人気ブログランキング |

2011年 02月 08日 ( 1 )   

偏差値55からの中学受験   

はなひめ自己採点の素点、直しのときの感触、エデュに書き込まれた「かなりやさしかった」などの情報をもとに、私はズバリ「55」を予想していて、よしぞうにもそう言っていた。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←ここから、がんばろうね!!

昨日の夕方、マイニチを開けると、おーまさに。「55(小数点以下四捨五入)」
我ながら、コワイくらいの予測能力。なんの役にも立たないが。

というわけで、「偏差値55からの中学受験」。ぶっちゃけ、こじろうのときとほとんど変わらないスタートになった。しかし、その内訳はずいぶん違う。

各教科の偏差値は
国語>>理科>算数>社会
だった。
(ちなみに、こじろうは
算数>>>国語>理科>社会)

ここからの伸びしろを大胆予測してみよう。

まず、今すでにかなりまともな国語、これはそう大きく上げることはできず、むしろ問題文や設問が難しくなったときに、今「なんとなく読めちゃってる」状態から大きく崩れることも考えられる。ただ、そうなってもまたそこから回復するに十分なポテンシャルは持っている、というのがよしぞうと私の共通した見解だけれども、その場合、あとははなひめのメンタル面(そこできちんと読み方の再構築を図るという作業に向き合えるかどうか)が課題。

今は、漢字の書き取りをあらかた落としている状態なので(前の塾とは漢字書き取りの難易度がえらく違う)、それはまぁ数ヶ月したら追いつくだろう。そこは狭いけれど伸びしろ。

理科社会はもう、知らないことだらけだったので、現状低いのはしかたがない。これは、日能研のカリキュラムに乗って半年、一年経てば、+5くらいは(つまり、偏差値55ラインあたりは)いくだろう。長い問題文もさらりと読めるのは、こじろうと違うところ(^^)

算数…これは一番予測がしにくい。一年経つころには大勢が判明しているだろうけど。今はスピードもパワーもまったく足りなくて、四角1だけは全部取れてるね…という状態。日能研の授業に沿ってコツコツ練習すれば、とっつきにくい問題は減ってくるだろうけど、やっぱり喫緊の問題は、スピード不足。

よしぞうが昨日、会社から帰ってはなひめの成績を見て
「まずはクロック数(CPU?)を上げないとね~」とつぶやき、
それから私の昨日のブログ記事をみて
「なんだおんなじこと書いてる」
…そりゃそうです。夫婦だもの。

以上を総合して、ざっくり四教科合計で希望的観測も含めて最終的に+5くらいどうでしょう。まぁ算数次第だけどね。けっきょくこれですよ。

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。

by an-dan-te | 2011-02-08 07:41 | 中学受験 | Comments(12)