人気ブログランキング |

2013年 04月 21日 ( 1 )   

サービスのいい学校   

説明会めぐりとかを始めるとすぐわかると思いますが…

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←お好みに応じて、いろんな学校があります。

世の中、サービスのいい学校と悪い学校がありますね。

サービスのいい学校は、たとえばですが:
・説明会を何度もいろんな時期にやってくれる。
・文化祭のほかにも、オープンスクールや、学校見学など、いろんな「知る機会」を設けてくれる。
・説明会とか行くと、過去問とか願書とかノートとかボールペンとか、いろいろタダでくれる。
・ホームページも充実、見やすい。頻繁に更新あり。
・大学進学実績などデータ公開も充実。
・複数回受験できる。
・入学手続きをかなり待ってくれる。
とかね。全部に当てはまるかどうかはともかく。

特別親切な学校の場合、願書の受付が何時までとなっていても「あらかじめお電話をいただければ30分から一時間くらいは待てます」などと驚愕の対応をしてくれるところもあった(o_o;; さらに、入試当日も、個人的な理由(例: 寝坊)の遅刻であっても、電話しておいて駆けつけると時間ずらして別部屋対応して解く時間そのままで受けさせてくれるという説明を聞いたときは、会場中がびっくりしていた(ような気がする)。

サービスのいい学校がいい学校かというと、直接の関係はないのですが…まさか、ボールペンくれたからこの学校にしようとかいう人もいませんけどね…まぁ、学校のキャラの違いです。

JGとかなら間違いなくサービスの悪い学校、こじろうの学校もかなりサービス悪いほうだと思うけど。埼玉の女子一月受験でいうと、浦和明の星がサービス悪い学校、淑徳与野がいい学校。

さて、はなひめの受験では、受験を検討した学校のほとんどが、この分類でいくと「サービスのいい学校」だったのですが、進学した学校は、中でもかなりサービスのいい学校だったと思います。つまり、学校の様子もよくわかるし、入試関係資料も充実していて、受験もしやすく、受けるほうとしてはたいへん助かるわけです。

ただひとつ心配していたことは、それだけ外向けにサービスよくやるのって、たいへんなんじゃないかってこと。先生方、それで疲れちゃって、本業(中の生徒に対して)も大丈夫なんだろうかって。

それで実際に入学してみて、まぁまだここまでは私自身が行ったのは、入学者説明会や物品購入、入学式と保護者会くらいだし、子どももまだ二週間しか通ってないですけど、そこまでで感じたこと。

中に対してもすごいサービスのよさ!!(o_o)

なんか、「サービス」とかいうと商売っぽい語感になってしまいますが、そういうんじゃなくて、あたたかさ。ゆったりした、それでいて細やかな配慮が行き届いていて、感動しました。

こじろうの学校も、あれはあれで、居心地いいんですけどね。でもすべてにおいて大雑把。お知らせプリントも最低限、あらためて相談すればいろいろ対応してくれると思うけど基本放置、ざっくりいえば
部活やってりゃ子は育つ
くらいのスタンスです。いやほんとに育つみたいなんで、それでいいわけですけど。

はなひめの学校の、外に対するサービスの良さは、別に外ヅラよくしてるってことじゃなくて、生徒に対する眼差しが、未来の生徒(になる可能性のある子どもとその親)に対してもつながっているということだったんだと思いました。(注: すべての「サービスのいい学校」がそうかどうかはもちろん知りません。)

中学受験を終えて、急速に思春期に突入してるらしく、親の言うことはなかなか素直に聞きたくないはなひめですが、この学校で見守ってもらえるなら、大丈夫やっていけるでしょう。

それにしても、わが家の三人の子が通う学校のキャラが、あまりにバラバラなので笑えます(^^;;

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

by an-dan-te | 2013-04-21 11:06 | 中学受験