人気ブログランキング |

2013年 10月 15日 ( 1 )   

作問能力   

いい入試問題を作る…というのは、生易しいことじゃないと思う。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←過去問「対策」がほんとうに勉強になるような学校ならば
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

塾の復習テストなら、単に学習内容が身についているかの確認だから、毎年似たような問題だって別に悪いことはない。範囲から、スタンダードな問題を素直に並べておけば用は足りる。

それが、入試問題の場合は、まず間違いなく過去問を対策されてくることが前提だから、

・過去問やったかどうかで大差がつかないよう、毎年まいとしちゃんと違う問題で、
それでいて
・その学校が入学してほしいと思う子どもがしっかり得点できるような内容で
・合格と不合格で意味のある判別(線引き)ができるような分布になるほどほどの難易度で
・(もちろん)所定の試験時間にうまくおさまるボリュームで。

…などなど。と考えると、ずいぶん難しいことだと思う。

先日、男子御三家の話を書いたときにも深く思ったんだけれど、やはり学校で行われる教育がちゃんと響く、実る、というために、なにより重要なベースになるのが、「そのようなふさわしい人材(生徒)が揃っている」ということだ。

どんな生徒が集まるかは、もちろん文化祭や説明会などの学校アピールによるところも大きいけれども、最終的には、どのように選抜するかで決定される。

麻布も武蔵も、その学校の理念に従って、学校に合う生徒を集めるために全力で変な個性的な問題を出して、それで成功していると思う。そんな問題を解きたいと思う子を集めたうえで、そんな問題を解ける子を合格させることができるということなので。

もちろん、キャラとして学校に合っているかどうかを測る手段として「面接」というものもあるけれど、お互い手間の問題もあり、それに短時間の面接でどこまでのことがわかるか、それをどう評価するかというところはものすごく難しい。たとえば雙葉だったら、面接もあるけれど国語の問題もなかなか特徴があって、雙葉にふさわしい子を集めようとする意図が感じられる。他とはひと味違う語彙力と道徳を求めているような。

たかがペーパーテスト、されどペーパーテストで、きちんと学校が望む選抜ができるようにするという「作問能力」はつまり、学校の持つ力の重要な一角であって、この部分が「けちょい」名門校/難関校というのはありえない。


はなひめの受験で一月の一校目を選ぶとき、うちは「(ぎりぎりでも)通える場所」にこだわったため、塾のクラスでは誰ひとり受けないマイナーなところに行った。同じころ、クラスメイトたちは大挙して栄東その他に行ったはず。私は、でもココもいろいろ熱心にやってる学校のようだし、点数も開示してくれるし、入試初戦としては十分なのでは?? と思ったんだけれど、過去問練習をしてみて…さらには本番を受けてみて、ようやく先生が栄東とかのほうを進める理由がわかった。

問題の出来があまりよくなくて、難易度のバランスも悪いし(超~簡単なサービス問題と、親が調べてもなかなかわからないようなマニアックな問題のmix)、国語の選択肢は私が選んでも「答えがないよ!!」と思うようなのがあるし、なんだかこう…これをちゃんと取れるように「対策」する気が起きないのだ。

後日、メジャーな一月校の問題をいくつか見てみて、なるほどこれはちゃんと勉強になる問題だな(^^;; と思った。塾でお奨めするだけのことはある。

はなひめの第一志望校は、最初なかなか取れなかったけれど、設問の読み取り、資料の読み取り、考えの組み立て方、表現の仕方などひとつひとつクリアしながら出題の意図に迫っていくと、ほんとうに納得の難しさだった。入学してみると実際、そうやって選ばれた子どもたちが(ちゃんと芯があって、しっかり考えたり書いたりできて、物事を全力でがんばってかつ楽しめるパワーを持った子たち)、いい具合に学校の空気を作っていると思えるのだ。やっぱり入試問題で「も」惚れた学校に子どもを託したい。

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン
* 4点在庫あり。

by an-dan-te | 2013-10-15 22:29 | 中学受験