カテゴリ:休日( 21 )   

初日の出   

皆様、あけましておめでとうございます。
f0185839_14425687.jpg


  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←今年もよろしくお願いします_o_

大晦日の夜に突然、「初日の出を見たいから時間調べて」とはなひめ。

我が家では誰もそのような習慣がないので(むしろ、日付が変わる瞬間まで夜更かしをするので、翌日は寝坊)、唐突な。と思ったけど、でも調べてみると、東京付近だと6:50ごろということで、そんなにめちゃ早くないね。冬だから。

じゃ、まぁチャレンジしてみたら、といって目覚まし時計を貸してやり、お母さんを起こさないでねと釘をさす。

しかし、朝、はなひめの部屋で目覚ましがなっているのを寝ぼけ頭で聞きながら、家のベランダからじゃ真東は見えないからどうかな~どこかまで歩いていくとすれば、薄暗い人気のないところで、はなひめが一人でってのもどうかね。はなひめは張り切って支度をしている様子で、出かける気十分らしい。そうか、じゃ行くならいっしょに行こうか、と母もしぶしぶ参戦。

外に出てみると、すでにかなり明るさはある感じ。方向音痴の二人だけれど、空には細いお月様。その明るい面を見ればどっちにお日様が隠れているかは一目瞭然だね。

ということで、お日様が昇ってくる位置にあたりをつけて、そこが木や建物で隠れないポジションを探そうとするが、なかなかうまくいかない。外階段で、真東に向いているところがあれば話は早いんだけど、マンション中の階段を思い浮かべても、東向きはないね。というか北向きばっかりだね。考えてみれば当たり前か(日の当たるところは無駄なく住居に使うように設計するから)。

しかたなく、家の周りをぐるっと回って、やや小高いあたりに陣取って、東の空をしばし見ていると、色の変化がおもしろい。細い雲がだんだん光り輝いてきて、お月様はだんだんぼんやりしてくる。ときどき、鳥が飛んだり、初詣帰りの人? が通ったり。

いい天気で、すがすがしい空気もなかなか気持ちが良いのだけど、いかんせん寒くて、私は用心して着膨れているからなんとかなってたけど、はなひめのほうはダウンは着てるとはいえその下が軽装で、じっとしているとどんどん冷えてくるみたい。

地平線が見えないポジションだったので、あたりはすっかり明るくなってきたけどお日様がみえるのはまだちょっとかかりそう…ということで、あきらめて家に戻ろうとして裏手に回ると…あ!! *号棟の角のところに日がさしている。ぴかーっと、周りから浮き上がったみたいに、直射。

つまり、あそこからはお日様が見えるんだね、ということでそこに駆けていくと、無事日の出を拝むことができましたよ(^-^)

あとで、日の出を見に行ったよ、とよしぞうに話すと、よしぞうは「*号棟の角のところかなんか?」という。ん?? そうだけど、なんだ知ってたのか~。「立体配置考えればわかるでしょ」

…立体はおろか平面図も方向も頭に入らない母ですから(-_-;; 実地に試してようやくわかったということで。はなひめは、「来年はお父さんと行く!!」

じゃ、そゆことで。よろしくお願いしますね~

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。
[PR]

by an-dan-te | 2011-01-01 14:50 | 休日

「正しい」お盆休みとはなひめの自由研究   

私の会社では、特に決まった休みはなく、ただ今週は休む人が多いという程度。

ふだん何かと休む私としては、なるべくお盆だからといって漫然と休むより、休みを温存して過ごしたいと思うわけであるが、世の中と、うちの子どもたちの休みモードが伝染して、気分は休みの方に傾いてしまう。

水曜日に一度休みを取ったのだが、それは外出に使ってしまって、帰ってきたのが平日に会社から帰るのと同じような時間だったため、ぜんぜん休んだ気がしなかった。ここはひとつ、「正しい」休みを取らねば…ということで、昨日は丸ごと休んで外出もなし。

朝からほんとにダラダラと、ピアノを弾いたりバイオリンを弾いたりどうぶつしょうぎを指したり、お昼を作って食べて片付け、おやつにバナナホットケーキを焼いて食べてマッサージ椅子で雑誌をつらつら読み…ひたすら気の赴くまま過ごした。

ショパンのバラード一番の譜読みはだいぶ進んだし、バイオリンも「三回」練習した。バイオリンの練習量を数える単位としてふつうは○時間とかいうのだろうが、今はせいぜい20分くらいしか練習しないので私は回数で数えている。なんとなく、40分練習するより、初心者のうちは20分を二回やるほうが効果が上がるような気がしている。ビーフシチューを作る要領で、煮込んでねかしてまた煮込む、というか。

どうぶつしょうぎは、Excelを開いて「棋譜用紙」と「局面記録用紙」を作ってみた。記録を取ると、確実に振り返って「ここの手が敗着」とかわかるし、もしおもしろい詰めしょうぎや必死問題を思いついたら局面記録用紙に書き込んでおくことにする。

一局が短いのでさくさくと記録用紙が溜まり、「?」-疑問手、「!」-好手が蓄積できる。はなひめもすぐ記録方法を覚えて自分で記録できるようになった。あ、これって夏休みの自由研究にどう??

(1) どうぶつしょうぎの説明
(2) 実戦例とそれから得られる「勝つコツ」
(3) どうぶつしょうぎを題材にしたクイズ

などをまとめてレポートの体裁にするのである。

実はもう、はなひめは自分で考えた「自由研究」というか「工作」に着手しているのだが、それが散発的にフェルトマスコットをいくつか作っているだけで、どうにもまとまりがなく、どうするつもりなのかなと思っていたのだ。はなひめに提案すると、去年の様子を見ると、二年生も三年生もすべてが工作系で、そういうレポート系はなかったといって難色を示した。

しかし、お風呂に入って出てくるとはなひめは「エウレカ!!」状態になってて、「今思いついた。フェルトマスコットで、『どうぶつしょうぎ』のどうぶつの顔を作ってそれを駒にして、『どうぶつしょうぎセット』を作るの。それにレポートもおまけでつける」

なるほど~。はなひめの既定路線と母提案の合体か。おもしろそう。
[PR]

by an-dan-te | 2009-08-15 08:28 | 休日

将棋はやっぱり「生」ですね(^-^)   

このところ、とんとご無沙汰だった「将棋」。また楽しみたいなぁと思って、その「リハビリ」として将棋部OB・OG合宿にいってきました。

場所は鬼怒川温泉。よく聞く地名だけれども、まったく土地観がなくて、なんか近場の観光地なんだろうと思って甘くみていた。前夜になってようやく行き方を調べてみると、これはもしかしてとっくに指定特急券を押さえておかなければいけなかった…!?

気づいたときにはもう遅い。翌朝、ダメモトで窓口で聞いてみると「一席ありますよ」。お~、聞いてみるもんだ!! ところが、「じゃ、お願いします」といって係の人がちゃかぽこと操作すると、「あ、なくなっちゃった。叩き負けたようです。すみませんね~」といわれた。うーん、惜しい!!(*)

それで、鈍行を乗り継いでえっちらおっちら行くと、果てしなく遠い。ホテルの会場に着いたときは集合の15分遅れくらいで、もう早速シーンとなって将棋を指している。

まあ、いいのだ。私は将棋を指しに来たのではなくて、見に来たのである。「えっ、指さないんですか!?」…何人もに言われたけれど(注: 合宿は、みんなめいっぱい将棋を指すために来るところであって、見にだけ来る人はいない)、だってぜんぜん指せないし、指したくないし、見たいから来たのよ。

スポーツだって何だって、よく知っている試合のほうが楽しく観戦できると思うけど、将棋だの碁だのは、それこそ内容がちんぷんかんぷんだったら、観戦は楽しめないわけである。将棋だって碁だって、それはテレビでいくらでもハイレベルな戦いを流してくれているが、もともと自分が弱い上に、何年もご無沙汰してしまって、未知の戦形や登場人物(棋士)が増え、しかも慌しい生活の中で断片的に見ていてはなかなか楽しめず、ご無沙汰に拍車がかかるというもの。

それが、「生」で見る対局はアピール力がまったく違うのだ。表情、手つき、場合によっては口三味線、直接知っているその人の性格や癖など、要するに空気全体にストーリーがあるものを、どっぷりつかって鑑賞する。そうすれば、将棋について深く理解していなくても、勝負の流れが感じとれるし、なにしろけっこう強い人たちとはいえアマチュアの、非公式戦だから、私にわかる範囲でツッコミどころ満載なところがまたよろしい。

三十数名の参加者が一斉に将棋を指しているので、よりどりみどり、好きな将棋が見られる。がちがちに相穴熊で囲い合ってにらみ合っているようなところはとりあえずほっておいて、ほぐれたところで見にくることにする。例えば飛車が当たりになってて、逃げると5三角成同玉で、一段目の金が落ちているというようなところ…今、スパッと行くかどうか考え中、なんてところは見頃。

将棋を三局、堪能すると次は宴会。なぜだか「年の順」で座ることになってて、気がついたら自分より「上の学年」の人は二人しかいない。しばらく来なかった間についにこんなところまで(o_o;; 考えてみれば、大学に入りたての子なんて、またろうとあんまり違わないもんなぁ。

宴会が済んで、温泉に浸かった後は、夜が更けてもしつこく将棋を指している部屋にお邪魔してまた観戦する。今度は、OB合宿としての試合ではなくて、お酒が入ったあとのカジュアルな将棋となる。こういうのがまたおもしろいんだよね。

というわけで、調子よく観戦を楽しんでいたんだけれど、二日目午前はどうしても一局指してほしいと手合い係に懇願された。数が合わないので…とかなんとか、それで後輩の女の子(二年生)と指すことになってしまった。そのFさんの将棋なら一日目に何度か見たけど、私がよく将棋を指していたころと比べてもずっと強いことがすぐわかる。それでまたこっちは十数年ぶり!?(子どもと指すのを除く) というわけだからまともな試合にならないことは明らかだ。

実際に指してみると、序盤ですでに手順を間違え、かろうじて知っている戦形に組むことすらできず、やれることなし。しょうがないので暴れにいったけれども、そこでやらかしちゃう見落としっていうのが、「自分が指す…相手が受ける…自分が指す」、の「相手が受ける」のところをすっとばし、自分が二手指せるような錯覚で組み立てている(?)からひどい、っていうかありえないぞいくらなんでも(-_-;;

脳みそのふだん使ってないあたりは「回転」しなくなるということがよくわかった。駒組み手順を忘れるくらいならぜんぜん驚かないけど。


決勝戦を観戦しているときに、先手が中央から殺到する前に2四歩と突いたのが、同歩として突き捨てが入るだけでも、それで得をしているのかどうかよくわからない(相手玉を広くしている?)し、同角から角交換になるんじゃ損してるような気がする、と思った。

実際、そのあと中央から行って破れたことは破れたのだけれど、角を渡したため反撃がきついのと、2筋がかえって広くなってしまって先手の負け。感想戦でも、まずその2四歩からが問題だったとのこと。

だから、高見の見物であーのこーの楽しむ分には、ずっと錆び付いてたわりにそう的外れではなさそう、ただし自分で指すには大いに難アリ、ってとこかな。テレビ将棋でも見てみましょうかね。

(*)ホテルに着いてこの話をしたら、「あ、その最後の一枚を買ったのは僕です」と名乗りを上げた人が。ボタンを押したらちょうど残席ゼロになったんだとか(^^;;
[PR]

by an-dan-te | 2009-08-09 18:01 | 休日

「一学期終わってどうよ宴会」   

新宿の高層ビル街に来たのは何年ぶりか!?

昨日は、「一学期終わってどうよ宴会」でした。いろいろな地域にお住まいの方が集まる都合上、「新宿」という場所を選んだのですが、土曜日の新宿なんてどこもべらぼうに混んでいそうで。二時間でかっきり追い出されるようなところじゃつまらないし。

ということで高層ビル方面を思いついたのでした。こちらは、オフィス街のためむしろ平日のほうが混むという事情もあるらしく、土日にプラスのサービスがあったりします。

大きな窓があって景色の見渡せる、掘りごたつ席を取りました。参加者は私も入れて10人。参加希望の方が全員出席可能な日は設定できず、そこが残念でした。また別の機会も設けますのでよろしく~

この土曜日は、保護者会からハシゴとか、面談からハシゴという方もいらっしゃいましたし、それにどかんと「初成績表」をもらったところだったりして。「叫ぶ」ネタ満載で来た方が多かったです (もちろん私も)。

ほとんどが初対面という宴会ですが、のっけからガンガンしゃべりまくりました。
事前に、ハンドルネームと、数行の自己紹介を全員分まとめたリストを作ってメールしておいたのは、わかりやすくてよかったです。

一杯目は、「とりあえずビール」ではなくて、なぜか季節のお奨めの中の「数量限定、サングリア」にみんな心引かれて全員揃い、サングリアで乾杯~ おいしい。つるつるいけちゃう。これは危険だ…と思い二杯目からは別のものにしました(^^;;

話題は、子どもの学校生活、塾生活から小学校のPTA活動の愚痴やら仕事の話やら多岐に渡りましたが、あっちこっちで
配布物をてきぱき持って帰らない
試験範囲を把握していない
試験前夜にその教材がない
テスト用紙にいたずら描き
ポカミス多発
提出物を出さない
という男子のことがアツク語られていて、なんだかまたろうがバルタン星人のごとく増殖したか…という錯覚に陥る不思議な宴会でした(^^;;

宴会は5時から11時までノンストップ。立ち上がって外を眺めると、夜景がきれいでした。
[PR]

by an-dan-te | 2009-07-19 09:19 | 休日

休みのつじつま   

およそ、月~金が忙しくても土日はゆっくり、というペースが私にとってぜひとも必要なもので…

日曜日にお出かけが続くと、そのお出かけがどんなに楽しくてもだんだんしっちゃかめっちゃかになってくる。

体のほうも疲れて、肩が凝る、足がむくむ、眠い(^^;; という慢性的な状態になってくるし、家の中がぐちゃぐちゃしてきて、これがまたある限度を越すと、精神的にどっと疲れる。

そこで、昨日はその状態をリセットすべく、午前は在宅勤務、午後は半休をとった(^-^)

午前中の仕事を片付けて、子どもたちとお揃いの弁当を食べ終わると、たっぷり私の時間。土日は休みでもばたばたしているので、誰もいないととても「とくべつ」な感じがする。

この貴重な時間の中で、溜まった用事を片付けるのと、のんびりゆっくりするのと、両方を自分のバランスでやりたいわけだ。そこで、やろうと思っていることのメモを作る。以下、括弧内は実際には書いてない部分。

・ヨガ (ヨガは、「趣味悠々」が終わってしまったので、DVD付き本を買ってみた。それを試す)
・引き出し (パソコン直下にある引き出しが「とりあえず」のものでぱんぱんなので整理)
・オルビス (もうすぐなくなりそうなものがあるので注文)
・○○家具 (しょっちゅう、ビニールと紙が混ざって捨てにくいDMが来るので、電話して止めてもらう)
・生協 (配達があるので取り込み)
・植木鉢 (枯れた葉や花を取る)
・楽譜貼り付け (発表会が近いので、めくりやすいコピー譜を作る)
・ジャーナル (大学のときの先生に送る)
・学童アンケ (学童で、対市交渉前のアンケートが来てるので書く)
・こんにゃく (明日の弁当のための常備菜作成)
・Aniaさん (Aniaさんから送ってきた伴奏譜を、ちょっと弾いて試してみる)

f0185839_7243518.jpg細かい用事をぐるりと片付けてから、引き出しを抜いてテレビ前にどっかりと腰を落ち着ける。ここは、紙類も含めて、捨てるにも片付けるにも迷ったものをなんでも「とりあえず」放り込んでしまうのですごいことになっている。ここのごちゃごちゃ度合いが私の頭の混乱を象徴しているといってもいい。ゆっくり片付けその他をしながら「刑事コロンボ」を見る。

そのうち、帰ってきたはなひめが謎のメモを見て、「引き出し? こんにゃく?」と頭をひねっている(笑)

みんなが揃うころには、上記項目も片付き、マッサージ椅子の上で漫画タイム(Dr. コトーのシリーズを一度読んで処分するか?? について検討)も済んでひとまず満足。

f0185839_7201082.jpg母の日にもらったミニバラ、一度は花が終わったと思ったのだが、植え替えたら元気になって花を咲かせ続けている。
f0185839_7215353.jpg観葉植物のみの植木鉢(主にアイビー)はその雰囲気がお気に入り。母の日にもらったプミラ(?)も仲間入りしている。
f0185839_724367.jpg花はなるべく手入れが簡単で次々咲くものを。枯れた花をマメに取ってやるとよいようなのだが、それがたまにしかできないでいる。
[PR]

by an-dan-te | 2009-07-17 07:33 | 休日

四十九日とAve Maria   

昨日は、四十九日とピアノの発表会をハシゴするという、すごく無理目な日程になってしまい…

バテました(-_-;;

とりあえず、叔父(父の弟)の四十九日の話。一週間ほど前に、父から楽譜コピーが送られてきて、「これを歌うから練習しておくように」と。楽譜は「Ave Verum Corpus」(by Mozart)。え?? お坊さん呼ぶんでょ?? そこでマリア様?? (o_o;;

どんな雰囲気なのかよくわからないままに会場へ。行ってみると、人数分の弁当が既に並んでいる椅子席があって、部屋の前には仏壇風のしつらえ。

登場したのは、フレンドリーによくしゃべるお坊さんで、まず浄土宗と浄土真宗の違いをひとくさり。浄土宗は「出家(山に篭って滝に打たれるイメージ?)」で行をするし、浄土真宗は「在家」で行をするんだとか。彼は浄土真宗なので、「頭を丸める決まりもないんですよ。私がごましお(坊主ではないがかなり短髪)にしているのは、朝シャンの必要もないし便利ということでね」…
(注: 以下、お坊さんのお話は、私が理解した範囲で書いてますので、そういうつもりでお読みください)

戒名の意味とかもいろいろ話してくださったのですが、その続きで「亡くなった方があの世に向けて長い旅をして、無事三途の川を渡れるようにということで旅装束させたりしますね。六文銭持たせて。あれ、浄土真宗ではやらないんです。阿弥陀仏が、こう…すっと運んでくださるからです。亡くなると、体はお墓に入りますね。精神は、残されたかたがたのお気持ちの中に残りまして、それで、あとは『業』といいますが、その方の行ったことですね。あれをああしたかったがうまくいかなかったとか…そういうものを、阿弥陀仏が、すっと持っていってくださって、仏様のレベルまで連れて行ってくださるわけです」…なんか、かなり簡略化されているわけですね。浄土真宗になって。

「ですから今日私が皆さんにお話しして帰りたいのはですね。『南無阿弥陀仏』ということなんです。そういうふうに、阿弥陀仏に助けてもらうのに必要なことは、朝晩、『南無阿弥陀仏』と、唱える。これだけです。これは、祈りというのとは違いましてね、何をどうしてくださいと祈る必要はないんです。祈らなくても阿弥陀仏がよいようにしてくださいますからね。信じる気持ちと感謝の気持ちで十分なんです」

というわけで、この四十九日で唱えられるお経も、「祈り」ではないそうで、何せもう「すっ」と、行けちゃってますから、「成仏できますように」と祈る必要はないんですって。ただ、阿弥陀仏への感謝、賛美のお経だそうです。

お経が始まってびっくりしたのですが、このお坊さん、しゃべりはなかなかぼそぼそと聞きづらかったのに、お経になると別人のような、朗々とよく通る声で、あのよくある一本調子のお経読みではなく、明らかに節のある「歌」でした。賛美歌だから?? あ、それで、「Ave Verum Corpus」なの?? まさか。

いや、「Ave Verum Corpus」はもちろん浄土真宗とは何の関係もなく、ただ歌好きのきょうだいたちが提案したものらしいのですが。

お経が終わって、お坊さんも交えて雑談しながらお弁当タイム。あらかた食べ終わったとき、きょうだいたちといっしょに一列に並んで、私も歌いましたよ。お坊さんの前で。「Ave Verum Corpus」。こんな体験は一生一度だと思うし、まぁ。しかし明らかに讃える対象がバッティングしてますよね、この歌。

歌い終わっても、お坊さんは平然としていて、「息子の結婚式のときは、キリスト教式でしたよ」とかいう話をしています。そしてさらに、中座するときに「これから、三時までに神社のお祭りに行かなきゃいけないので、失礼します。近所の子供会の手伝いでね」…神社!?

幅広いおおらかな宗教心、なのかな…。おばさん(叔父の妻)も、開始時には傍で見るのもつらい、疲れ果てて混乱した顔をしていたが、お坊さんの説教をすごくうなづきながら聴いていて、そのあとの雑談もはずんでいて、終わったときはやや気持ちの一区切りという顔になっていた。お坊さんのお仕事ってだいじなんだなと思いました。


f0185839_7311032.jpg今日の弁当:
そんなわけで作る気力もなく、厚焼き卵は紀文、あと定番の冷凍品。
メインは豆腐肉団子とオクラ。
[PR]

by an-dan-te | 2009-07-06 07:36 | 休日

休日の朝ごはん   

昨日は宴会から終電帰りだったので、今朝のスタートは遅め。

宴会に行ったのは私だけなんだし、別に母が寝坊していたって、こじろうは着々とテスト勉強を進めていたらよさそうなもんだが、もちろんそんなことはなくて(-_-# 私が9時半ごろ起きていくと三人仲良くニコニコ動画 (^-^)(^-^)(^-^)

朝ごはんをまず食べないとなんにも始まらない、というのは元々私が伝染させた気分かもしれないから、あまりとやかくいいたくはないけど…それなら、朝ごはん担当大臣のまたろうがいるんだから先に朝ごはんを子どもだけで食べておけばいいことでは、というのもあるが、これまた朝ごはんというのは家族全員揃ってとるものという文化を作ってしまったのも私か。。

とにかく、私はブログ自己紹介では「趣味はピアノ」としか書いてないものの、「食べること」がとても好きで、趣味といってもいい (料理好きとはいえないが)。中でも好きなのは、朝ごはん。健康診断のある朝以外に朝食を抜いたことはない。健康診断の日ですら、それが終わった10時半ごろに、途中で買ったサンドイッチを食べたりしてつじつまを合わせるほど。

平日の朝は、時間もあまりないので、たいしたものは出てこない。いちばん大切なのはおいしい紅茶。これはまたろうに任せておけばばっちり。あと、パンが二種類くらい…ここまでが固定で、あとのものは在庫次第。よく出てくるのは、ヨーグルト・プリン・ウインナー・チーズ・トマト・きゅうり・バナナ・いちごなど。

私のお気に入りは、チキンレバーペーストを塗ってチーズ・レタス・トマトものせたてんこもりオープンサンド。はなひめはもっぱらバターとジャム。ときどき、こてこてこてこてときりなく塗っていることがあるので注意が必要だ。

f0185839_11162977.jpgヨーグルトは、生協で買う「生乳100%ヨーグルト」が私の定番品で、この甘味のついてないヨーグルトに、バナナかブルーベリーをいっしょにして食べるのが好き。よしぞうはプレーンヨーグルトがだめで、あまりすっぱくなくて甘味が勝っているタイプ限定。だからヨーグルトはいつも二系統注文する。またろうはどちらでも食べる。

休日は、ふだんやらないようなものを食べるのが楽しみ。平日は、卵がたいていお弁当に入る関係で卵を食べないが、休日は朝食べてもいいので、またろう得意のオムレツが作ってもらえる (こともある)。またろうのオムレツは、中からほろっと崩れるやわらかさ、バターと塩コショウがほんのり効いた香りのバランスなど、配慮が行き届いていてとてもおいしい。これもまさに、食いしん坊の料理という感じで、自分が食べたいし家族にも食べてほしいから作るという姿勢がそのまま表れたものだと思う。

f0185839_11165811.jpgそのほか、休日ならではというとフレンチトースト。我が家のフレンチトーストはシンプルで、牛乳と卵を溶いてひたして焼くだけで、砂糖を入れない。焼きあがったフレンチトーストに、好みでハチミツやジャムを塗るかバナナをのせて食べる。昨日のは特にきれいに焼けて、噛み心地もばっちり、おいしかった。

今朝は玄米蒸しパン。これは生協で頼むと冷凍で配達されるので、冷凍庫の余裕さえあれば好きなときまでとっておいて食べられる。凍った蒸しパンを並べるときは、あれ? こんなに小さかったっけ? という感じだが、蒸しあがるとふっくらして、湯気が幸せ(^-^) あんこの入ってない、薄甘いのが特に好き。
[PR]

by an-dan-te | 2009-06-28 11:19 | 休日

やや地味? 父の日   

とりあえず花を買ってくればカタチになる「母の日」と違って、ピンと来てない様子の子どもたち。

またろうは、カードだけ作るつもりでいたようなので、プレゼントもないとさみしいからといってパウンドケーキを作らせることにする。

こじろうは、何にもする気がなかったようなので (またろうとはなひめが何かしてくれると思っている)、とにかくカードは作れといっておく。

はなひめは、一番やる気があって、事前からあれこれ考えているようなので、ほっておく。るんちゃんと相談して作るとかいっている。「一人よりいろんなアイディアが出るでしょ」

f0185839_6554567.jpgまたろうが作るパウンドケーキは、いつもとちょっと変化をつけて、「米粉&緑茶パウンド」にする。薄力粉の代わりに、上新粉と強力粉半々を使って、緑茶で香り付け。

焼け具合完璧で、外はカリっと中はふっくら、上々の仕上がり。ふつうのパウンドよりややしっかりした食感で、ほんのり緑茶の香り。おいしい~(^-^)

f0185839_743560.jpgカードは、読書中のまたろうが飛び出すカード(写真↓)。


こじろうのカードは、ほんとに「作っただけ」というか、ここに写真でお見せできるようなものではないが、小さな「より目こじろー」が立ち上がるシンプルなカード(レポート用紙の切れ端で作成)。

f0185839_724926.jpgはなひめのは、紙粘土で作ってきれいにラッピングした、食べられないけどおいしそうなお菓子セット。それと、はなひめが飛び出すカード。



「お父さんへ、いつもありがとう。父の日ありがとう。仕事はうまくいってる?」
…なんで話がそこへ来る。昨今の情勢(笑)ではシャレにならん。

ともかく、はなひめのプレゼントがよくできていて、思ったほど地味ではなかった父の日でした。


f0185839_7195922.jpg今日の弁当:
昨晩の肉じゃががまだだいぶあったはずなのだが、そのあと頭の黒い暴食ネズミが発生したらしく、にんじん少々くらいしか残ってない。
仕方なく、朝調理の牛肉&ピーマン炒めがメイン。
詰め終わってから、「黄色と黒がないなぁ~」と思って、「つまり、のりたまふりかけだな!!」とかけた(笑)
[PR]

by an-dan-te | 2009-06-22 07:14 | 休日

GW最終日はゆっくりと   

昨日の宴会は、楽しかったしおいしかった~

会社関係で、私入れて四人。私は、ワインやチーズや、デパ地下のサラダなどを持っていったんだけど、私以外は手作り。一人はオードブル系とたけのこご飯。一人はおばんざい系でとても上手。もう一人はキッシュ。自家製の梅酒もすんごくおいしくて(^-^)

みんな40代の子持ちで、気心の知れた仲間だし、昼休み程度じゃできないディープな話題もぐぐぐっと。ケーキと抹茶アイスのデザートまでまっしぐら。

4時開始から、快調に飛ばして気が付いたら11時。8時くらいまでは時間を意識してたんだけど、次に時計見たのが11時15分前だもんな~危ない危ない。

GWに入ってから、2日~3日はよしぞう実家、4日は飲み、5日も飲み、と目いっぱい遊んでまいりましたが今日は完オフ。おおむね、土日あったら日は空け、連休あったら最終日は空け、というのが我が家の基本ペース。どうしても行きたいものがあったりするとその限りではないけど、やっぱりこのペースを崩しちゃうと次の週はバタバタになってしまう。

今日は、昨晩遅かったのもあって、目が覚めたらすでに9時過ぎ。それからのろのろと朝ごはんを食べて、ちょっとブログチェックしたりピアノちょっと弾いたり、はなひめとヨガやったりしたらもう昼。あっという間の午前中だった。

12時過ぎると「昼ごはんまだ??」と、子どもたちから矢の催促。さっき朝ごはん食べたばっかりだからまだいいじゃないと抵抗しつつ、結局1時をだいぶ過ぎて昼ごはん。

またろうは、美術の宿題があるとかで (絵は好きなので美術の宿題は把握してるらしい…ほかは大丈夫か??)、食卓に大きく広げて絵を描いている。今回の課題は、「16個の言葉から浮かんだイメージをそれぞれ絵にしてみましょう」というもの。「『天才』ではライト描いた人がけっこういたんだって」とまたろうが言うと、私はもちろん電球を思い浮かべたが、はなひめは夜神ライト(デスノート)のことかと思ったんだって(笑) ニヤリと笑って「計画通り」って感じ?

「政治」は、三権分立の図か国会議事堂か、あるいは…?? とか、「友情」は手をつないでるところ?? とか、よしぞうもこじろうもよってたかってアイディアの出し合い。でもまたろうはおしゃべりをしながらも、あらかたスルーしてところどころ取り入れながらマイペースで描いている。

「十字軍ってどんな感じ?」など、ときどき参考の絵を見にパソコンのところへ来るが、ガリレオの顔もチラっと見て去っていき、見ながら描くという考えはないらしい。そうすると、描き上がったときには、さっきパソコン上で見た絵に似ているけれども、なんとなくまたろう風に変化している。

「宗教」のお題のところでは、明るくて慈悲深い面と、暗くて争いごとのもとになる面が表裏一体になっている絵だった。「未来」なら枝分かれして無限に広がっていくイメージ。なかなかおもしろい課題だった。

家族で無為に過ごす休日にふさわしく、ジグソーパズルをするのはどうかなと思っていたんだけど買いそびれたのでそれはまた別の機会ということで。ひたすら何をやってるんだかやっていないんだか、漫画の読み直しなどをしながら時間がたっていく。
[PR]

by an-dan-te | 2009-05-06 14:24 | 休日

友あり、遠方より来たる。   

今日は、Aniaさんと飲んだ。

Aniaさんのブログで、おいしいワインとチーズの話を読んだら、辛抱たまらなくなり (Aniaさんとワインを飲みながらおしゃべりしたくなり)、思い切って声をかけた。おうちがどこかも知らないで「GWに飲もう!!」…なんとかお会いできる距離でよかった(^-^)

ブログ上でのおつきあいから始まってリアルでお会いしたのはこれが初めて。数日後にまた別件を予定しておりますが。

Aniaさんは、文章から受ける印象からほとんどずれてなくて、芯があっておしゃれな感じ。初めてお会いした気がしません、まったく。

お話の内容は、たいへん興味深いものが多かったんだけれど、ご本人の了解をとってないので、ブナンなところだけ書くと…元理系女子として「よい男」ネタで語り合って、「デバッグ萌え(*)」で意気投合したとか、まぁそんなとこかな~
(*) 単に顔がいいと「いい男」と感じるのではなく、例えばデバッグをしているときの後姿の、無駄のない問題切り分けとか、タイプする手つきとか、「Enterキーを押す小指」とかがツボだって話。

途中でまたろうに声をかけると、ホームコンサートで弾いた曲をそのまま弾いてくれたので、Aniaさんにまたろうの演奏を生でお見せすることができた。

Aniaさんは、ピアノを習ったことはないそうなんだけど (今はコントラバスをやっている)、シベリウスの「樅の木」を練習したことがあるんですって。シベリウスのピアノ曲がたくさん入ったCDを持参して聴かせてくれたんだけど、小品とはいえ、ピアノ未経験のまま根気だけで弾けそうな曲とも思えないけど。

そこを、三ヶ月とかかけて、「メトロノームとお友だち」になって十六分音符もコツコツ練習して、だんだんできるようになるのが楽しかったというので、これはすごい。三日坊主じゃなくて三ヶ月続くんだから、かなりのことまで到達できるわけだ。

今回おしゃべりして特に感じたのは、きちんと積み重ねていけることの強さ。ワインも、私はただ飲むのが好きなだけで毎回買う段になってどれがおいしいやらさっぱりわからんことになってしまうが、Aniaさんは、ワインを飲むのが好きになったときは事典的な本も買い、産地や傾向もチェックしながら、飲んだものがどうだったかを知識としても積み重ねていったらしい。

Aniaさん、いきあたりばったりなワインだしてゴメン~もう少し勉強しておくからまた来てね。

* * *
f0185839_21192021.jpg今日は、昨日買ったおニューのTシャツ (鉄腕アトム) を来た。ユニクロでTシャツその他を買ったら、「パックマン」の紙袋に入れてくれてちょっとうれしかった。

お化粧するの忘れた… (家だったもんだからつい)
[PR]

by an-dan-te | 2009-05-04 21:23 | 休日