人気ブログランキング |

【五年生向け】つかの間の塾休みに   

六年生は…さぁいよいよです…

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ←受験学年、すっきりスタート!!
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

それで、2/1からの密度の濃い本番シーズン、塾の先生は出払ってしまうので、五年生以下はお休みになるところが多いのではないでしょうか。

この、つかの間の塾休みをどう活用するか…

五年生カリキュラムから、六年生カリキュラムに切り替わる区切りでもあります。

あぁ六年!! 受験学年!! 五年生でもこんなに忙しかったのに、これからどうなっちゃうんだろう、という不安があったりしませんか。

私も最初、そう思ったんですけど、二回の中学受験を経て思うことは、
「五年生より六年生のほうがラク」
です。

ラクというと語弊があるかもしれませんが…
精神的な負担はあるよね。いろいろ決めなきゃいけなかったり。

でも、勉強のことでいうと、五年の間は
どっかーん!! ばっしゃーーん!!
と、新しい単元、学習内容が次々と押し寄せてきて飲みこまれそうだったのに対して、

六年になったら、復習しながら演習して磨いていくだけです。
行けるとこまで深めればいいんです。

マイペースでいいというか、融通が利くんですよ。

特に、はなひめは新しい単元の飲みこみが悪くて(納得するまで超頑固に拒否体勢)
大変だったので(-_-;;

六年生だとそれに比較してずいぶん平らかに勉強することができました(^^;;

成績は、相対的なものだから上がる人も下がる人もいるだろうけど、
大雑把にいって、五年生の学習が噛み合ってちゃんと蓄積されてた人ならぽんと上がり、
その場しのぎしただけで定着してない人なら…こりゃ大変だ…

ということになります。

範囲のないテストになってくると、基礎だけでも全体がしっかりしてる子が断然有利です。

はなひめの算数が上がったのもこの学年切れ目でした。

つまり、数日の休みがあったら…
苦手科目の全体総復習(極薄でも)
がお奨め。

はなひめのときは地理復習でした。→過去記事: 地理ってどのくらい覚えてる?

ま、勉強の時間は普段より少なめにして、教材の大整理をしてスッキリするとかもいいと思います(^^)

六年カリキュラムが始まったら、しばらくは勉強ツメツメにするより、生活ペースを整えて週サイクルを確立することを重視すると吉です。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン

by an-dan-te | 2016-01-27 20:48 | 中学受験

<< 「入試会場に消えていく背中」のその後 本命校まであと一週間の心境 >>