人気ブログランキング |

教育虐待に陥らないためにこれだけは   

私が「追いつめる親」を読んでちょっとびっくりしたことのひとつは、(エピソードの中で)親の暴力がけっこう多かったこと。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ←子どもと親は別人格。要するにこれだけのことなんですけど
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

毎日のように殴るとか、熱いお茶をかけるとか(!)…

お茶かけると後始末がめんどくさくない?? ということはさておき、なんというか、私だって子どもたちの受験の世話をしていて感情的になったことがないなんて主張をするつもりはまったくないけれど、どんなに感情的になったときでも、殴ったりするという発想はなかった。

だって、たかが勉強でしょ?? 殴るようなことじゃないし…

教育熱心と教育虐待の境目は、自分では判断つけにくいってこともあるかもしれないけれど、少なくとも暴力が出てきたら行きすぎ。いくら勉強しなくても、点数が悪くても、命に係わるようなことじゃないし、人間として許されないってことでもないんだからね。

だから、その線はとにかくアウトっていうことでいいと思うんです。しかしもちろん、空気や言葉で真綿のように首を絞めることはできるので、暴力がなきゃOKというのはいえませんね。

(1) 子ども自身のために

この本の副題に
「あなたのため」は呪いの言葉
ってあるけど、「あなたのため」という言葉で親の勝手な願望をくくるから呪いになっちゃうわけで、
真に「あなたのため」を貫くべし、というのがものすごく重要なところだと思います。

子どもがどういう時期にどういう勉強をして、どういう学校へ行って…人生の幸せをつかむのかっていうこと。

理想像はいつでも、子ども自身から見えてくるはず。「○○家の人間だから」とか「私の子だからこれくらいは」というのではなくて、子どもの現状があって、そこを出発点に、これを足してみたらどうか、この学校に入れたら似合うか? ということを考える。

子どもの口から出た「こうしたい」にいつも従わなきゃいけないという意味ではなくて、
子ども自身が成長したあとの将来の視点まで含めて考えて、
真の「本人の意思」に寄り添うように。

ま、実際のところ難しくはあるんだけど。

(2) 将来のために今を犠牲にしすぎない

実務上、行きすぎを防ぐ便利な心得としては、
「将来のために今を犠牲にしすぎない」
というのがあると思います。合格したあとのバラ色の生活のためには、今の生活のすべてを犠牲にしてでも云々というの、それ、なんだかうさんくさいです。

享楽的にだらだらと日々を過ごせというんじゃないですけど、
将来のための積み重ねであっても、今もちゃんと喜びを持ってできるくらいの範囲にしておく。
そうすればそんなに巨大な勘違いにはなりません。

そして、

(3) 親は親自身の人生を生きる

要するに、親自身のやりたいこと…まぁ自己実現といってもいいですけど、そういうものが子どもとは違うところにちゃんとあるってこと。

過去にひどい虐待をしてきた親の中には、子どもに託す自己実現以外の道を断たれたという状況に追い込まれた人も多かったと思います。特に、私の親あたりの世代というのは、特に比較検討するわけでもなく、自分に向いているからでもないのに、自動的に「昭和の企業戦士を支える専業主婦」になってしまったので、子育て以外にクリエイティビティを発揮し自尊心の元となるようなものがなく、しかもそのようなことでどんな心の闇が生まれやすくなるかについて無自覚であることが多かったのではないでしょうか。

しかし私の母は専業主婦だったわけではなく、むしろかなり稼いでいた(昔のピアノ教室は営業力が特になくても生徒がたくさん集まったんです)のですが、仕事にも家事にもアイデンティティを感じることはなく、いっちゃなんだけど「私一筋」だったようです。重いです。

だから仕事をするしないの問題に限ったことではないのですが、ともかく、子どもがどうであるってことが親の勲章として必要だという状況にならないように。


…と、これまで子育てをする中では(1)~(3)のようなことを考えていたと思います。そんなにはっきり分けて考えていたわけではないですが。

「追いつめる親」の巻末には、「親として、教育虐待をしないための心得12」というのがまとめられています。おおたさんの記述は、基本線において私が考えていたことと同じ方向だと思いますが、ずいぶん切り口が違います。「6. 「なぜ勉強しなくちゃいけないの?」を考える」とか「12. 「子どもは社会の宝」の二つの意味を思い出す」などは、なるほどそこから来たかと思いました。

12. はこれだけじゃ何のことかわかりませんが、つまり子どもは社会全体で守り育てていくものであるということ(これが一般的な意味)、それともうひとつ、子どもは決して親の私物ではなく、そのうち社会に「お戻し」しなきゃいけないということです。

子どもに親の人生を生きてもらうことはできない。子どもと親は別の人間である。結局のところ、それが問題の根っこですね。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン

by an-dan-te | 2015-07-30 13:08 | 中学受験

<< 偏差値をどう考えるか(アクセス... 教育熱心と教育虐待の境界 >>