■中学受験と公文   

そもそも、公文とはどういう性質のものであるかというと…

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←上手に活用、長居は無用…だと思う
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

中学受験と公文、高校受験と公文
落ちこぼれずに高校数学までたどり着けるように、計算に特化してまっしぐらに向かっていくものなので、中学受験向きというわけではありません。

それでも、中学受験塾に入る前にひととおり「四則計算(分数・小数含む)」をマスターさせておきたいと思えば、スモールステップのプリント学習である公文というチョイスも当然視野に入ってきます。

入塾前に公文算数
そして公文算数をやめた理由
中学受験の勉強が始まるところでやめましたが、とりあえず、「数なじみ」をよくしておく効果はあると思います。
それなら公文でどこまでやらせるべきかというと「諸説」あり、私は文字式に入る前まででよいと思っているのですが、方程式もやらせちゃえという考えの人もいます。方程式は中学受験にとって、プラマイ微妙です。
中学受験と公文(算数)

公文算数については「やっててよかった」かどうか、人により真逆の感触を持っていますが、比較的国語は評判よいように思います。
公文国語、やっててよかった…のか!?

公文は、性格により、利用するフェーズにより、あるいは指導者により、合う合わないがすごくあり、決して万人向け勉強法などではありません。

公文(算数・数学)とハサミは使いよう
公文の功罪
公文の落とし穴
途中式書けるかな 公文で「途中式が書けるようになった」「途中式を書かなくなった」の両方がありえます。そこについては注意深く見守るべきかと。

公文というと先取りのイメージが強いですが、別にそれが必須ではありません。「後取り」の公文はときに爆発的な効果をもたらします。
ちっとも先取りでない公文
その極端な成功者のひとりがまたろうです。
公文とまたろう
公文、二とおりのJ教材!?

公文以外でも、低学年の勉強法について言及したところをまとめておきます。はっきりいってこの分野は超手薄です。だってうちはほとんど何もしてないものね。
小学校低学年での勉強
「低学年のうちに実体験を」をどう考える
どう転んでも社会科、なのかもしれない
「陰山英男の「校長日記」」を読んで
子ども新聞比較

低学年で中学受験の勉強を先取りする方法のまとめ!?
中受のための先取り方法勝手にまとめ
早いことは、いいことなのか?? 中受的に。
早期教育のよい面、悪い面

番外
神童も、二十歳過ぎれば…

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン
* 3点在庫あり。
[PR]

by an-dan-te | 2013-11-07 13:08 | 中学受験

<< ■「似合う」志望校選択 ■社会、今からどれだけ追い上げ... >>