人気ブログランキング |

大学受験昔々: 憧れのZ会   

Z会といえば、今はなんだか通う教室もあるらしいですけど、昔は「通信添削」の代名詞みたいなもん。

  にほんブログ村 受験ブログへ←難問にとことん取り組む、ってほかのときはなかなかやらないので
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

同じ学年で東大理三を目指していた(そして合格した)**さんが、学校の授業中いつでも(と、いうふうに見えた)Z会の問題をカリカリカリカリ…と、すごい集中して解いてるのがなんだかかっこよくってね。塾に行かずに、自力で勉強しているというスタイルと相まって、憧れだったんです。

Z会の課題ってのは、なにしろ安く郵送できるように、ぺらりと一枚の長い紙にちょんぼりと印刷されているだけで、妙にコンパクトなんですけど、それがいざ解いてみると滅法時間がかかるという代物です。

数学の問題だったら特に、一行ぱらりと問題があって、それをしこしこ解いていくとルーズリーフ2~3ページとかかかってしまうので、非常に内職向きです。手書きでいいので問題をちょいと写しておきさえすれば、机の上に出すものはルーズリーフだけですみますからね。

で、私もあれやってみたーい♪と(ミーハーです)、Z会、挑戦したことがあります。それがいつだったのか記憶がおぼろげですけど、高三のあのみっちりした総合コースが始まってからは無理だったのではという気がしますから、そしたら高二だったのかなぁ?? 高二の後半か、あるいは高三の前半。期間としては半年とかそんなものでしたが。

科目は英語と数学。***さんは、めちゃくちゃ難しいのとそこまででないのと、2レベル両方取っていましたが、私はそのうち下のほうだけにして、英語と数学各1。それでもすごく難物で、問題の分量からすると考えられないくらい時間がかかりました。

昔は、どれかの科目をとると全科目分の問題/解説書が送られてきたので、めちゃくちゃ難しいほうの問題も見ることができたんですけど、ほんと萎えるレベル(-_-;; いいよそこまでしなくても。ってくらい。

簡単なほうだけにとことん気合(と時間)をかけて、自分なりのベストを追究して提出しました。名前がどこに載るかってのが楽しみで、たまに(ほんと「たまに」)***さんより上に載ってるとそりゃうれしくてね。もちろん、あっちはこちらを意識してなかったと思いますけど。

数学も難しかったですけど、その難しくないほうのコースの数学ならまぁまぁなんとかなったんです。英語はそっちのコースでもほんとにややこしくて、文章はたいして長くないんですがめちゃくちゃ入り組んでいて、辞書を引きまくっても謎が謎を呼んで混迷の度合いが深まったり???

今思うと、あそこまでややこしい英文というのは、もう、ネイティブだって、すらっと読めないんじゃないか…ありていにいって「悪文」なんじゃないかと思います。パズルみたいなものですね。でもまぁ、そんなのと格闘して、これぞと思う解答に仕上げる経験というのは、それはそれでやってよかったと思います。受験というよりむしろ「今」に役立っているような気がします。

ただ、そうやって時間無制限で超難問に挑むっていうのはね、そればっかりに時間を取られると得点力の意味ではたいがい効率悪いと思います。もうちょっと易~普通レベルの問題をすらすらこなすこともやらないと、凡人はやっぱり安定パフォーマンスが出せません。そういう意味でも、私にはZ会ひとすじってのはありえなかったかなと(そもそも続かないとかいう性格的な問題はさておき)。

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン
* 4点在庫あり。

by an-dan-te | 2013-10-14 21:24 | 大学受験

<< 作問能力 偏差値足りてるはずの過去問が取... >>