特別な日が来る   

今年もまた、この「特別な日」が来ます。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ←がんばれ中学受験生
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

もう自分の子どもの中学受験じゃなくなってずいぶん経ちますけど、
意味なく天気予報とか気になる、そんな日です。

こじろうも今年は「4人」中学受験の教え子を抱えているそうで、
2月1日朝はどの学校の応援に行くか迷っていました。
高校受験のほうはたいして緊張しないけれど
中学受験はどきどきなんですって。親でもわりとそうでしたが「先生」の立場でもそうなんだ?? 不思議なものです。

とにかく、みんなみんな、きちんと実力を答案に表現できて
幸せになれる学校におさまってほしい。

中学受験は「ゼロサムゲーム」ではありません。
似合った学校に全員おさまったら全員勝ちです。

念を送ります。

●こじろうの2月1日
ついにその日が」(よしぞうの本番道中記は記事のコメント欄に)

●はなひめの2月1日

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン

[PR]

by an-dan-te | 2018-01-30 22:37 | 中学受験 | Comments(1)

Commented by waki_t at 2018-02-08 10:05
アンダンテさん

この1月~2月上旬。様々な方のリアルタイムな受験ブログで悲喜こもごものドラマを読むにつれて、心を揺さぶられております。


さて、この度は沢山の遠隔コメントに一つ一つ丁寧なご返答を頂きありがとうございます。

行き詰っていた「算数」については、こちらのブログ・著書から納得を得て「計算と一行問題」を負担が無いように継続する、という作戦が、じわじわなのですが効果が出てきました。5週に1度の組分けテストの点数はまだ上がっていませんが問題用紙に書かれている立式や計算が、だんだん「算数」らしくなってきていて手ごたえを感じています。

塾の教材を使うのが一番無駄がない(宿題兼用)ので、Wアカの当方は四谷大塚の一行問題集「シリーズ計算」を大切にしています。
1枚10分切る様になりました。(以前は30分かかるときも・・)
書き間違いや写し間違いがまだ散見されるのが玉に瑕ですが・・。

ただし、この問題集は「その週の予習シリーズ単元に呼応した内容」なのでランダムにはなっていません。塾で単元ごとに宿題としては出なかったページから、一行文章題を、単元ランダムに再構成して(スキャナとWORD利用)、B5の紙に4問に纏めて、一日一枚に再構成したものを「復習プリント」にしてやってもらっています。

大切なのは
「この一枚は10分で終わる」って思わせ、負担感をなくすこと
やれば○がもらえて全問正解できるかも、って思わせ、やる気を出すこと
(ただし、簡単すぎると相手にはしてもらえないという事。)

さて、何かの本や雑誌を読んでいて、共通していた事がありました。

●女子は長期戦、スモールステップ。小さな喜びを積み重ねで自信をつける。
●少しずつ分かっていくと、ある時、霧が晴れる

拙宅の娘にはこれが当てはまりそうだと思います。
努力する子なので、長い目(といってもあと2年を切りましたが)で見ていきたいと思います。

その他についても、アンダンテさんのブログに大変助けられ、勇気を得ました。
少しずつ山登りしていきたいと思います。

ありがとうございました。

<< ■■だんだんと中受日記インデックス 入試の採点ミスに思うこと(大阪... >>