中学受験で子どもが歪む?   

HN「あおいとり」さんとのコメント往復をしていてふと思ったのですが、
この話で出ている「受験算数の難しさ」に限らず、

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ←夏休み、元気に過ごしてる?
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

勉強量の多さであったり、
夜遅くにシフトしがちな生活であったり、

中学受験勉強(もしくはその生活)が子ども(もしくは小学校生活)を歪ませるという意見・懸念はよくあります。
私はそのような意見に対してあまりピンと来ないことが多いのですが、
(我が家に関しては「やってよかった中学受験」としか思わないので)

でもそのような危険が本質的にあるということは理解できます。

それは、この年齢の子どもが、親の強制力が効きやすい年代にあるからで、
親か意識的に、または無意識的に、無茶に誘導することがしやすいからです。
また、親が「子どものためを思って」暴走しやすい構造があるからです。

話を「ピアノ」に変えてみたらわかりやすいかと思うのですが、
ピアニストに育てようと思ったら、
「『本人のやる気』や『本人の向き不向き』がわかるまで待っていたら遅いです」
(私が前に桐朋子どものための音楽教室のコンサートに行ったときにそこのエライ人が言ってたこと)
という事情があるため、
「親御さんが決めて、音楽環境をお子さんにプレゼントしてあげるというものなのです」
ってことで、その道に入るならば親主導でものすごい時間と熱意を音楽方面につっこむことになります。

幼いころからの「音楽環境」がなくてはピアニストになれないのはもちろんですが、
幼いころからの「音楽環境」があればピアニストになれるってものではもちろんないので、

子どもの状況を見ながら賢く撤退または趣味シフトができないと困ります。
どう困るかっていうと、子どもがつぶれます。音楽の道でも食えないし音楽以外のことはしてなし…

そうやってつぶすのは虐待といってもよいですが、
同じことをしたらそれが虐待どころかピタリとハマって、才能が開花する場合も(稀に)あるわけですね。

でもピアノをやらせて数年経ったら嫌でもわかると思うんですよ、ほんとは…
「ピアニストの線はないな」って。
でも、音楽を楽しむことはその人の素質に応じてどんなレベルでもできるでしょう?
方向転換して趣味で楽しむ音楽を学んでいくことはできます。そのときに、幼いころたっぷりふれた音楽的環境は、楽しむための素養となってその人の人生の支えのひとつになります。
しかも「ピアノをやらせて数年経った」ところでまだ若い(というか小学校低学年か?)のでそれから何でもできますからね。

中学受験でいえば、開成に行くんだって、灘に行くんだって、ピアニストほど狭い話じゃないですが、
それにしても向き不向きってのは当然あります。

向いてないレベル、傾向のところに押し込むことが至上命題になったらそりゃ、歪ませたりつぶしたりすることもあるでしょうが、

無理のない内容と量の勉強、将来への種まきになってそこからすくすく育って行くような学び、その範囲でできる準備をして似合いの学校に入れればいいことです。子どもを歪めて入れる開成より絶対高い価値があります。
(別に歪ませりゃ開成に行けるとも限りませんし!! ってかその可能性はウスい)

入試問題を見て、こんなのを解けるように勉強させるのは子どもを歪ませると思うならば、そりゃやめておきましょう。もちろんです。
ただ、おそらくですが歪んだ子どもを取りたいと思って組まれている入試ではない以上、そういうのが(無理なく)解けるようになる子を取りたいと思ってその入試をやってるんでしょうね。それはそれで、よその話と思ってほっとけばいいことです。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン
[PR]

by an-dan-te | 2016-09-04 10:23 | 中学受験

<< モチベーションの保ち方(アクセ... 家庭での学習はどうするか(アク... >>