人気ブログランキング |

2011年 11月 27日 ( 1 )   

えせ科学と小学校教育   

「ゲーム脳」の話は、私も、子どもが通う小学校で聞いたことがあります。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←ポリシーを語るのにえせ科学はいらない

ゲームの話のときに21vertexさんが教えてくれた、「水からの伝言」という話も、なかなかすごいです。
「水からの伝言」で検索すればずるずるずると多数出てきますから解説不要かとも思いますが、私なりに、簡単にまとめておきますと、

水が雪のような結晶を作るときに、
「ありがとう」「平和」のような良い(?)言葉をかける→きれいな結晶に
「ばかやろう」「戦争」のような悪い言葉をかける→汚い結晶に
というものです。

言葉のかけ方としては、瓶に向かって声をかけてもよいし、紙に書いて瓶に貼ってもよいそうです。

あんまりにあんまりなので単にまとめを書いてるだけで恥ずかしいですが、まぁ音楽とか何かしら「音波」の影響で結晶が変わるというならまだしも、紙に書いて貼ってもねぇ…まぁいいけど…

それで、だったとしても「だから何?」って感じなんですが、これが小学校の道徳教育に取り入れられて有名になったというか問題になったそうなんです。すごいな~。今、「なった」と過去形で書きましたが、廃れたとも限らず、21vertexさんによればまだそこらへんの学校を席巻してるんだって。

私が聞いたことがあるというほうの「ゲーム脳」は、簡易脳波計を使った研究で、アルファ波とベータ波の比率を比べると、ゲームを始めると平常時と違ってアルファ波優位になり、ゲームをやめると回復するが、長時間浸っている人だと、その回復が遅くなり云々というものです。

で、アルファ波優位だから何なのということですが、このゲーム脳を提唱した人は、アルファ波は認知症患者とかに見られる異常な脳波で、要するにゲームをやったことでアホになったことの証拠とみなしたわけです。

え? アルファ波って異常な脳波なの?? そんな話ってあったっけ、と思った皆様。いやもちろんそんなことないですよ。なんでそんな話になったのかわかりませんが。

そもそもこの簡易脳波計がいい加減なしろもので、ちゃんと脳波を測れてないという話もあるようですが、だいたい根本的に話が成り立ってないんで、測定が間違ってたなんぞは枝葉といってもいいくらいです。

私がこの話を聞いたとき、先生は確か新聞の切り抜きのようなものを手にしてその一部を読んで紹介したり、とにかくゲームのやりすぎが「脳に悪い」ことが科学的に証明された的なことをいっていました。いいたいことは要するにゲームをやりすぎるなって話で、別段おかしなところはありませんけどね。

その先生は指導力もあり人柄もすばらしく、教師としてたいへん優れた能力を持った方だったなのに、なんでそんなエセ科学の話!? と疑問に思ったものです。ゲームをやりすぎないようにという話をするのはもちろんいいんだけど、それと同時に、エセ科学を見抜けるようにすることだって教育として重要でしょう(しかもこんな初歩的な…)。

そのエセ科学、水のうんたらのほうはオカルトというレベルですが、ともかくそんなことを持ち出してしまうのってどうしてなんでしょうね。だって、言いたいことは単に
「お互い挨拶を気持ちよくしましょう」
「ゲームはやりすぎないように」
…とかそのくらいの、ごく普通な内容でしょ。何も後ろ盾なしに、ただ自分の生活実感と人生観、価値観から語ればよいことです。

ただそこまで考えてみますと、現在の小学校の先生が置かれている状況って、学校の授業の中身を考えてればいいってもんではなく、早寝早起きとか、朝ごはん食べろとか、忘れ物するなとか、ゲームしすぎるなとか、あれこれと「家庭の教育力が不足した部分」も補わなければならず、さりとて、学校に強力なポリシーもなければ、各家庭の考え方も状況もばらばらだし、第一、その学校の趣旨に賛同して集まってくれたわけじゃなし。

こんな中で、なにごとかを説得力持って語らないといけないときって、つい、そういったものに頼りたくなっちゃうってあるのかなって、ま、同情はします。しますけどね…

先生が、えせ科学を肯定的に子どもたちに語ったらイヤだ。

ってなことは思います。そもそも先生が見抜けてなかったらイタすぎるよ。

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

by an-dan-te | 2011-11-27 10:45 | 中学受験