人気ブログランキング |

東京・神奈川在住の場合の一月受験   

東京や神奈川あたりに住んでいる場合、本命校入試は二月ということがほとんどで、一月は実際問題通えない学校ばかりということもあります。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ←ひとつひとつの体験を生かして次へ
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

うちは、千葉はほんとに無理だけど、埼玉ならなんとか圏内のところもあり、こじろうもはなひめも一月入試の二回目は通うことを視野に入れた学校でした。

これはまだ恵まれているほうで、ほんとにまったく通えないところばかり受けることも多いと思います。

塾に言われてスケジュールに入れたけど、一月入試ってほんとに必要…!?
って疑問に思っている人もいるのでは。

お金もかかるし、時間もかかりますしね。
まだ、ふさがなきゃいけない「穴」もたくさんあるのに!!

こじろうのころなんてまだまだ中受バブルで、通える通えないに関わらず「3~4校受けろ!!」なんて塾では言ってまたから、今なんてずいぶん落ち着いたほうじゃないですか? 1校か2校とか。

こじろうのときもはなひめのときも、二校の一月入試を受けましたが、私はいずれも受けてよかったと思ったし、二校はまぁちょうどいいかなと思いました。何にちょうどいいかというと、本命の2/1に合格する可能性を最大化するという意味で。

もちろんうちの場合は、一月二校目に合格し「通える学校がある!!」という気持ちで2/1に臨めたというのが大きい(親にとっては特に)のですが、そうではなくても、いろいろと役に立つと思います。

これまで何度となく受けてきた模試は、当然のことながら入試を見据えた練習ではあるのですが、どうしても雰囲気や状況は本番と異なります。「ホンモノ」を体験して初めて気づくことがあり、2/1当日の安全性が増すのです。

それは、必要物品を揃えて時間どおり会場に到着して無事に受験をする、という面でもそうですし、
本人が試験時間中にきちんと実力を紙の上で発揮する、という面でもそうです。

こじろうの一月入試(一回目)
いよいよ初本番!!
KAIZENの日々

はなひめの一月入試(一回目)
しゅっぱつ!!
花道・保護者控え室

それに今年の入試を受けることで、今年の旬な問題(時事問題など)に触れることができますしね。
現実に、合格するかどうかというプレッシャーの中で解いた問題なので、
テスト直しもぐっと身が入って、得ることろが大きいと思います。

ふさがなきゃいけない「穴」の優先順位にも、より明確なイメージが持てたのでは?(^^)

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン

by an-dan-te | 2016-01-09 08:35 | 中学受験

<< 本命校まであと一週間の心境 親子バトルを減らす方法(アクセ... >>