人気ブログランキング |

前期日特、迷いどころ   

日能研の六年カリキュラムがスタートするときは、日特をどうするか悩まれた方も多いのではないでしょうか。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ←疲れないスケジュールを、本気で組み立てる。
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

五年生も、ひたすら「時間がない!!」って感じだったと思いますが、
六年生も、さらに拘束時間が延びてこれじゃいつ勉強するのよって。

前期日特に行くメリット
・入試問題(複合的、応用的)に触れる
・親の憩いの時間ができる

前期日特に行くデメリット
・テスト直しなど家庭学習の時間が不足
・日曜日に早起きしなきゃいけない(^^;;

結論から先にいえば、こじろうはずっと通い、はなひめは最初試してすぐやめるという結果になりました。

過去記事
前期日特…とるんだ!?
初日特
前期日特あきらめました

結局のところ、何を基準に考えればいいかというと、一週間また一週間と経っていくときに、
「時間に追われて、やるべきことがやりきれていない」
と感じるのではなくて、
「やるべきことをきちんとこなして、一歩一歩前に進んでいる」
と感じられるようにするということです。

とにかくそう感じられることが大事で、実際にやっている「やるべきこと」の中身が、
よそ様より少なかろうが、宿題の指示から逸脱していようが、
そんなことは小さな問題です。

それぞれ、受験生本人+それをサポートする親にとってのキャパがありますから、
そのキャパにおさまるものを課題と認識する。

そしてそれはやりきる、ということです。

そうやって毎週まいしゅうを過ごしていくほうが、
疲労感はずっと少なく、そして
むしろこなせる課題の量(と質)は向上します。そういうもんなのです。

で、どうやって収めるかですけど…

【塾】
・クラスを下げる
・授業のうち、あまり生きていないところを欠席(はなひめなら、算数の二日目)
・日特を取らない

【家庭学習】
どうしても譲れない線(計算・一行題・漢字・語句、テスト直し)を除けば
どこもリストラ対象として検討する余地あり。「栄冠への道」でさえも。

【生活】
・勉強以外の時間を圧縮
・勉強を効率よくする

私の好みとしては、お風呂とかごはんとか爪切りとかの時間を少し短くして、
勉強ももっと1ページが短い時間で解き終わるようにしたらいいんじゃないかと思ったんですけど、

本人できない(したくない)んだからしかたありません。結局、親子で話し合った結果の落としどころが日特削る、だったのです。その他、「栄冠への道」の一部とかももちろん犠牲になってますけどね…

ともかく、「やりきれる分量」に整えた週サイクルをなるべく早く確立することが、この一年を乗り切る鍵となります。ここは、がんばりどころ!!

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン

by an-dan-te | 2016-02-08 18:43 | 中学受験

<< 答案用紙をヨムとわかること 習い事との両立は(アクセスラボ... >>