人気ブログランキング |

理科実験教室ってどう?   

今、ネットで探すと、小学生向けの理科実験教室っていろいろあるんですね~

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←実験は好きかな?
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

…昔からこんなにあった??

探してなかっただけかな?? とにかく、うちは三人のうち一人の子どもの送迎にそんな長時間かけるのは論外だったから、通わせたことないけど。

私自身は、子ども(小三~小四半ば)のとき、それに近いことをしてもらったんです。うちの子たちのピアノの先生のだんなさん…えーと、当時は、私の母の元生徒のだんなさんということになるけど、しょっちゅううちに来てたので、プラネタリウムに連れてってもらったり、ラジオ作ったり、楽しかった。私が(あんまり向いてないっぽいのに)理系に転んだのはこの方のおかげ。(参考過去記事:「革表紙のノートと万年筆」)

でも、その「楽しい」体験って、実用的(? 少なくとも受験的に得意分野というような)な意味ではぜんぜん根付かなくて、電気も星もよくわからないまま。単に、気持ちの上でやや親しみがあるとか、そんなもん。

ところが、「プラネタリウムやラジオ」ではなくて、紙に描いて・書いて説明してくれた物理の世界が私的には大ヒットだったんです。ものの浮き沈みとか、てんびん・てこ、滑車といったような。質点(質量があって大きさがない)とか、重さがない糸とか、摩擦のない台とか、そういう、リアルには存在しない初歩の力学の世界が、紙の上の矢印で、生き生きと感じられました。

実験ではないです…ただ、紙の上で説明されただけ。でもこれがものすごくわかりやすくて、このまま東大二次の物理まで、力学ではまったく困らなかった。実物を触るおもしろさにごまかされることなく、紙の上で自分のイメージを膨らませ、考えるから定着しやすかったのかなと思います。

小学校の授業でも、昔と違っていろんなキットとか購入して実験をしてくれたりしますよね。はなひめがずっとつっかかっていた電池関係も、なんか電池で走る車の競争とかやって、ずいぶん時間使ってたはずなんだけど。逆に、実験で時間が押して、「まとめ」の時間はあまり取れなかった様子。そうするとどうなるかというと、「誰ちゃんの車が勝った」とかそういうことは楽しく覚えていても、肝心の中身の理解はあやふや(^^;;

またろうのときにはかろうじてあった「○年の科学」的なものも、はなひめのときにはなかったから、はなひめに関しては、実験系のことは完全放置でした。家では。

でも苦手分野としてせっぱつまってきたとき、重い腰を上げて実験しましたよ。またろうの机を漁ったら、電池ボックスとか豆電球とかいくつか出てきたので、急遽。

電池いっこ豆球いっこで、これを標準の明るさとして…
電池いっこ豆球2個を直列につなぐと、電圧半分。それは感覚的にわかるけど、そしたら明るさが半分になるのかなって思うらしくて、それじゃ電池の持ちはさっきと変わらないような気がする、っていうのがはなひめのつまづきポイントだったようです。

でも実際につないでみると…半分には見えないや。めっさ暗い。電圧半分になると電流が半分になって、光らせるおしごととしては1/4くらいなのかなと(見た目なのでてきとーです)。そしたら二つ分のおしごとでも1/2なので電池はそりゃ持つかな、とようやく納得できました。

逆に、電池2個を直列につないで豆球いっこつないでみると…うわ、まぶしーい(^^) これも二倍じゃなくてもっと明るいね。調子に乗って3個をやってみたら、一瞬まばゆく光って電球切れた(^^;;

これは、実験に主眼があるわけじゃなくて、実物を見たあとすぐに、つっかかっていたあたりの問題演習をやるわけです。実験やって演習やれば、理解と定着には最強です。

小さなうちに漠然と実験教室にいっても、「なんとなくイメージ」で終わってしまって、そこから広がらない/定着もしないってことが多いんじゃないでしょうか。紙の上での勉強と混ぜながらやったら効果は大きいと思うけど、かといって塾で超~忙しくなってからじゃなかなかいけないし。やっぱりピンポイントの苦手分野をおうちで。

豆電球を切らしちゃったんでアマゾンとかで見たら電池と豆電球のセットとかお手ごろ値段で売ってました。苦手分野といっても、あんまり手軽に実験できないところもあると思うけど、電池のところならね。滑車とかは難しいかなぁ??

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン
* 4点在庫あり。

by an-dan-te | 2013-09-11 12:40 | 中学受験

<< 灘の国語授業「銀の匙」 できることしかできないの >>