人気ブログランキング |

手続き関連一覧表作成 -こじろうの場合   

先日、「ぎっしりの手帳と夫婦の役割分担」で宣言したとおり、一覧表の作成をしました。

各学校の
・試験日
・説明会日程
・願書入手済み(y/n)
・写真サイズ
・報告書(要/不要)
・出願期間
・願書提出方法
・発表日時
・手続き締め切り
・R4偏差値
・志望順位
を記入。これでやっと頭の中がすっきり(^-^)

まだ空欄が多い。ってか、あと5つも説明会いかないといけないのか(o_o)
報告書いるところが少ないといいけど (わかってる中では1校)
2/2って、超絶の忙しさ!! (午前午後受けつつ発表も見つつ)

それよりなにより。この表が10行(つまり10校)あること自体か気が遠くなるんですけど~

塾のおっしゃるとおり一月受験を三校いれて。
早いうちに合格をひとつは確保できるように、2日に午後受験をいれて。
落ち続けた場合の2/6分までいれるとなると。

10校受け続けるのって異常な気がする。
でも、2/1~2/3は風邪で寝込んでました、という事態もないとはいえないし、そうしたら2/4~2/6に賭けるしかないんだから、準備はしないわけにもいかない。

ぜひ、2/1でバシッと決めてください >こじろう

ところで、志望順位とR4をまとめたらこんな感じだった (R4は本人の年間平均偏差値を基準に書きました)。志望順位は迷っているところもあるけど、とりあえずエイヤで記入。

第一 -2
第二 +2
第三 0
第四 -8
第五 -2
第六 -11
第七 -10
第八 -5

一番難しいのが第二志望。その後もけっこうばらばら。第五くらいまでで決めてくれるとうれしいけど。実は第三と第五はR4も低くない上に、問題相性が悪いので、行く(行ける)可能性は低いです。逆に、第四と第六は、行く可能性がかなり高そう。

第九と第十がないのは、行く気がないから(1月校のうち2つ)。行く気がないところはさすがに1校でいいんじゃないだろうか…受験産業に踊らされている感じがします。

by an-dan-te | 2008-10-25 11:05 | 中学受験

<< はじめての他流試合 新五年入塾、その前に >>