偏差値足りてるはずの過去問が取れないとき   

偏差値ぜんぜん足りてない学校の過去問を、時間計ってテスト形式で解いたら、やっぱぜんぜん合格点にはるか届かなかった。というなら、意外でもなんでもないし、しょうがないんだけど。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←過去問やるときくらいまじめにやってほしいんだけど
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

塾でもここは大丈夫、的なことをいわれている学校なのに、取れない、というとき。

私は、こじろうのときとはなひめのときで、ずいぶん対照的な行動を取っていました。

こじろうのとき、私は過去問の点数記録を、緻密にExcel管理なんかしちゃって、何年か経って見返したときに、我ながらなんてマメなの!!(笑)と思ったくらいです。実施日、こじろうの得点だけじゃなくて、そもそも何点満点なのか、その科目の合格者平均点は(わかれば)、四教科のこじろう合計得点、合格者最低点とかを一覧にして、どのくらいイケてるかがひと目でわかるようになってました。

ここを押さえにと思っていた学校でも、ぜんぜん取れないというところがいくつかあり、それはもう受験校からあっさり外してしまいました。

第二志望といいつつ第一志望より偏差値的にはやや高い学校は、合格者最低点ギリくらいが取れて、何度挑戦しても上がりも下がりもせず、まぁここが「安全」にならないのは実力的にしかたがないとあきらめました。別に押さえ校はあるので、第二志望は変えませんでしたけど…

でも、こんなやり方をしていたのは、非常に稀な条件をこじろうが備えていたからなんですね。

…ということに、去年(はなひめ受験の真っ最中)にようやく気づきました。

そもそも、はなひめの場合、こんな記録表を作る気にならなかったんです。

本人の実力とか、学校との相性とか、そんなものが見えてくる記録ができるような精度で点を取らないから。

家で、過去問をやるというこの状況が、ぜんぜんそそらない(? 集中できない)ものらしく、点数がもうかなりランダムなんです。「その日たまたま集中できたかどうか」で発生する誤差が大きくて、何も見えてこない(-_-;;

はなひめがダメダメな点を取った学校を即、はずしていたら、受験校ラインナップなんてすっからかんになっちゃう。

それと、第一志望校の過去問が、話にならないくらい取れなくて気分が悪かったから(爆)

こじろうのときは、日特初回(つまり9月)にやった過去問ですでに合格者最低点+数十点(*)行けてたので、だからきちんとした表を作る気になっただけだったんだな、ということが自分でよくわかりました(^^;;

でも、今の時期に過去問がぜんぜん取れてなくても、「偏差値が足りていて」かつ「その学校に合ってる」子だったら、ギャップを埋める勉強をしていくと本番までにはちゃんと取れるようになると思います。

はなひめも、年末年始を越えるころには「まぁ大丈夫なんだろうな」という「感じ」くらいになったし…なんでソコまできて「数字」でなく「感じ」なのかといえば、やっぱり日々の誤差が大きすぎて表に記録する気が起きなかったからなんだけど。そして最後に必要な本気は当日限定。あぁ心臓に悪い。

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン
* 4点在庫あり。


(*)…プラ20点くらいだっけ?? とテキトーな記憶をしていたのですが、過去の記録を確認したところ、合格者最低点+44点(!)でした。すげー。でも、別に九月以降上がってくわけじゃないの。練習いらずで最初から実力どおり取れたってことだけど、それってかなり稀なことじゃないですかね。どんだけ相性いいんだ。
[PR]

by an-dan-te | 2013-10-13 21:38 | 中学受験

<< 大学受験昔々: 憧れのZ会 開成流の「自由」と、結果として... >>