人気ブログランキング |

併願面談   

Nで行われる「併願面談」なるものは、他教室から応援の先生が来てずらりと一斉に行われる。ふだん、子どものことを直接知っている先生が対応するわけではないため、データを見て冷徹に(^^;; アドバイスされ、毎年泣いて帰る母が数名いるとか…そんな怖い噂を聞いていたので、我が家では安全のため(?)よしぞうを派遣しました。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ←データから見てドライにアドバイスする場
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

以下、よしぞう談:

・いつもの校舎ではないけど、学校別日特でお世話になっている校舎の先生だったので、こじろうの「人となり」は知っていた。
・二月一日の第一希望は、十分圏内なのでここをなるべく確実にしていきましょうと言われた。
[提案その1] そのためにも、一月の「お試し受験」は三校に増やすようにとのこと。第一志望校と近いランクのものを二校と、安全校一校を、「V字」に配置して。
[提案その2] 第二志望校を二回受けられるようにするため、二日に予定している「おさえ校」をやめ、その代わりに一日午後でひとつおさえるという手もある。
[提案その3] または、現在の予定
一日「本命」→二日「おさえ」→三日「本命受かってたら終了/おさえ受かってたらやや強気校/落ちてたらやや安全校」のダブル出願
のうちで、「落ちてたらやや安全校」をなくすため、二日午後受験をいれてがっちりおさえる。

一月の考え方はいろいろあるんだろうけど、三つって多くないですかねー。なにしろ遠いんだから疲れるし、時間もかかるしね。うちは、一つか、せいぜい二つを考えていました。

行く気がないのに受けるのは学校に対して後ろめたいという人もいるかもしれないが、受験料もらっていちおう先方もモトが取れてるだろうし、人数的には例年からいって読めてれば困らないだろうから、そこは割り切ることにするとしても。

そういえば、いつもの校舎の室長さんは、同じく三校の一月受験を、逆Vにする提案をしてました。実力相応校→実力不相応校(一回は落ちる経験!)→安全校(ここで気を取り直す)、というわけ。受かりっぱなしじゃゆるんじゃう子もいれば、一度落ちたらびびって立ち直れない子もいるので、性格に合わせて様々とのことでした。

こじろうはどのタイプかね??


ともかく、一月受験や、午後受験として提示された学校は、これまでまったく調べてないところなので、まずは調べてみないと。この先、親もだんだん忙しいらしい…と人ごとのように言ってみる。

by an-dan-te | 2008-09-23 09:18 | 中学受験

<< 修学旅行 授業態度 >>