はじめての他流試合   

たいてい、こじろうの日曜日は「午前日特-午後テスト」と、お弁当持ちで塾だけど、今日は日特お休み。

逆に、いつもはのんびりした日曜日を過ごしているまたろうが、テストの日なので朝から塾。

またろうと私だけで朝ごはんを食べ終わったあと、またろうに「朝定食(漢字・英長文・ベートレ)」が済んだら出発まではテレビつけていいよと誘って、またろうにしては超速で定食を済ませ、テレビをつけたらようやくこじろう登場。

それで何にもしないうちにこじろうはまず便乗テレビ(^^;; またろうが出発してからゆっくり朝ごはんを食べて、「たまにはこういう休日がなくっちゃね~今日の午前は毎日分(計算漢字語句再チャ)だけでいいでしょ(*^-^*)」とこじろう。まぁ~気持ちはわかるんだけどね。でも。

ごはんが終わって、しっかりふとんに戻ってくるまって、「もふもふ~」を楽しんでいるこじろうに、「ものは相談だけど」と母。「今日の夜は外食にしたいんだ (こじろうは外食が大好き)。だから、テスト直しが夜勉強 (9~10時)にもつれこんでもいいように、メモチェは午前にやっといて。あと、今日のカリテの社会暗記も」

「…うーん…わかった」。リーズナブル(?)に攻められるとヨワいこじろう、時間の計算にかかる。「11:45に出るとして、昼ごはんは11:30に食べ始めるでしょ。早いな~。毎日分と、それから…じゃ、9時に始めるから」と、活動開始時刻を宣言。宣言されたら母もあっさり引き下がってふとんからは引きずり出さないのがお約束。

昨日は、こじろうにとって初の「他流試合」。W塾の「そっくり模試」みたいのを受けにいったのだ。これまで、(スケジュールが)混乱するから一度もN以外の塾のテストを受けに行ったことはなかった。YとかSとか気にはなったんだけど、土も日もスケジュールいっぱいだから押し込みにくい。

だから、土曜日の午前中、塾も学校もないときにある模試で、しかもたまたま翌日は日特が休みというのはほんとに絶好のチャンスだった。

しかも、W塾のテストは、ちゃんとこじろうの第一志望校に合わせた時間区切り、出題傾向、問題用紙解答用紙を使って、その学校を目指す子ばっかり集めて、「本番ぽさ」を演出してくれている。ちょうど気づいて申し込めてよかった。

けど、「本番ぽい」だけで別に本番じゃないので、電車が遅れて滑り込み会場入りだったにもかかわらず、緊張したりとかはなかったそうだ。練習になっているのかどうか??

ま、結果は別だけどね~
(結果が悪いと、ゲン直しに二回目も受けにいくハメになるかも??)
[PR]

by an-dan-te | 2008-10-26 09:19 | 中学受験

<< 併願面談ふたたび -こじろうの場合 手続き関連一覧表作成 -こじろ... >>