人気ブログランキング |

大学受験昔々: 数学、何がマズかったのかなぁ   

子どもたちの科目間格差について、自分のことは棚に上げてさんざん嘆いてきたけれど、まぁ私もけっこうあった。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←数学ができたら人生変わってたかっていうと、よくわからないけど
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

社会がぶっちぎりでダメだったのは、共通一次しか関係ないのでとりあえずおいとくとして、二次試験で必要な科目の中で、東大実戦とかの偏差値順に並べるとこんな感じ:
物理>英語>国語>化学>>数学

理系なのに数学苦手とかナニソレ。だって社会はもっと嫌いなんだも~ん(^^;;

幸い、東大は科目数が多いので、数学が零点近くてもほかでカバーすればいいとして(え?)
私大は数学の存在がでかいよね。

いくら英語で稼いでも、国語はないし、数学があんまりダメじゃさすがにやばい。

そもそもなんで数学が苦手になってしまったのか…

そんなに嫌いなわけではない。社会と違って。むしろけっこう好き!?
話としてはおもしろいじゃないですか~いろいろと。物理も得意だし、数学そこまで苦手じゃなくてもよさそうだけどね。駿台に通うようになってからの勉強スタイルはといえば、予習のとき自力でなるべく解いて、授業聞いて、復習する。その他の教材には手を出さないで駿台テキストに集中。特におかしなところはないと思うが…

そのころのダメダメな数学の答案とかあったらちょっと「貸してみろ!!」といって見てみたいけど、そこまで物持ちよくないので想像でいうと、計算力がないために霧がかかってる状態だったのではないかと。たぶんね。

そういうふうに思い当たったのは、後に、そういうタイプの女の子の家庭教師をやったときの体験から。
(参考: 「算数苦手女子の霧が晴れるとき」)
あー私もコレだったんじゃないだろうか、と思い至ったのだ。遅いって…

私の性格の根本を支配しているのは「面倒くさがり」ということで、英語の勉強でも、数学の勉強でも、ミニマムセットをもって良しとするみたいなところがあった。英語は前回書いたように、非常にヒットして、少ない勉強で英語が取れているという、コスパでいえば誰にも負ける気がしなかったくらいなんだけど、これは数学にはまずかった、らしい。

おそらく、一般的に、英語にはよく、数学にはダメということではなくて、あくまでも「私の素質」に対して合う合わないの話。私の場合、英語は「少量みっちり」で発火する素地があり、数学にはないということ。

私が若気の至りでバカにしていた、瑣末な演習をえんえん繰り返すようなことっていうのは、私が数学を解けるようになるためにはたぶん必要だったのです。

…ということがわかっても、後の祭り。というわけで、大学受験の本番まで、結局数学はお荷物なままでした。

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン
* 3点在庫あり。

by an-dan-te | 2013-10-02 21:57 | 大学受験

<< ミスも含めて実力です…けど 外部記憶/演算装置「紙と鉛筆」 >>