人気ブログランキング |

2009年 06月 25日 ( 1 )   

左右同形右から攻めよ   

私の好きな格言に、「左右同形右から攻めよ」というのがある。

もちろん「公式」な格言ではなく、大学時代に将棋部の先輩から教わったものだ。
元となっているのは「左右同形中央に手あり」という囲碁の(まともな)格言で、左右同形になっているときはその中央に「ツボ」がある場合があって、両にらみの好手になったりすることを言う。

確か、その先輩の説明は、「左右同形なんだったら、どっちから攻めてもいいだろ?? だから、そんなのさっさと決めてどっちかから攻めればいいわけだ。秒読みのときでも迷わずさっと行けるように、いっそいつでも『右』に決めちまえって話さ」というようなものだったと思うが…

実際のところ、将棋では、文字どおりの左右同形でどちらからいくか迷うなんてことはあまり考えられない。これは、迷うような選択肢 A と B があるというくらいの意味だと思えばよい。

つまり、次の一手を考えるにあたっては、当然のことながら、どちらの手のほうが優れているか、「ヨミ」を入れて比較検討するわけで、それでどちらがよい、という自分なりの結論が出るなら迷わない。ところが、いくら考えても、こっちだとこうだし…こっちだとこうなるかも…堂々巡りで結論が出ないほど甲乙つけがたい、ということがある。

そういう場合、結論が出ないからといってそのまま考え続けようとしても、新材料が思いつかない限り「下手な考え休むに似たり」ということになる。そのくらい迷うということはつまり、どちらでもよいわけだ。そこはスパッと自分の信念/好みで (例えば「右から(?)」とか) 決めちまえ。決めたからには自分の決断を信頼しろ。ということ。

人生の中でも、選択肢 A と B (あるいはもっと多数の選択肢があるかも) で迷うということがある。具体的な検討はできるだけしたほうがよいに決まっているので、そりゃできるところまでトコトン調べたり整理したりしたほうがいいが、それでもやっぱりわからないということがある。

当たり前のことで、なにしろ両方実際にやってみて比べることはできないのだし、未来のことは誰にもわからない。

受験校をこっちにするかあっちにするか、というようなものから、転塾すべきか、転職すべきか、離婚すべきか、この家を買うべきか、とか、いろんな局面がある。

…よーく、検討した??
じゃ、それでいいじゃない。きっと、どちらもありってことだよ。あとは勘! 好み! 信念! なんでも。
決めること。そして後悔しないこと。

これまで…
結婚するか?? →した。
家を買うか?? →買った。
転職するか?? →しなかった。
こじろうの第一志望校をAとBどちらにするか??(^^;;
などのときに、「左右同形右から攻めよ」という格言が頭をよぎった。不思議と、うまくいってる、ような気がする。逆を選んでももしかしたら、不思議と、うまくいってる、ような気がするかもしれないんだけど。


f0185839_793835.jpg今日の弁当:
プチトマト、ブロッコリー、切り干し大根煮、鶏つくね、卵焼き。ふりかけはめかぶ。
なんとなく、今日のは我が家弁当のスタンダードというような感じになった。

by an-dan-te | 2009-06-25 07:10 | 生活