人気ブログランキング |

「嫌ならやめてもいいのよ」という言葉   

子どもが、何か習い事をしている…とか、あるいは
子どもが、中学受験をしている…とかいうときに、

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ←言葉は時に、凶器になる

はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

それは親主導で始めたものだったりすることもあるでしょうけど、それでもやはり本人の自主性というか意思というか、そういうものがないと話が始まりません。
親が押し付けてたんじゃよくないですよね。

ということで、「嫌ならやめてもいいのよ」と親が言う、ということについてあなたはどう感じますか?

この「嫌ならやめてもいいのよ」というのは、親子の関係性、あるいはその活動の位置づけでまったく違った響きになると思います。

たとえば、何か試しに始めてみた習い事で、やってみたらばちょっと合わないかなぁという場合に言うとか。
あるいは、その習い事が合わないというより、先生が合わないかなという場合に言うとか。

これはちょっと方向転換したほうがいいかなぁ、ということを親も子も感じている、というときであれば、それは建設的な提案であって、それをきっかけに「そうだな、いったんやめるか?(別のところにかわるか?)」ということを具体的に検討すればいいですね。

でも、たとえばこういう場合…

たまたま、五島みどりが1987年に出てたテレビ番組をYouTubeで見たのですが、この中で「嫌だったらいつやめてもいいということを言うようにしている」というところがあったんです。

私はそれを聞いて、ひーーー怖いよぉ(o_o)、と思ったのですが、この番組を締めくくるコメンテーターは「この番組をご覧になっている方の中で、受験生をお持ちの方もたくさんいらっしゃるでしょうが、勉強が嫌だったら、やめていいとはっきりお子さんの前でいえる方が何人いるでしょうか」「お母さんののびのびした教育の中でみどりさんは…」などと言っていました。

アホか!? なに、イイ話風にまとめてるんだ!!

バイオリン以外のことは何でも母がやってあげる(口にごはんを運ぶとか)ようなバイオリン漬けの生活にして、バイオリンのために日本の生活や父を捨てて母子で渡米して、
そんな中で発せられる「やめていい」がどう受け止められるのか考えたことがありますか??

ほとんど、生きるのやめていいよと同義で、残酷な言葉です。どこにも行き場がありません。

いや、そんな大天才と比べるなって、そりゃもううちの子たちがどういうのびのび自由な育て方をしようが、逆に超~プレッシャーをかけようが、世界のMidoriになるわけじゃないので次元の違う話ですが。

なんだかんだで中学受験させようと決意して、四年生からとか塾に行かせて、勉強をすることができるようにあの手この手で段取りし声かけし、成績は上がったり下がったり一喜一憂、それで六年生まできたある日。勉強をしてるはずの時間にこっそりゲームしてたとかそんな理由でいきなりカーッとなって「嫌ならやめちゃいなさい」って、それ本心ですか。

本気でないことぐらいは子どもにだってわかります。親が実行できない脅しには意味がありません。信頼感を損ね、ほんとうに脅さなけりゃいけないときにはもう効果がなくなります。

「18:00までに宿題がここまで終わってなかったら外食に連れていかないよ」
とか、実行できる脅しならあまり害はないと思いますが(^^;;

あるいはもっと深刻な話で、もうあまりにも勉強しないので(あるいは、成績が上がらないので)子どもがやめたいんだったらやめさせようかというのが親としても本心の場合。

これはもうちょっとややこしい問題です。これが「残酷なひと刺し」にならないかどうかは、それまでその活動につぎ込んできた時間と、汗と涙とお金の重みにもよりますので。

私は、「嫌ならやめてもいいのよ」といったことはありません。この言葉をプラスに響かせるのは、難易度が高すぎて私にはできないと思うからです。やるからには、「嫌」でない範囲で勉強し、現在の小学校生活を犠牲にしない範囲の受験生活を送り、それできちんと成果(本人が充実の六年間を過ごせる学校に入学させる)を出したいのです。

だからうまくいかないときも、どうすればこの路線に乗せられるかを真剣に考えました。結果的に、「嫌ならやめてもいいのよ」といいたくなるような場面は現れませんでしたが、仮にそういう成行きになったときでも…

この言葉が、イコール、「生きるのやめてもいいのよ」という意味にまでなることはないように。
つまり、あまり中学受験しかないみたいな入れ込み方はしないと心掛けておくのが大事かと思います。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン

by an-dan-te | 2015-11-17 14:07 | 中学受験

<< 個別塾ってどうなんだろう りんこVSアンダンテ対談イベン... >>