人気ブログランキング |

授業態度   

今日はまたろうの学校の参観日。

一日いつでもお越しくださいということなので、またろうが最も苦手とするところの「社会」をピンポイントで見に行くことにする。

教室を覗くと、またろうは最前列真ん中。特等席である。なんでも、他の席だと気が散りやすくて遊んじゃうからということで自ら希望したらしい。すばらしい成長である。

今日の社会は、「公民」で、選挙や国会のところ。何しろ、時事ネタでもあるので先生は張り切っていらっしゃるようで:

「今日は何の日かわかる?」
ってところから入る。自民党総裁選挙。なんで総裁選挙が大事なのかといえば、それがほぼ自動的に総理大臣になれるから。そこから入って、与党と野党、衆議院と参議院、選挙の原則といったところまで、なかなかまとまりよく熱弁をふるっていた。

そのわりに生徒たちの反応はいまひとつ…静かではあるのだが、低調な感じ。

さて肝心のまたろうであるが、「とにかく社会がんばらないとな」とは思っている。いつも、思っている。第一志望校の推薦を受験するための条件クリア(9教科平均4以上)は客観的にみてほぼ絶望的とはいうものの、もし少しでも目があるとすれば、この社会をどうにかなんとかした場合だ。それはよーくわかっている。

だから、先生の話は聞いている。それは母の目にもわかる。話を理解しようとしている。プリントへの記入もしようとしている。が、姿勢が崩れてきて、べちゃー、だらーり。

また起きて、まじめに聞いたり、記入もしたり、そんでもってはさみ(なぜはさみ?)を取り出してもて遊び、さかむけを切ったり、はさみを手放しても鉛筆をいじったり、手いたずらはやまない。

またろうは、体全体の動きでいうと「静か」だが、細かくいうと「無駄な動きが多く」姿勢も崩れやすい。むしろ本人的に「集中」するためには手の「遊び」があるほうがよいらしく、母はこれまでの膨大な経験から、今日のまたろうがせいいっぱい聴こうとしているのはわかる…しかし、傍から見たらあまりまじめに聞いているようには見えないのも確か。

家に帰ってから、「今日の感想はね。まじめに聞いてるなと思ったけど、態度は良いとはいえなかったね。」というと、またろう、「どんなところが??」

母「まず、はさみとかいたずらしてたところ。」
ま「あぁ…(心当たりあり)」
母「それから、ぐじゃーとかつぶれてたところ。」
ま「え、そんなことしてないよ。」
母「え??(こいつ、自覚ないのか??)」
ま「ちょっと寝そうになっただけだよ」
…それってやっぱりつっぷしたってことじゃないの??

観点別評価「意欲・関心・態度」アップの道は遠い。

--------
ところで、今日授業で聞いた話を、お父さんにも教えてあげたら? というと、またろうは「今日は総裁選挙だって…」などとぽつぽつ話すがどうもまとまりがない。念のため、「この場合、総裁って、何のリーダー??」と聞いたら、「えーと、衆議院??」ブブーッ。「…民主党かな??」ち、がーう。。orz

by an-dan-te | 2008-09-22 22:24 | 高校受験

<< 併願面談 お食事タイム >>