人気ブログランキング |

テストのテクニック、こじろうへの遺伝   

とりあえず、またろうに身につけてほしい「テストのテクニック」って…

・制限時間内で、得点を最大にするよう、取れるところから解いていく。
・選択肢のあるものなら、ぜんぜんわからなくても何か書いておく。

とかかな。まずは。このあたりはほとんど、「テクニック」というほどのものじゃなくって、日常の段取りくらいの難易度だ。こじろうはわりと上手にやっているようだが、またろうは極端に苦手。時間感覚がないこと、点数に対する貪欲さがないことが拍車をかける。

またろうが、こんな程度のこともできてないのにI塾テストならそこそこ取れていたのは、テスト問題がたいてい難易度順に並んでるから。あれでよけい、工夫なく頭から解いていく癖がついてしまったともいえる。

あと、一歩進めて、自分が「うっかり」しやすい条件を知り、具体的に対策をする、っていうことができればなおよい。イコールの後に、変形した文字式を書いたら、終わる瞬間に、直前の式に目を走らせてプラマイチェック、とか、概算で想像してみて桁違いでないか確認する、とか、文頭の大文字よーし、文末のピリオドよーし、って指差し確認とか。

どういうふうに力を入れればミスが防げるかは、自分のテスト結果との冷静な対話から学ぶしかない。またろうにはちょっと難しいかね…。こじろうもまだ修行が足りない。


私がとりわけ得意だという「テストのテクニック」は、こういう次元のものではない。

例1: 理系受験者が文系の国語にチャレンジ、の巻
私は大学受験のとき、第三志望として、第二志望(理工学部)と同じ大学の文学部を受けた。
#なんと、節操のない…

過去問は開いたこともないまま、「国語なら得意だし」くらいの軽い気持ちで問題用紙を開くと、まぁ現代文はふつう。理系も文系もあまり関係ない。次が文学史。。これは、まったく覚えてないので選択肢のニオイでさくっと済ませる。ここまではいいとして…

古文。源氏物語の一部かなんか、主語が明示されず綿々と続く文章で、さっぱり意味不明。これは困ったなと思ったが、設問を見ると最初が「登場人物は何人ですか」。それから後の設問は忘れたが、設問の視点を借りると、急に霧が晴れたように読み解けて、本文も答えもすっきりはっきり。

漢文。驚いたことに、白文だ。ここが理系の国語(返り点あり)との違いなのね。それにしてもまったく読めないぞ。と、思ったが、これまた設問を見ると、その答えだけはさーっとわかってしまう。

例2: 大学の定期テスト(まるきりわからない数学)
大学に入ってからの、数学のテスト。私は、高校のころもそんなに数学が得意じゃなかったけど、大学での数学は暗号並みで、いまだに、何を教わっていたのかさえわからない。それでも、単位を落としたことはない。

どうやっていたかというと、人脈で過去問を入手し、また別の人脈でそれを解いてもらい、前夜ひたすらその解答の流れに身を任せ、じっくり味わう。書いてみる。するとアラ不思議、翌日はその類題だけなんとなく解けるのだ。まったく理解してないので、このあやふやなスキルは24時間限定。

いつでも私は、自分が理解している度合いと、テストで取った点の乖離が誰よりも大きいという自信があった。とにかく、設問の群れを包む空気をふとつかんで、過去に目にした模範解答の精に一瞬だけ舞い降りてもらうみたいな解き方(なんじゃそりゃ)。


こじろうはこの「血」を受け継いでいるらしく、非常に浅い理解のまま、きれいに点が取れることがある。すごくかすかな手がかり、本質的な理解でない、迷信に近いような部分をうまく利用しているんだと思う。だからちょっとひねられたり、ある線を越えて難しくなるとお手上げだったりする。

でも、「嘘でも」解けるというレベルで何度か繰り返していると、ある日、突然本物の理解になることがある。そうやって、こじろうは日本語その他を習得してきた。発達検査のときに「具体に弱く、抽象に強い」という不思議な結果が出たが、だからこそ可能な(必要な)学習パスなのだろう。経験上、このパスは文法習得(現代文、古文、英文問わず)にはとりわけ有効。

私はテストテクニックを持っていて、とてもよかったと思っている。そういう勘は今の仕事にも非常に役立っている。でも言語能力の裏打ちがないとほんとにまったく役に立たないものになるような気がするんだけど…こじろうは、日本語苦手ってところが、私と違うところである。今後どうなっていくんだろう??

f0185839_15515627.gif
「はなひめ」 またろう画

by an-dan-te | 2008-11-27 15:52 | 大学受験

<< 今日から特別カリキュラムだそうだ 中学受験VS高校受験 >>