人気ブログランキング |

「円周率=3」!?の余波   

かつて日能研は、ゆとり教育バッシングの広告を打ったことがある。
「ウッソー!? 円の面積を求める公式 半径×半径×3!?」というようなキャッチーなポスター。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←昔はよかったかというと別によくはなかったけど
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

文部科学省に喧嘩を売ったようなこのキャンペーンの仕掛け人、高木氏と、ゆとり教育のメイン推進者である寺脇氏という、ほとんど宿敵同士のような対談がたいへんなごやかに行われていて興味深い本があった(「それでも、ゆとり教育は間違っていない」)。

高木氏は、この「3」のいきさつについてこう述べている。「あれはね、ウチの教務スタッフが、茶飲み話でしたんですよ。「小数点以下2位の計算がなくなっちゃう。だから3.14も使わなくなるんじゃないの」という話からです。みんなで調べてみたら、使わないとは書いてないけど、使えなくなるよねと」

つまり、学習指導要領に「円周率=3」と書いてあったのではなく、書かれていたのはあくまでも計算力としてどこまでを求めるかというラインの後退…でも、結果的に3.14計算ができなくなりますね、という、ある意味ちょっと姑息な煽り方をしたコピーだったのだ。

高木「文部科学省の方とお会いするたびに、「高木さん、あれはミスリードだよね」ってよく言われましたよ(笑)」
寺脇「文部科学省の人が今頃そんなこと言ってるの? 当時はぜんぜん言い返せてなかったじゃないですか。陰で言っても仕方ないよ。だらしがない。」

実際、わが家には三人の、ゆとり的には少しずつ違う世代に属する子どもたちがいるけれど、円周率=3という習い方は誰もしていない。ただ、3.14計算を「手で」するのは煩雑だからということで、そのへんを扱うときには電卓を配ったりして授業していた。

円周率=3と教えてしまうことと、3.14を教えたうえで、計算は電卓でさせるのはけっこう大きな違いだ。3だと誤差が大きすぎるから…というよりは、3しか印象に残ってないと、なんだかそれでよかったような(ちょうどの数だったような)誤解を招きかねないからよくないと思う。3.14といえば、「なんでそんな半端なの?」と当然思うし、誰かが「3.1415926535…」などと得意がって暗唱を始めたりして、とにかく円周率という数値が、言っても言ってもいい終わらなくて、暗記がギネスに載っちゃうみたいな半端すぎる数だってことが印象に残る。無限って、ほら、ロマンでしょ。

だから円周率云々というのも小さな話というほどではないんだけど、でも、やっぱり実はゆとり潮流の本質は、計算力としてどこまで求めるかの後退のほうだったりするんじゃないかと思うのだ。

ゆとり教育の目指しているものの中身は、誰も反論できない、プラスのことだ。実地の体験を重視したり、それを表現したり、議論したり、そういう力が重要であることは当然である。土曜日の学校がなくなって、家庭や地域に子どもが帰されたことだって、それはそれでいいことだった…少なくとも、いいことにつなげられる可能性があるゆとりだったんじゃないだろうか。

でも、そういう「いいこと」に道を譲るために時間を削られた、「読み書きそろばん」的な部分が、もちろんそっちだって「どうでもいいです」と主張する人はいないんだけれど、「そんなことをがりがりやらせるより生きる力が大事」的な流れで、ちょっとトーンダウンして、3.14は電卓で計算してもいいじゃん、というような流れになってしまった。

日能研がゆとり教育バッシングしたときの真の意図がどこにあるか知らないけれど、少なくとも、公立行ったら学力が危ないよ、ウチに来て中学受験しなさい、という商売上の意図は含まれているだろう(^^;;

それはともかく、結果として、この騒ぎの中で文部科学省が「指導要領は最低基準である」ということを明らかにして、それまでの「これから逸脱したことをやっちゃいけない縛り」みたいに扱われていた風潮から脱却したわけで、日能研の営業上の都合とは別に、けっこう大きなイイ仕事した、ともいえる。

実際に世の中は脱ゆとりってことで、指導要領の中身も行った分まただいぶ戻った(まことに忙しいことだ)。けれど、コツコツと基礎学力徹底のための反復練習をするというようなカルチャーは、いったん失われるとそんなに簡単に戻ってこないので、小学校に土曜授業が戻ってきてもやっぱりそう簡単に分数・小数がわからない(扱えない)中学生は減らないような気がする。

そして日能研さんは引き続き、塾+私学でしっかり学力安心なコースがあるよという本業に邁進するわけだけど。ほんとは公立小をふつうに卒業した子にしっかり基礎学力がついているというような日本になってほしいよねぇ。

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン
* 2点在庫あり。

by an-dan-te | 2013-09-17 13:01 | 中学受験

<< 受験ママ友って難しい(リアル編) メモチェ・コアプラス・四科のま... >>