人気ブログランキング |

耐えられない遅さからの脱却   

はなひめ五年生の五月の記事に「四教科、勉強時間の配分」というのがある。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ←一日24時間、皆に平等とはいうけれど、使いではだいぶ違う
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

これ、日能研の先生が算数・国語・理科・社会と揃ってパネルディスカッション風に並び
「週に10時間の家庭学習をする子がいたら、四教科にどんな時間配分したらよいか」
という分捕り合戦をさせたもので、なかなか興味深いんだけれども、ここでの結論は

算数に5時間
国語に3時間
理科・社会に各1時間

となっている。とにかく、この時期は算数を丁寧にやっといてほしいので、そのためには理社の先生も譲らざるを得ないということなのだけれど、この配分の前提は

週一時間の理科で「栄冠への道、オプ活、答え合わせ+直し、カリテ前日暗記チェック」ができる
というものである。

この前提がどうにも成り立っていないゆっくりさんは、この話をそのとおり受け取ることができない。とはいえ、なにしろゆっくりさんであるからしてだいたい生活もゆっくりのんびりしてたりして、食事をしてもお風呂に入っても歯を磨いても歩いてもゆっくりってことになると、生活全体で時間が足りなくなるので、勉強時間を長くしてつじつまを合わせる(推奨の分量の勉強を済ませる)ということができない。

それではなひめの受験のときはどうしたかというと、本人のテンポでこなせる分量に課題を切り詰め、ということはつまりほとんど基本に絞り、それで繰り返すことによって定着を図り、定着した暁にはそれなりの速度が出てくるのを待つという、悠長というか丁寧な方法をとったわけだ。

実際、こんなんで間に合うのかいなと心配になるようなところまで、難易度も分量も絞ったものを丁寧に積み重ねていくと、あるところで急にまともなスピードが出てきて(*)、入試本番には間に合ったからいいっちゃいいんだけれど、

今の私はこのときと微妙に違う考えを持っている。

ひとつは、基本を塗り重ねていくとどこかで急に話がつながって、速度と正確性が向上し、その勢いでわりと応用も効いてしまうというのははなひめの特性にすぎず、ふつうはそこまで極端じゃない(と思われる)こと。

それと、課題をやっているときに、特に横道に逸れているのでなくても(またろうが勉強してるときとかは、そもそも勉強していないというか、ふぉんふぉんUFOがきて交信していることが多いので、あれは遅いというより逸れている)、ハエが止まって卵を産んでふ化しそうなほど遅いっていうのは、確かに能力というか性質というか、必然からそうなっているんだけど、

全部が「能力」「性質」の問題ではない。

一部「習慣」の問題である、と。ゆっくりゆっくり時間をかけて思考をなぞるというか、それが習慣になってしまって、速くすることができないんだけれど、それは必ずしも速くする能力からないわけではない、ようなんです。

だから、急には無理なのでほんの短い時間(5分とか)から始めて、時間を区切って、その中だけは集中してスピードを持って処理するという練習をしていくといいかもしれません。

そう思うと、計算と一行題を時間計って記録してやっていたのはよかった(少なくとも算数の速度向上には役立った)んですけど、もうちょっと他科目も含めて、勉強をするという行為自体短い時間に詰めてやることの練習を意識的にしてみたらよかったと思っています。

同じことが短い時間にできるなら、勉強時間を減らして遊んでもいいし、勉強内容を増やしてもいいわけで、選択肢が増えます。時間の組み立ても楽になりますし、学習(課題をこなす)基本スピードが上がっていれば中学生活もスムーズですね。

…ということに思い至ったのは、ポモドーロ・テクニックを参考に我が家で実践してみたりした結果なのですが、あと三年早く試してれば…ってちょっと思った(^^;;

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン

(*)…とはいえ、速くなるのは問題を解くことだけであって、別に生活ペースが速くなったわけではない。

by an-dan-te | 2016-05-25 21:10 | 中学受験

<< 数学得意なお父さんが教える算数 クラスアップがいいとは限らない >>