人気ブログランキング |

紙・紙・紙   

我が家は今、紙の洪水の中で暮らしている。

もともと、家族五人にまつわる紙の種類と量は、はんぱじゃない。学校だより、保護者会のお知らせ・名簿などなど学校関係。入所の手続きや行事のお知らせなど学童関係。楽譜(本としてまとまってもるものだけでなく、プリントアウト含む)。やたらパソコンやAV機器が並んでる家なので保証書・説明書・コピー用紙・写真用紙などなど。本、雑誌、通販カタログ…

そして、ものの片付けが異様に苦手な人が数名。十分な収納場所の確保ができない公団間取りのマンション。悪条件が重なり、相当すでに溢れていたところへ…ざっぱ~ん!! 大~きな波がやってきた!! 塾関係の紙の群れである。

N塾でいうと、本科テキスト・栄冠への道(演習)・ノート・資料集・時間割やお知らせのプリント、そして毎週溜まりに溜まるテスト。I塾のほうは、ホームタスクなど、まとまった形態をしているものの厚さは意外に少ないが、毎回の授業ではプリントが配布されるため、混迷の度合いは深まるばかり。

またろうとこじろうは、狭い一室を共同で使っているため、二段ベッドと机を二台置くと余分のスペースはほとんどない。机についてる棚はすでに学校関係物品でいっぱいで、Nの膨大な紙類を置くスペースはどうやってもとれないし、こじろうはリビングで勉強することが多いので、いきおい、あらかたのものがリビングに定住地を求めてさまようことになる。

リビングとキッチンの境のカウンター下を改造して、棚を確保したのが数年前。ここの、雑誌などを入れていた棚を思い切って二段(二段のカラーボックス1つ程度相当)空けて、N棚と命名。これだけ空けたのに、テキスト類とノート、資料集など、現在使っているものだけで満杯。古いテキストその他はこども部屋のベッド下などに押し込む。

ようやく片付いたと思ったところへ、赤本・銀本が押し寄せてきて大ピンチ。床に適当に積んでおいたら、つまづいて転んだはなひめから苦情が出た(もっともだ)。

膨大なテスト類は、カリテとセンターで大別して手提げ付き紙袋に時系列で押し込み、テレビ脇に床置きしてある。そこへ、学校説明会でもらったパンフの束が一袋加わった。

この膨大な紙類の中で、今すぐに必要なもの - 丸付けするもの/したものや、毎日やる漢字語句ノート、個人宛郵便物など - が埋もれないように、各自の書類トレイをリビングボード上に設置した。これは非常に便利なのだが、見た目はとても悪いし、「とりあえず」がすぐ溜まってあふれ出すのはご存知のとおり。

昨日、お客様が来るので少しは片付けようと思ってリビングを見渡したが、すぐに無力感に襲われて萎えてしまった。…だめだ、どこから手をつけていいかわからない。
というわけで、そのままお迎えしてしまいましたが > Iさんごめん

中学受験が終わり、出しっぱなしの紙袋がなくなる日を私は心待ちにしている!!
Nの「過去問」を取っておいて弟妹のときに使うという話も出ていたが、とんでもない。私はそんな、洪水の二乗には決して耐えられないだろう。

塾関係の紙類を捨てまくって…そして花を飾るの。。
あぁ、待ち遠しい~

by an-dan-te | 2008-10-06 09:23 | 生活

<< アップダウンと科目間格差 -こ... クラス替えラプソディー -こじ... >>