人気ブログランキング |

2011年 07月 01日 ( 1 )   

はなひめに最適なクラスは??   

こじろうがいたときにはM1、M2と分かれていたものが、現在はひとつのMクラスになっているという現状。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←クラスが細かければ細かいで、大きければ大きいでやっぱり悩む

このMクラスはたいへん幅広いので、(塾から言い出される)クラスアップ・ダウンが発生することも滅多になく、平和なところがよいと思っていた。確かにそういう面はあるし、クラスがなんとなく穏やかな一体感に包まれる(?)というのも悪くはないと思うのだが。

ただ、はなひめの算数が、授業のテンポが速すぎてややついていけない、難しい問題はわからない、ということになると、やはりここはM1、M2に分かれていて、M1に入ることができればちょうどよかったのかなぁと思わなくもない。

しかし、はなひめの算数の点数は、あまり景気よくないとはいっても、なんとなくクラス平均近辺なのだ。つまり、はなひめ以外にも、現状の算数の授業が合わない子はけっこういるんじゃないかと想像するが…もちろん、塾としては、この幅広いMクラスの仮に「どまんなか」にレベル設定して算数の授業を進めたら誰も御三家に行けなくなっちゃったりして(^^;; たいへん恐ろしいのでそんなことはできないだろう。かなり上のほうに合わせて突っ走るしかあるまい。

点数状況からいえば、算数よりはるかに足をひっぱっているのは実は社会なのだが、社会については、授業がわからないとか、速すぎるとか、そんなんで困ることはないし、だいたい、ちゃんと覚えてないのとか、テストで問題文の把握がのろいとかそういうことがネックなのであって、授業自体はよく話を聞いてよくわかって帰ってくるから、問題ない。

むしろ理科のほうは、授業ノートを見る限りきちんと聞いているようではあるけど、なんか肝心のところの理解があさってだったりして、「あれ??」と思うことも多い。理科の先生は、実験教室で私もお会いしたことがあるし、説明上手でてきぱきした人なんだけどね。抜けていたところを家で説明すればちゃんとわかるのだけれども、これは別に授業「レベル」の問題ではないような気がする。二度きけばわかるとか時間がかかるとかそういうことかも。

そして国語は、はなひめがたいへんなついているベテランの先生で、はなひめはウィークデーの中で一番好きなのが月曜日(国語の日)といっているくらいのものである。もちろん国語はレベル的にもテンポの面からもノープロブレム。

ということで、問題は算数かー。M1というものがないので、クラスを下げるとしたらいきなりAになり、塾に行く回数も減り授業時間も減る。カリテは基礎受験。このギャップのでかさが吉と出るか凶と出るか…

私としては、カリテが基礎受験なのはいっこうにかまわないが、塾の時間が減るのはあまり好まないのだ(^^;; 家でフォローするのは疲れるし、時間が短い中で算数をいまよりわかって帰ってくるのかどうか…

と整理してみるとやっぱり、つまりこういうことだ。ネックはとにかく算数。はなひめの好きな国語を尊重してもうしばらくMクラスにしがみつくなら、算数をどうにかスピードアップしていかないといけない。というかどの教科も、というより生活全体をスピードアップしたいところなんだけど…

ここからしばらく、本人にもよく状況を飲み込んでもらった上で、多少なりともスピードを意識した学習と、それから算数の勉強の仕方や量を工夫することを心がける。

そして、やっぱり無理だとなればAに変更。とにかく秋以降は「これでいこう」という路線を固めて、着実に進んでいきたいものである。

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。

by an-dan-te | 2011-07-01 08:07 | 中学受験 | Comments(12)