ほぼ日Back to the Future   

またろうが塾に通い始めたのは中一秋くらいと割と早めだったが、主に力を入れていたのは、決まった時間に家を出る練習と、財布その他必要物品を持って出かける練習(^^;; だったので、長らく英語はどうにもならん状態で放置していた。

中二の六月ごろに突然、英語をどうにかテコ入れしようと思い立った母ではあったが、とにかくまたろうにとって英語というものは、まったく意味のない記号の羅列のようなもので、勉強する必要性自体がピンとこない様子。

そこで、まずは英語というのが日本語と同じく、生きて使われている言語のひとつであって、それを操ってコミュニケーションが、あるいは面白い物語が成り立つのだという当たり前のことをまずわかってほしいと考えた。

そこで目をつけたのが、当時またろうが非常に気に入っていた映画三部作、「Back to the Future」。もちろん私も大好きである(^-^) これをネタに、英語の使われ方を観賞してもらえば興味が持てるかな?? という思いつきである。

まず、それまで「吹き替え」で見ていた映画を、いっしょに英語音声日本語字幕でみて、またろうが知っている英語で理解できそうなセリフが出てきたときにはすばやく、「~っていってるよ」とふってみたりした。

そうやって音にいくつかピンポイントで注意を向けながら、「ほぼ日(ほぼニチ)Back to the Future」の発行。

これは、またろうにも理解できそうなセリフをピックアップして、意味や文法事項を解説しちゃおうというアグレッシブな企画で、例えばこういう感じ:

------------------
Don’t say a word.
Doc!
I don’t wanna know your name, I don’t wanna know anything about you!

新しく作った読心装置の出来を試そうとして、ドクがマーティーを引きずり込むシーン。
「a word」は「ひとつの単語」だから「ひとつの単語をいうな」だけど、日本語でいうなら当然「一言もしゃべるな」って「も」が入るよね。英語にはこの「も」にあたる部分がないように見えるけど (字面上は)。

「wanna」は英語の教科書とかには出てこない単語。「want to」のしゃべり言葉。「名前も知りたくない、あんたについて何にも知りたくないんだ!」。「something」じゃなくて「anything」なのはどうしてか、もう大丈夫だよね?


Next Saturday night…we’re sending you BACK…TO THE FUTURE!

稲妻の落ちる時と場所がわかり、一気に盛り上がるドク。ここは決めゼリフだからバッチリ覚えよう。
「send」は送る。「back」がついてるから、マーティーを送り返す。どこへかっていうと、もちろん未来へ!!

------------------

こんな調子で、「ほぼ毎日」発行したんだから我ながらマメだ…2週間くらいだったけど。

またろうは、それなりに楽しんでくれたと思う。しかし、ご想像のとおり、こんなもので英語の成績があがるってことはまったくなかった。

家の中で、「Hello. Hello. Anybody home?」だけは流行ったけどね(笑)
[PR]

by an-dan-te | 2008-12-17 19:27 | 高校受験

<< 自律的勉強への遠き道のり こじろうの国語、下げ止まりません >>