日暮れて道遠し   

終わった…またろうの定期テスト、惨敗。。

今回、「またろうにしては」がんばってたと思うし、私もできる範囲でサポートした。これまで、定期テスト中でも塾は休まなかった(どうせ休んだからといってその分勉強しないから)が、今回は火、木と塾を休んで臨んだ。しかし。

(以下すべて本人申告)
まぁまぁできた: 数学、理科、技術家庭
覚えていなかったところが出た: 音楽
ふだんほど「は」ひどくないかも: 社会
覚えてないところがほとんどだった: 体育
時間不足で半分近く白紙!?: 英語
しんだ: 国語

まだ採点されたわけじゃないが、およそで希望的観測を出しても…一学期と同じか、やや悪いくらいでしょうか。

試験範囲のプリントは見てテコ入れしたのだけど、体育は「ハンドボールのルール」としか情報がなく、あとは「総合問題」。総合ってなんだよ~
結局、反則とか線の名前とかは必死で覚えてったけど、ハンドボールは「大問5つのうち1つだった」とのことで、あとは「(オリンピックの問題の)北島しかわからなかった…(-_-;;」
それっていったい何点のこと??(o_o;;

ほんとうは、授業中にそれとなく出す問題のヒントを出してくれてたりするのかもしれないが、そればっかりは本人が聞いてこないとどうしようもない。

あと痛恨のミスは技術のノート提出。ちょうど、三者面談の日にその情報が黒板に貼ってあって、家に帰ってから埋めて提出の準備はした(そこまでは私も見た)。それで、提出したものとばかり思っていたが、実は出してなくて「だって見つからなかったんだもん」…ということが発覚したのが既にテスト前夜。
#母が探したら一分で見つかった…またろうの机の山の中から

いちおう先生のところには持っていって「いちおう参考として受け取っておくよ」といってもらったとか…それって、ダメじゃん。

またろうが中学受験する選択肢は事実上なかったけれども、公立中学に進学するにあたって、一番頭が痛かったのが内申の問題。その後、
・先生の話を聞く
・ノートを取る
・提出物が何でいつかを知る
・提出物を出す
といった苦手オンパレードについては徐々に徐々にできるようになってきて、三年生になった今では長足の進歩を遂げたものの、まぁまだずいぶん届かなかったなという感じは否めない。

はぁ…ともかく推薦受験の目は完璧になくなったな…
いや、期待してたわけじゃないけどさ。

でもこれで、内申に左右される部分は終わったんだ。
あとは、当日の試験に向けて邁進するだけ。ずいぶん、わかりやすくなったし、やりやすくなったと思わない?? そう、あとは本人のヤル気次第だよ~orz
[PR]

by an-dan-te | 2008-11-21 20:39 | 高校受験

<< 文法機能搭載準備中 偏差値30からの…ネイティブ・... >>