

■■だんだんと中受日記インデックス   

「アンダンテのだんだんと中受日記」インデックス
(トップページに来るように、記事の日付変更しました)

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ←やってよかった中学受験
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

【中学受験というもの】
■私学の価値
■私学、それぞれのカラー
■「似合う」志望校選択
■高校受験ってどう?
■ちょうどの中学受験、塾選び
■一月校と午後校の受験をどうする?

【勉強するということ】
■毎日、積み重ねること。
■やる気スイッチを探す旅
■倒れないスケジュールの作り方
■自律・自立への長い道のり

【教科学習】
■何はさておき、計算と一行題
■コツコツ算数のゆくえ
■国語の入り口(読書、漢字、語句)
■苦手の国語、得意の国語(読解)
■実物で学ぶ理社
■出遅れた社会の立て直し
■社会、今からどれだけ追い上げられる?

【志望校対策】
■過去問との対話
■過去問の流儀
■日特(志望校対策講座)

【塾生活】
■偏差値を「読む」コツ
■曲がり角ごとに塾の面談
■個別塾(ユリウス)活用法
■小学校の宿題との付き合い方

【勉強法など】
■うっかりミスとうまくつきあう
■脳みそ活用法(記憶、スピードなど)
■中学受験と公文
■ブックレビューまとめ

【入試前後】
■入試直前一ヶ月の勉強
■入試本番編(こじろう・はなひめ)
■中学入ってみてどう?

* 拾いきれていない記事、インデックスの不備などは引き続きぼちぼち整備します。
* 古〜い記事でもコメントOKです。

日経DUAL 「共働きファミリーの中学受験」

インターエデュみんなの中学受験満足度向上委員会
【学校選び】
東京都市大付属
桐朋女子
渋谷幕張
神奈川学園
フェリス女学院
共立女子
京都女子
神奈川大附属
海城
横浜雙葉
山脇学園
麻布
開智中学(中高一貫部)
早稲田大学高等学院中学部
日本女子大付属
鴎友学園
慶應義塾中等部

【受験生活】
成績急降下からの立て直し
中堅私学から目指す難関大学
英語が得意になったわけ

【大学受験の振り返り】連載中

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ

にほんブログ村 中学受験終了組(本人・親) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン

by an-dan-te | 2019-04-07 08:07 | 中学受験

頑張れ中学受験生   

今でもつい「あぁ2月1日だ」と思ってしまう、この特別な日。
すべての受験生が、実力を発揮して、それぞれの似合う学校に進学できますように。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ←幸せな中学受験を
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

中学受験って、本番が短い日程に凝縮されていて、ものすごい緊張感ですね。その分、早く終了しますけど…
こちらは今、大学受験ですが、センター試験が終わって私立大学の受験ラッシュが始まる前の凪みたいな時期です。こちらはだらだらと(場合によっちゃ)三月の入り口まで続きます。


お互い、健康に留意して走り切りましょう(^^)
とにかく、みんなみんな、きちんと実力を答案に表現できて
幸せになれる学校におさまってほしい。

中学受験は「ゼロサムゲーム」ではありません。
似合った学校に全員おさまったら全員勝ちです。

念を送ります。

●こじろうの2月1日
ついにその日が」(よしぞうの本番道中記は記事のコメント欄に)

●はなひめの2月1日
この学校に呼ばれてるような気がするから大丈夫
入試会場に消えていく背中


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 中学受験終了組(本人・親) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン

by an-dan-te | 2019-02-01 06:56 | 中学受験

特別な日が来る   

今年もまた、この「特別な日」が来ます。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ←がんばれ中学受験生
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

もう自分の子どもの中学受験じゃなくなってずいぶん経ちますけど、
意味なく天気予報とか気になる、そんな日です。

こじろうも今年は「4人」中学受験の教え子を抱えているそうで、
2月1日朝はどの学校の応援に行くか迷っていました。
高校受験のほうはたいして緊張しないけれど
中学受験はどきどきなんですって。親でもわりとそうでしたが「先生」の立場でもそうなんだ?? 不思議なものです。

とにかく、みんなみんな、きちんと実力を答案に表現できて
幸せになれる学校におさまってほしい。

中学受験は「ゼロサムゲーム」ではありません。
似合った学校に全員おさまったら全員勝ちです。

念を送ります。

●こじろうの2月1日
ついにその日が」(よしぞうの本番道中記は記事のコメント欄に)

●はなひめの2月1日

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン

by an-dan-te | 2018-01-30 22:37 | 中学受験

きになる過去問   

六年生の夏ごろになると、塾からは「過去問はまだ手をつけないように」と言われていても多少気になる、といったところではないでしょうか…

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ←お盆は多少まとまった時間も取れるかな?
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

だいたい、いつから過去問をするべきかについてはあまりにいろんな人がいろんなことを言っているので、情報を入れるほど混乱するって面はあります。

そこに一つ付け加えてどうするんだという感じですが、その「いろんなこと」を聞く/読むときの自分なりの整理の仕方についての提案です。

そもそも過去問の機能がいくつもあるわけで:

(1) 何を求められているかを知る。
たとえば、私がもし今から何かの資格を急いで取らなければいけないとすれば、まずその試験の過去問集を買ってきて、ざっと見て何が必要かを検討してから教材選びと勉強を始めると思います。中学受験の場合、さすがに「勉強を始める前に(新四年とか?)」それができるって子もいないでしょうが、まぁ代わりに親が眺めておくって手はふつうにあります。

本人が解くならあまり早くでは無理でしょうけど、六年夏なら大いにありです。特に、偏差値的に余裕のありそうな押さえ候補校の中から、どこなら「呼ばれている」かを確認するなら早めに知る意味がありますよね。秋からどこに実際に足を運ぶかを厳選したりする目的でいうと。

(2) 学習教材として使う。
各学習分野の基礎があやふやなのに過去問を使ってもしょうがないですが、あらかたパーツは揃ってきて、それをどう組み合わせて複合的な問題、難易度の高い問題を解くのかという実践的な演習には、なにしろぴったりです…要するに「そんな問題」が解ける実力がつけばよいわけですから。

過去問は過去の問題であって、もう出ない問題だという意見もありますが、そりゃ解答丸暗記しても役に立ちませんけど(^^;; 広い意味で「そんな問題」というのは案外繰り返し出るものです。実力養成のための良問としてとらえて、じっくり学習して得られる力ならば、その学校がまさに求めているものであるはずで、そりゃ役に立ちます。

(3) そっくり模試(?)として合否判定をする。
なにしろ本物の過去問ですから、そっくり度はピカイチ、そして(学校によっては)合格者最低点もわかりますからある意味一番確かな合格判定といえます。

ただ、家で過去問を解くのと本番の環境はどうしてもかなり違いますのでそういった誤差はあって信頼度にはやや留保が必要です。

(4) 問題を解く戦略のチューニングに使う。
出題や解答の形式を確認して、最適な時間配分を検討しておくことで、「やっちゃった(ウラも問題あったんだ、みたいな)」大事故を防ぎやすくなります。あるいは出題に癖があって、たとえば国語の選択肢がどれもちょっとズレてるようにしか見えないとか…その中で何を根拠にどう解答を導き出せばいいのか、大人(親)の目も加えてじっくり考えておくとよいことがあります。


…このように、いろいろあるから適切な時期も様々な考え方があることになります。

(4)は本番ギリギリにやる意味がありますよね。
(3)はもうちょっと幅があるでしょうが…秋ごろから本番直前まで…ちなみにこじろうは本人のたっての希望で1月31日にフルセット過去問をやりましたがそんな怖いことは(軌道修正する時間がない)…よいこは真似してはいけません。
(2)は状況により、ですが、国語や算数なら夏くらい、理科や社会は秋も深まってという感じになることが多いでしょうか。要するに、本人にとっての難易度というか、やる気を失うくらい難しく感じられると困るので。ただ、かなり難しくても大問ひとつずつバラで取り組めば効果的にこなせる場合もあります。
(1)は趣旨からいうとなるべく早く、ですけど本人に丸ごと解かせるならまぁ夏あたりがせいぜいでしょうか。本人の持ち偏差値マイナス10くらいの学校で相性も悪くないなら夏で合格点取れるかなというあたりが目安だと思います(算数と国語に限る)。

過去のまとめ記事:

■過去問の流儀



にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン

by an-dan-te | 2017-07-31 21:37 | 中学受験

記述力をつけるには?   

この夏に記述力をつけるぞ!! と意気込んでいる方も多いかと思います。まとまった時間がないとやりにくいものね。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ←日々暑いですね。塾に通うだけでもエラい
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

こじろうに記述力つけられなくて、結局、記述いらない学校が第一志望になったから結果オーライみたいな人が何書いても説得力がいまいちなのですが…

はなひめは記述しっかり書けてたから一勝一敗(?)

まずは王道について言いますと、
達意の文章を構成するためのスキルのパーツが揃っていて
(語彙力、文の構成力、論理的思考能力など)
かつ、書くモチベーションがあれば上達します。そりゃそうだ。

はなひめは、元々国語はわりと得意で、ちゃんと意味がわかって文法的に正しい文が書けていたけれど、骨のある内容をしっかりまとめられるようになった転機みたいなものは、五年の夏休みだったと思います。

受験生にとってはあまりありがたくなかったりもしますが、夏休みの自由研究というやつ…
広島旅行して二つの世界遺産(原爆ドーム、厳島神社)を見学したとき、はなひめ本人の心にほんとうに響くものがあって書きたい内容があったから、いわゆる「レポート」に相当する文章が書けるようになった、ようなのです。

これ、親がお膳立てしたらそんな素晴らしいことが起こるかというとそうとは限らないので、あんまり参考にはなりませんが、要するにいわゆる受験勉強であるかどうかにかかわらず、本人が書きたい内容がある、書きたい感動があるということから表現が生まれる、ってのは当たり前の話ですね。

そういえば小学生のころの私は、文章を書くのが苦手かつ嫌いだったのですが、塾の社会科の授業で小論文課題? というか、そんな大げさなものじゃないですけど1000字で貿易摩擦について自分の意見を書けというのがあって、そのとき突然すらすら書けちゃって評価も素晴らしかったので、それが転機になりました。なんだ、私が苦手なのは文学的文章(詩とか感想文とか)であって説明的文章なら書けるし実は得意かも!? って気づいたんです。

そういった「記述に目覚める」体験は王道ではありますが、そのときが訪れるとも限りませんし、あと、中学受験に対応できるかっていうと…役には立つでしょうがイコールではないので。

勉強として取り組むのであれば、
(1) まず大前提として漢字や語句を積み重ねて語彙力を人並みにはしておくこと、それから書き方の「型」を学ぶことですね。学ぶことは真似ることというか、まずは「視写」。解答の丸写しがお奨めです。
「これで「答えた」ことになるんだ!!」…ここが出発点です。

(2) それからワンステップ遡り、設問をじっくり読み解きます。こう聞かれているから、こういう観点が必要なんだ。設問から、求められていることが読み取れなかったら、記述も何も点になりませんからね。

(3) さらにワンステップ、今度は各観点についてその内容で正解であるという根拠を確認します(国語の読解なら本文の該当箇所を確認する)。

私が思いつくのはそれくらいです。実際、はなひめは過去問に取り組んでこれで一挙に記述解答力を上げたと思われますが…しかしそれは記述力のベースがあったから簡単なのであって。記述が苦手な場合はもう少しやっかいだと思いますが、それでも一番の近道ではあると思います。

ちなみに、こじろうの場合は中学受験に間に合いませんでしたが、種まきとして漢字・語句をやっておくのはもちろん無駄にはなりません。記述は書けなくてもほかの設問で点を取る役には立ちますし、あと、中学以降に本人の時期ってものが来れば、長いレポートもちゃんと書けるようになりましたからね。そのベースにはなっているはずです。

え? 中学受験に間に合わないなら困るって?? いやそりゃまぁ困りますけど…

はなひめの夏、過去記事:

光と影、二つの世界遺産

実物で学ぶことと、その発展

タイムマシンで五年夏に戻れたら


記述の練習 過去記事:

記述問題事始: 視写で「型」を学ぼう


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン

by an-dan-te | 2017-07-23 22:52 | 中学受験

疲れない夏休みにしよう   

長いような短いような夏休み。正確に言うと、その入り口では長く感じられ、その出口では短く感じられるというものですが(^^;;

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ←日々暑いですね。塾に通うだけでもエラい
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

実際のところは、たとえば塾の授業時間の長さは丸々「一学期分」に匹敵し、かつそれ以外の時間(塾でも学校でもない時間)は「一学期分」より長いってくらいのものです。つまりほんとは長いんです。そんだけしっかり勉強したらまぁどれだけの成果が上がるかしらと思わず夢を見てしまいそうになりますが…

しかし暑いです。詰めすぎると疲れます。疲れると成績が下がります、それもものすごく(←ほんとうです)。

じゃあ疲れないためには、勉強しなきゃいいかっていうと、話はそう単純でもないんです。

今日は何々しようと思ってたのに、ついつい取り掛からないで一日終わっちゃった…とか。
なんかお母さんがイライラしてる~、とか。
予習復習さぼってたら、なんだか授業がわからなくなっちゃった、とか。
日にちは容赦なく過ぎていくのに宿題が終わってない、とか。

そういうのって、疲れるんです。精神的に。

いっそ受験生でないなら、のんべんだらりと遊ぶ夏休みというのも、子ども時代の思い出というか、それも人生ですけど、
受験生である以上、勉強が進まないのも疲れます。

受験生の疲れない夏というのは、
・日々やることを集中して済ませ、
・それ以外の時間は(罪悪感を持たずに)リラックスして遊んだりのんびりしたりできて、
・塾の授業は興味を持って聞けてちゃんとわかる、身になる。
というものなんです。

そういう意味で、こじろうの六年夏はいまいちだったし、はなひめの六年夏はとても良かったと思います。
親が不在なんで、ユリウスの助けを借りていますが、勉強する時間の「枠」というのがわかりやすく作れて、
日々の計算・一行題・漢字・語句をきちんとこなしたうえで、
塾授業のためのフォローもある程度できる。

そういう感じ。

はなひめの夏は、体感的には楽だったし、秋の模試成績は自己ベストでした。「毎日まいにち」のコツコツが効いて、計算が速く正確になってきたのも大きかったです。

こじろうの夏、過去記事:

こじろうの六年生夏を再現してみた(勉強計画編)

こじろうの六年生夏を再現してみた(メモチェ、過去問編)

こじろうの六年生夏を再現してみた(夏のお疲れ編)


はなひめの夏、過去記事:

ユリウスの助けを借りて天王山へ。

夏休みの家庭学習は、何時間くらい?

算数の予習効果はあったかな


時間活用 過去記事:

夏休み、倒れない計画の立て方


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン

by an-dan-te | 2017-07-13 22:21 | 中学受験

中学受験に有利な街って   

SUUMOっていうマンションの広告誌(無料)のタイトルが「中学受験に有利な街」っていうのでつい手に取ってしまったけど…

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ←またろうが生まれてからは引っ越しナシで住んでます
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

まぁもちろんたいしたこと書いてあるわけではなく、(1)近くに(受験して行く)中学がある、(2)近くに塾がある、(3) 受験する子が多い地域、って話なんだけど…

たとえば(2)については、単位面積当たりの学習塾数がランキングされてたりするわけです(^^;;

でも塾なんて、別に密集してる必要はなくて、ただ通えるところに、合ってる塾がいっこあればいいだけの話で。
うちはランキングでかすりもしない地域ですが、数駅乗れば日能研早稲アカサピその他、よりどりみどりです。別に困りません。

ただ、塾は、理想をいえば徒歩圏ならなお良し、と思うので、
通いたい塾の近くに住めれば現実問題便利ではありますね。
通う時間のこともありますが、電車が止まったとかいちいち心配しなくていいのはいいですよ…

(徒歩圏というより自転車圏、というのは微妙です。自転車はけっこう安全面の心配がありますし、夜とか雨とか困ります。)

(1) についても、別に密集してる必要はなく、行きたくて合格できる一校が通学できればいいわけで…住んでいる市区町村の中になくてもいいし。

とはいえ、家を買う段階ではどの中学に実際行けるかわかんないからね。手広く構えるということでいえば、数多くの中学がdoor to door一時間以内に収まるような場所、というと都心近くとかターミナル駅近くとか。

…それはだいたい高い、ということになりますね。

まぁお金の問題はないということならそれもいいかと思います。うちはバブル崩壊直前に買ったもんでわりと高いけどわりと田舎です(笑) 今、これから中学受験するようなお子さんお持ちの方はもっとこなれた金額で物件探せると思いますけど、でも田舎いいですよ子育てには。保育園に入れるし緑の多いところで遊べるし(ザリガニ釣りとかも)。

そして一番、好みが分かれそうなのは (3) です。

受験する子が多いほうが、子どももその気になるし周囲も勉強する雰囲気だからよい、というのが一般的な考え方なのかもしれませんが(このSUUMOはおおむねそのスタンス)、

うちは中学受験率が相当低い街に住んでいるので、周囲が受験とか塾とか関心なくて、何も詮索されることもなく、比べることもないのは平和だなと思います。まぁお好みですが、ほとんど半分以上の子が中学受験するような地域だと、誰がどのクラスにいてとかおおよその成績も丸わかり、同じ塾に通う子も多くてツーツーですから、どうしても「その話題」避けようがないしお互い気になりますよね。

とはいえ、受験する子が多い小学校のほうが、しっかりした授業ができたり宿題に配慮があったりするというならそのメリットも大きいかなとは思うんですが。ただしハズレの先生に当たればそれで無効ですからあんまりあてにはなりませんね。

ということで、総合的に、ターミナル駅までスッと行ける程度の田舎、なかなかお得だと思います。
(個人の好みによります)

塾まで30分、中学校まで一時間、保育園はだいたい入れて、周囲は緑がたくさん。ま、そんな感じ。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン

by an-dan-te | 2017-07-06 23:10 | 中学受験

公文に向いてる子   

…つまり、うちの子のことではなくてですね(^^;;
(三人とも公文利用経験はあるが、それぞれ別の難アリ)

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ←公文とはさみは使いよう
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

公文の利用方法にもいろいろありますが、まぁうまくいく典型のひとつが、
算数の計算とか国語の読解の基礎、および「毎日こつこつ」習慣とかを学んでおいてから、中学受験塾中心に移行していくパターン (大昔ですがよしぞうはだいたいそんな感じ)

それと、中学受験をしない場合でいえば(というか、元々公文は中学受験のためのものじゃないからこっちが本流)、たとえば小学校でおよそ英数国それぞれI教材(中三相当)まで進めてあって、公立中学では実質ノー勉でほぼ成績トップ、ピアノに専念できた(そして音楽の道へ進む)なんてケース。あるいはもちろんピアノじゃなくて勉学の道でもいいわけですが(ただし引き続き公文でやるとは限らない)。

コメントをいただいた方の場合は、ほんっっとに公文に向いているお子さんで、「小学校卒業時にI終了」よりもっと速い(早い)ペースで飛ばしてますね。これは、親が無理くりやらせればできるってもんではなくて(と、いうことは私が保証いたします-笑)、もちろん親の賢い誘導もないではないですが主に本人の資質です。

公文に向いている資質というのは、毎日こつこつができて、例から学ぶことができて、進んでいくことが楽しいと思えて、素直さがあって(よしぞうは素直だったのか?? というのはおいとくとして)、文字馴染みがいい(読み/書き)とかでしょうか。ひっくるめて、勉強向きの資質のかなり重要な部分を占めているといえます。

気になるとすればむしろ、進行が早すぎることで、小学校終了でIというのは「ほどよい」感じがするんですが、もっとずっと前にそのへんまで終えてしまったとして、そこで公文(というか数学の計算)をやめてしまえば忘れてしまうし、かといって高校教材まで入っていくのも考えものです。

公文数学の高校教材は出来が悪くて、スモールステップ自学自習向きではありませんし、指導者も高校数学がよくわかってなくて、指導書と違う解き方をされたらマルつけも容易でないということが多いです。

その状況でも自力で突き進める天才がごくわずかいるらしいですけど、別にそこに天才を注ぎ込まなくてもいいような気はします(^^;;

せっかく、本人が今、楽しく公文をやっていて、順調に進んでいるのだから、別に先を心配して親が水を差すことはないと思うんです。そういう、すいすいすらすらの公文というのが、もっとも大きな価値を公文から受け取れる状況だからせっかくなのでそのまま活用するのがお得と思います。

でも公文だけじゃもったいないとも思います。もっと違う角度から算数、などの検討はしていらっしゃるようですし、もちろん公文のまま国語や英語と広げていく考え方もありますし、それはそれで悪くありませんが、さらに広く考えてもいいのではないでしょうか。

ピアノその他、音楽であっても、
スポーツであっても、
囲碁将棋のような思考ゲーム、あるいは
レゴブロック、理科実験系、美術系でもなんでもかまいませんが、

ご本人が一番夢中になれる何か。

夢中になれる、というのが一番の脳トレでもあります。「お勉強ぽいもの」に限定しないと受験が間に合わないってトシでもありませんし、できるだけ広く考えられたらいいと思います。

もちろん最初は公文と並行して進めていったらいいですし、あまりに夢中になって公文どころではない、あるいは、公文でうまくいかなくなって(おそらくは高校教材に入ってしばらくしたころ?)つまらなくなったら公文卒業とされればよいでしょう。

将来楽しみですね(^^)


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン

by an-dan-te | 2017-02-19 16:48 | 中学受験

喉元過ぎれば熱さ忘れる   

はなひめの中学受験をしてたときに、人物相関図イラストを描いて「尊敬語」「謙譲語」とかの説明をしてたら、こじろうがそれを見て

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ←まぁ二人とも毎日楽しそうで何よりですこと
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

「ぼくのときにはそんなに丁寧に説明してくれなかった」などと言い出した。はぁ??(-_-#

むしろ、はなひめの国語なんてほんの「さらっ」とした説明しかしておらず(それで足りる)、それに対して、
こじろうの国語なんて、ネイティブなら当然わかってるはずの文法事項やら、漢字・語句やら、一個いっこ、どんだけ丁寧に(根本から)繰り返し繰り返し説明したり練習させたりしたことか。

日本語しゃべれるまでにめっちゃ手ぇかかってんだよ!!

ところが、本人は
「ぼくは敬語とかわりと得意なほうだった」(←事実に反する)
などと言い出す。

だいたい、男子によくあるケースで、成長途中のビフォーアフターが激しすぎるため、物心つく前の具体的なことはあらかた忘れているらしいのだが(こじろうの場合、「物心」ついたのは中学生生活後半くらい)、
それにしても、
「中学受験は楽だった」
みたいに感じてるらしいのはさすがに忘れすぎである。どんだけ。

人は、具体的詳細な事柄を記憶にとどめるためにどうしても「言語」が大きな手掛かりになるので(視覚優位な人は絵画的にってこともあるかもだけど)言葉があやふやだった年齢の記憶はあやふや、というのはそんなに不思議なことではない。それでいうと、こじろうは中学校が終わるくらいからのことはしっかり覚えているし、はなひめはもっとずっと早く、保育園時代のこともそれなりに(もちろん昔だから忘れたことも多いけれども)具体的に覚えている。かなり早い時点から人生が連続しているというか。

ところが、そうやって、保育園時代の先生や友達のこと、あるいは出来事についてもわりと具体的に覚えているはなひめだが、こじろうと同じく、
「中学受験は楽だった」
ってなことを言いだしたのでのけぞった(o_o)

二人とも、
「塾は楽しかった」 ←それは当時もそうだったと思われる
「無理ない程度に勉強してたら、自然と、どうしても行きたい学校の偏差値足りてたから、
そんなにたいへんじゃなかった」 ←えぇーーーナニソレ

こじろうの国語、はなひめの算数、その他もろもろ、どんだけ大変だったと思ってるんだよ。

叱りすぎちゃったとか、
手出ししすぎちゃったとか、
夜遅くなっちゃったとか、

いろいろいろいろ、親として気にかかるシーンはあったと思うんですが、
子どもの記憶の中ではぜんぶふわふわ消えちゃって、

ちょうどいいくらい勉強したら、
楽しい中高生活が始まった。
中学受験してほんとによかった。

くらいの、ざっくりした(ざっくりしすぎ)記憶になってるみたいです。

という感じで、中学受験終わって、いろいろと「やらかしちゃった」記憶のある方も、あんまりそのことは深く考えないで、ただこれからの中高生活が楽しいものになるように応援していけば、自然と「ないことになる」と思われます。



にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(終了組)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン

by an-dan-te | 2017-02-08 21:58 | 中学受験