大学受験昔々: 駿台クラスの「席順」   

日能研で、成績順に座席が決まるのは有名だけど、駿台の「高三東大理系総合コース」にも成績による座席決定システムがあった。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←もうひとつ高校に通ってたような、そんな気持ちです
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

クラスの規模というのがすごくて、私の記憶が間違ってなければ300人くらい。その人数を学校みたいな机と椅子で並べたとしたら、ばかでかい教室になってしまうが、ぎっしりの長机形式で、一人のスペースは無茶苦茶狭い。人数から考えればびっくりするほどコンパクトな教室だ。
(快適とはいえない。「机の河合」などといわれる所以である)

その人数であるから、それこそ毎週のように席順を変えたとしたら大混乱になりそうだ。なので(かどうかわからないけど)、席順を変えるといっても、一学期に一回のことだった。

一学期(夏休み前まで)のトータル成績で席順が決まって、二学期はそれで過ごす。
二学期(冬休み前まで)のトータル成績で席順が決まって、三学期…といっても短いけど…はそれで過ごす。

というような流れ。

そんな悠長な席替えなので、別段、それを励みにしてがんばってくれたまえというような意図ではなく、単に、熱心に参加している人に前のほうの座席を割り当てようというくらいのつもりのような気がする。

とにかく、学期の最初というのは、出席率がいいもんだから、勝手な座席に座ることはほとんどできない。決められたとおりにみんな座る。でもしばらくするとなぜかかなり「空き」が出てくるので、みんな勝手に座席移動するようになる。私も、あまり聞きたくない授業(というのが何だったか、あまり思い出せないんだけど)ではわざわざ後ろの空席に移動してマッタリ過ごしたこともあったし、でも、山本先生のときとかは、ファンですから(^-^)かぶりつきで聞きたいとなると、前のほうの指定席を持ってればありがたいですよね。

そのクラスの中で私のポジションということになると、記憶があまり定かじゃないけれど、300人の中で、20番~50番(一回のテストの、全科目総合という意味で)というあたりが定位置だったんじゃないかと思う。

一回目の座席発表のとき、「うまくいけば10番くらいもありうるかな?」と思って自分の名前を探した。つまり、10番なんて取ったことはないんだけれど、相当コンスタントに毎回沈まないで持ちこたえたと思っていたので、一学期分を総合すれば、見たことのない順位につけるのではないかと。

ところが、結果は。

1位(o_o)

えー。要するに、みんなほんとに、でこぼこを抱えていたのね。私よりずっと。あるいは、さぼっちゃったテストとかあったりするのかも。

二学期は、穴埋めにかかった男子から猛追されて、

2位(^^;;

一学期の順位はパッとしないところにいた子が、ごぼう抜きしていった。彼とは、大学に入ってから、将棋部で再会したが、それで恋がめばえたというようなことはなかった。

もし三学期の総合成績を出したとしたら、何人に抜かれていたかわからないけれど、もう「席順」というものがないからわからない。いずれにせよ、ここでいう「席順」と、本番での得点力はあんまり直接の関係がない。女子の内申がいいみたいなものですね。とはいえ、駿台どっぷり、こつこつ、まるで内申を稼ぐみたいに愚直に予習復習していっても、合格することはするともいえるでしょう。

今だったら、いの一番に気になることは、それで、このクラスから毎年何人くらい東大に合格してるの? ということだけど、当時はそういう発想がなくて、尋ねたこともない。ただ、このクラスで親しくなった何人かの中で落ちた人はいなかったから、まぁある程度(コンスタントに出席してた人の中で半分とか?)は受かっていたのではないかと思う。

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン
* 3点在庫あり。
[PR]

by an-dan-te | 2013-10-04 18:18 | 大学受験

<< 麻布の自由、JGの自由 ミスも含めて実力です…けど >>