中学受験トラウマ   

私もよしぞうも中学受験経験者だが、それで得たものはだいぶ違う。

私は、女子御三家最難関を受けて落ち、公立中に進学した。滑り止めは受けてなかった。滑り止めとはまったくいえない、倍率からいっても宝くじみたいな学校(K)を受けて落ち、国立には3校くらい抽選で落ちた。

当時最大手のYに通っていて、合不合予備から合不合テストすべて、それに毎週のテストすべてにおいて、合格ライン(8割)の目安より下を取ったことはない。それでも落ちた。

よしぞうは、男子御三家最難関を受けて落ち、国立の男子最難関は通った。どうせ進学できる学校は1つなんだし、結果オーライ。塾のテスト判定では、まぁ落ちても受かっても不思議はない程度、8割ラインとかはとらなかったらしい。

私はそのあと、半年経ったところで女子御三家の別の学校の欠員募集に拾われ、5年半快適に過ごしたのち、大学ではよしぞうと出会って053.gif今に至るわけで、中学受験に落ちても人生別に困りゃしない(これまた結果オーライ)、とは思うものの、「やっぱり中学受験て結局よくわかんない」感がいまだにつきまとう。

夫のほうは、このあとも、大学受験、学科の振り分け、進学、卒業とすべてにおいて、絶体絶命の状況に自分を追い込みつつ(^^;; 気合と運ですべてクリア、「奇跡の人」の名をほしいままにするのだ。
#いや、勢いをだいじにするのはいいけど、そこまで危なくなるまでほっとかなくても。

そういった体験の違いが考え方の違いとして表れるもので、子どもの勉強やら受験やらについても、夫婦の考え方はなんだかだで微妙に衝突する。

* * *

それにしても、昔の中学受験は今とずいぶん違う。親は塾の月謝払うだけで勉強の中身は一切ノータッチだったし(ピアノの先生だからわからなかったというのもある)、学校選びは個性もへったくれもなく偏差値表みて「ここがいいわネ」…私は、受験当日初めて学校の実物を見た(笑)し、実際のところどんな学校かもほとんど知らなかった。併願校もなし。

ここまでいい加減なのはうちだけだったかもしれないけど。
[PR]

by an-dan-te | 2008-10-01 07:19 | 中学受験

<< 時間感覚 週スケジュール >>