人気ブログランキング |

私も疲れてますんで   

「中学受験の失敗学」-志望校全滅には理由がある-を読みました。

ちなみに、子どもの中学受験がクライマックスにさしかかってる親が疲れているのはあたりまえのことで、なにしろ普段の生活だって元々ぱんぱんなところへ持ってきて、説明会だの面談だのテスト送迎だの写真撮影だの、用事は増えるばっかりで、子どもの勉強態度だって成績だっていつも順風満帆とはいきやしません。白髪だって増えるってもんです。ある程度はしょうがないとして…

この本で言っている「ツカレ親」というのは、「中学受験に取りつかれ、暴走の末に疲れ果ててしまう親たち」のことだそうです。でもどこからがいったい暴走なんでしょうね?? 渦中にいる者としてはこの線を冷静に見極めるのは難しい。

多少は趣味的にのめりこまないと、こんな手間のかかる、お金もかかることはできないような気がします。つまり親も単に子どもにとっての「成果」だけを求めるのでは、なんかちょっと、お得感に乏しい。だからといって、子どもとはいえ別の人間の問題に、親がのめりこんじゃったら、まぁ間違いなくツカレますね。

自分のことを(現在できる範囲で)冷静に考えてみると、この本で取り上げられているような
・塾/個別/家庭教師とことん押し込み過密スケジュール
・子どもの偏差値をはるかに上回る学校ばかり並べる
などの条件にはあてはまらないとしても、子どもの勉強に介入している(スケジュールを仕切る/内容をお膳立てする)だけでも十分、「ツカレ親」の素質は備えていると思います。

つまり、結果的に子どもが全落ちするとか、利き腕を骨折したとか、あるいは直前に翻意して「ボクは公立に行く」といいだしたとか…そういう場合にこれまでの投資(お金と手間)についてどう感じるのか。

「公立中に行くことになっても、これまでの中学受験勉強で学んだことは無駄にならないはずだ」と割り切れるか、って聞かれれば、やっぱりそんな簡単なもんじゃないです。

ありていにいって、7割くらいは無駄じゃなかったと思うし、やっぱり3割くらいは無駄になってる気がします。7割の中身で、一番大きいのはこじろうが日本語を読んで書いて話せるようになっったこと。それから、勉強の仕方や集中やテストの受け方や、そんなことが中学生になる前につかめたこと。中学を受けないにしてもこの投資はすべきだったと思う。

でも、3割くらいは違います。生活リズムが乱れたり、親が疲れたりツカレたり、小学生生活を十分楽しむための時間が圧迫されすぎることなど、やっぱりどう考えても、ここで中学に受からないとモトを取れないほど「つぎこんでる」感じがします。

私自身が中学を全落ちしたときのことを振り返ると、原因は
・滑り止め校を受けていなかったこと
・志望校対策をほとんどやっていなかったこと(そういう概念が自分の中になかった)
だと思います。滑り止めを受けなかったのは、「そこでなければ公立中に行こう」ということで親子で合意していたからなので、一見問題がなさそうですが…

実際に落ちたときの気持ちは、そんなもんではありませんでした。結局のところ、12歳の子どもが「そこ受からなかったら公立いくから」なんて口ではいっても、その気持ちはあてにならないんじゃないでしょうか。それは、どこかできっと、「そうはいったって受かるよ」みたいな気持ちがあるからで、本当に落ちたときのことが想像できてなかったんですね。

こじろうの受験に関しては、いちおうその教訓を生かして、滑り止めを入れて、志望校対策をしっかりやって、健康に気をつけて、あとはなるべくたんたんと当日を待ちます。それでもやっぱりツカレますけど、人生そういうフェーズもあるってことで。

by an-dan-te | 2008-11-30 18:59 | 中学受験 | Comments(5)

Commented by つるかめ at 2008-11-30 20:45 x
いつも元気なアンダンテさんから疲れとか白髪とかは似合わないと
思ってましたけど、
受験間近の子を持つ(しかもアンダンテさんはW!)親の漠然とした言いようのない不安感が伝わりました。。。
いつもなら、センター模試の皮算用をちゃちゃっとやる母ですが
今日は、何回目か外部模試で慣れてきたのか、お天気だったのに
帰宅してから疲れを感じ爆睡した母でした。
残された日々は、ハッパをかけるより体調管理といかに子が良い気分で
当日を迎えられるかですね。お互いがんばりましょう♪
Commented by メゾフォルテ at 2008-11-30 22:57 x
アンダンテ様

一人でも大変なのに、お二人の進行を着々と進められていて、敬服致します。
そう、私も大学(現役)の時、滑り止めなくて浪人覚悟で行ったは良いが、落ちたその時の心境は20年以上経た今でも鮮明に覚えていて、思い出す度にぞっとします。
昨年知り合いのママが、お子さん超強気の受験体制を取り、併願校の文句(というか悪口に近いもの)を言っていました。
ママ本人はエスカレーターで2教科中学受験(=ハードでない受験)→エスカレーターで大学でしたので、「あんなこと言わないほうがよいのにな~試験は水物なのに。。。」と思っていました。
結局、その文句を言っていた併願校に、通われています。
うちはまだ併願校(安全校)迷っていて、色々な順列・組み合わせで毎日考えています。CとかPとか。。。
そして、追い込みの今なお安定しない成績の豚児のために、未だ説明会に通い続ける「疲れ」親です。どうぞ、こんな子でも、親が引いたラインのところまでの受験校様、拾って下さいますように、、という心境です。
そして、こんな都合の良い時だけ、ヨハネによる福音書、ルカ、マルコ、、、全く思い出せないですが、時々検索してみる母でした。
Commented by an-dan-te at 2008-11-30 23:51
つるかめさん、
そうなんです、漠然とした不安…
もしかしたら子どもの中学受験も、一度目と二度目は違うかなって気もするんです。一度目の陣痛と二度目が違うみたいに(どうなってどうなるか実感してると不安が少ない)。

> お互いがんばりましょう♪
ありがとうございますっ(^-^)

あぁ今日はセンターでしたね。こじろうは、算・理・社に関してはちゃちゃっと自己採点をしていましたが、国については「玉砕…」としか語りませんでした(笑)

やっぱり、一科目は「やっちゃう」の法則にのっとってる??
Commented by an-dan-te at 2008-12-01 00:00
メゾフォルテさん、
CとかPとかですか(^^;;
すると結構なバラエティーになっちゃって、考えるのがたいへんですよね。

大学受験のとき、「試験は水物」が身にしみている私はほんとに慎重に足元を固めました。

中学受験の失敗も、長い目で見たらけっこう悪くはないと実感しているくせに、当面はそんな広い心になれないもんです(笑)
Commented at 2008-12-07 21:03 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。

<< どんだけー!? のこじろう国語 調査書作成依頼書っていうのがあります >>