人気ブログランキング |

「志望校対策」(日特、NNなど)に思うこと   

久しぶりに、中学受験終了ほやほやの人とお話しする機会があって、「志望校対策」についていろいろ考えた。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←対策しなくても入れそうなところ、しっかり対策して入るのがイイ
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

各大手塾の志望校対策講座は、それぞれ特徴があって、好みが分かれそうだけれども、私の知っている範囲で大雑把にいうとこんな感じ。
(以下で、直接自分の子どもが通って知っているのは日特のみ、テスト受けたのも早稲アカのみなので、ほかは伝聞です)

・日能研(日特)
塾内生のみ。学校の近くの校舎にみんな集められるので、遠くなっちゃう場合もあるけど(その場合学校も遠いということだが)、人数が集まるのはよい。レベル別にクラス分けがある。
昔(こじろうのころ)は受講資格が決められていて、足りないと入れなかったけど、今は希望すれば誰でも入れる。それはいいことなのかどうか?

その「日特」から何人受かったかについては、トップシークレットらしくて教えてくれない(爆)

超難関校(開成とか)だけじゃなくて、N偏差値60近辺で複数回受験があるような学校まで単冠で講座が設けられているのは大きな特徴。しかしそういうところはそんなに気合いが入ってなくて、たいして頼りにならない志望校対策だったりすることも。日能研こそそういうところに力を入れたら売りになるんじゃないのかなぁ~

なぜか過去問をあまり扱わず、類題を他学校の過去問から集めてきて演習する。過去問は自分でやれってことになってる(添削は日特でなく通常校舎の先生に出す)。

・サピックス(SS)
基本的には、自分がふだん通う校舎でそのまま志望校対策講座が受けられる。人数が集まらないといくつかの校舎でまとめられることもある。近いことはいいことだ。年によって、どこで何が開校になるかは異なる。
偏差値で受講資格は切らないらしいけど、時期的に近づいてくると、現実を見て志望校を変えて講座も移っていく。結果的に、最後まで残った子の合格「率」はちゃんと高いようだ。というか、開成・麻布・桜蔭・JGの「対策」の力強さについて疑いの余地はない(…ほどの実績である)。

こじろうやはなひめの学校あたりはハナもひっかけられないので(笑)単冠講座はない。

・早稲アカ(NN)
他塾生OK、っていうかウェルカム。いわゆる「そっくり模試」、入試の形式、傾向や難易度はもちろん、紙質まで真似たテストで選抜するので、単に偏差値で切るよりもっと、その学校に受かりやすい子を選抜している(のかどうか、少なくともその意図を持ってるはず)。

そのテストで高得点をマークした子はとりわけ熱烈歓迎なので、講座の曜日に都合が悪くて受講できないと断っても個別授業が設けられるほど。

内容はオーソドックスに徹底した過去問演習が中心になるが、それぞれの学校の入試指導で長年実績のあるベテランが詳細添削(記述もちゃんと書けるまでFAXで往復)。

やり方がえげつないとか体育会系ノリが嫌いとか内部生に冷たいとか、好まない人はけっこういるけど「志望校対策」の力強さについては定評あり。

レベル分けして何クラスもあるので、最上位クラスなら合格率は9割以上だったり、最下位クラスなら「合格した人もいる」という程度だったり。ポジションによって結果が占える。

-----

それでね、親としてはやっぱりココ(志望校対策)ってすごく気になるところだとは思うんだけど、
ものすごーくざっくりいうと、やっぱり「実力」が元から足りてる子は志望校対策が多少すばらしくなかろうがちゃんと受かっている印象。そういってしまうと身もフタもないけれど…

それで、じゃあちょいと足りないところを押し込む役には立つのかというと、まぁ多少は立つと思う。
けどそんなに極端なことはほとんどの場合うまくいかないから考えないほうがいい。併願までまとめて取りこぼす危険もある。

私が志望校対策で「いいな」と思うポイントは、

・特にしっかり勉強になって、身に付くものがある!!
惚れた学校が心血注いで作った優れた問題を題材に、とことん考えたらそりゃ勉強になります。
特に、記述が必要だったりして何度も修正・検討して往復しなきゃいけなかったり、
国語の読解がややこしかったら、個別の先生とか親とか大人が、真剣に子どもと寄り添って読み解き方・考え方・表現の仕方を身に着けさせなきゃいけなかったり、
するわけでしょ。そこまで濃密にやったら、確実に残るものがあって、それは将来にきちんとつながります。

・実力も十分あって、志望校対策もしっかりやったら、合格率MAX!!
実力も足りている学校を熱望していて、上記のような「とことん」の志望校対策をしたら、ほぼ確実に合格します。本当に行きたい学校を、しっかり狙って合格すれば、そりゃ下手な鉄砲を数撃つよりいいです。

この二つ。つまり、元々相応の志望校があってそこを熱望し、しっかりした対策もして、合格する、というのが個人的には理想。理想というのは、無駄に消耗することなく、入ってからもスムーズに馴染めて、六年間で得るものも大きいという趣旨です。そういう意味で、サピや早稲アカは対象校が狭いのが難点だけど、日能研は対象校があっても対策がウスいのが難点かなぁ。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン

by an-dan-te | 2015-03-23 13:11 | 中学受験

<< 生活を犠牲にしない大手塾生活 きょうだい間でお金の公平とか(... >>