人気ブログランキング |

はじめての100点満点(^o^)/   

ここにひとつ、たいへん困った問題がありまして、またろうの第一志望校と第二志望校は数学の問題が易しいんです。配点は高いんですが。

またろうの得意科目はもう「これっきゃない」数学で、ここで稼がないと後がないというのに、なにしろ、またろうは難しい問題が取れるだけで、簡単な問題の打率はあんまりよくない。不注意が服着て歩いてるみたいな子ですからね。

数学は別に解けないような問題も出ないので、100点を狙ってほしいとこですが、そういうことが苦手なんだからしょうがない。

それまでの過去問戦歴(数学):
第一志望: H19 85点、H20 73点
第二志望: H19 90点

プラマイ逆、数字があんまり汚くて自分で読み間違えた、聞かれたのと違うことに答える、などなど。うっかりミスのデパート。

本人もくやしいし、親も見てていらいらするし、いちいち横に気ぃそらすなっ!! ボールペン分解するな、寝そべってやるな、歌うな、と小言ばっかり多くなって、「無理だよっ!!」…余計な反発を招き、険悪な雰囲気になって他の科目にも悪影響。

ところが昨日、親がばたばたしていたせいで、またろうが過去問をやってる間、耳かきで耳かいたり歌ったりしていても叱らずにいたもんで、平和に解き終わって初めての100点!!(^-^)v

「やればできるじゃん!!」とめいっぱい褒めて、「どんな感じだった?」と聞くと、
「そこに問題だけある感じで考えられた」。
そうだよそういうふうにやるんだよ、いまの感触忘れないでねっ。。と持ち上げつつ、

でも試験に耳かき持ち込みとか、歌うたうのとか、ありえないよね。それなしで集中できるのかどうかって別の問題だったりして。と、不安でもあり…

またろうの手いたずらは幼少のころからずっとやまない。どうも見ていると、手いたずらをしつつじょうずに課題に集中できている場合もあり(その場合、手いたずらをとりあげると集中できなくなってしまう)、手いたずらからそのまま本格的にぼーっとしてしまう場合もあり(そのほうがずっと多いのだが)、どう線引きして勉強を成立させるかは難しい問題。

もちろん、合唱コンクールのときのように、無駄な動きがなく、かつ集中しているということも稀には起こるようだけれど。ある程度自分でぐっとスイッチが入れられるようになるといいんだけどね。

by an-dan-te | 2008-12-15 20:49 | 高校受験

<< こじろうの国語、下げ止まりません 本番の緊張、吉と出るか凶と出るか >>