人気ブログランキング |

算数コツコツを「賽の河原」にしないためには?   

非公開コメントでいただいたご相談です。


  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←せっかくコツコツやったら進んでいけないとね
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

------
算数の教材ですが、「計算と一行問題」毎日1ページと単元の宿題が基礎問題で見開き1ページと練習問題(6題)、類似問題のプリントが2ページあり、全て終わらせています。1日30~40分かけています。間違えた問題はその場で直しをして余裕があれば月例テスト前に解き直しをさせています。が、少し難しい問題(四角5や6)になると理解していないこともありテストでは間違えます。少しヒントを与えると解けるのですが、ひとりで解く力がないようです。勉強方法の見直しをしたいのですが良い策ありますでしょうか?
-------

つまり、「毎日コツコツ」やっているつもりであるのに、やや難しい問題になると、
・その場で直し
・月例テスト前に解きなおし
→テストで間違える
となってしまう。どうも「積みあがっていかない」感じになるのですね。

「少しヒントを与えると解ける」ということで、まったくわかってないというほどではない…あとちょっとで解けそうなあたり。でも定着はしていないわけです。

思い起こしてみると、はなひめの算数について私も
「また(もう)忘れたの?」
「算数なんて、暗記物じゃないのになぜ忘れるの?」
と思って悶々としていた時期がありました。忘れてましたけど(^^;;

どうして忘れてたかというと、六年生くらいになると、基本の解き方がひととおり身について、全体がしっかりしてきたので、何かあやふやな基礎的問題がたまにあったとしても、解きなおせば今度こそ定着するんです。ほかとしっかり結びつくからでしょうか。

四年生、五年生のころはいちいちたいへんだったんですよ。

で、算数なのに「賽の河原」になってしまうときのアプローチというのは、大きく分けて二つあると思います。

(1) 忘却曲線に対抗し、サイクルを短くする(暗記的アプローチ)
(2) その場の納得を深いものにして、蒸発を防ぐ(理解的アプローチ)

どっちのアプローチがいいのかというと…

私は、混ぜるのがいいと思ってます。(2)納得を促しつつ、(1)繰り返しの間隔を短くして、「元の木阿弥」を防いでちゃんと積みあがっていく「コツコツプロセス」を作るんです。片方に偏るとなんだか、うまくいかないというか、効率が悪いように感じました。

(1) は、やり方としてはシンプルです。直後の直しは当然ですが、その後の「解きなおし」を、一ヶ月でダメなら一週間、それでもダメなら翌日に入れます。翌日に入れたなら、一週間後と一ヵ月後にも入れます。そんなイメージ。

(2) は、子ども本人がどういうところでひっかかっているのかで作戦を変えないといけないのでやっかいですけど。

問題をきちんと読めていない(飛ばしたり流したり、テキトーに読んでいる)のが原因なのであれば、問題文の音読をさせたり問題にマーキングしてから直しをするだけで効果がある場合もあります。

あるいは、図を描くように言うだけで、あるいは図の描き方を教えるだけでよくなる場合もあります。

解くのに必要だった「ヒント(親が言ったもの)」をノートに明示的に書き取らせることで改善する場合もあります。

実情に合わせて工夫してみてください…

(2) の工夫がうまいこと思いつかなかった場合、(1) だけでもある程度は乗り切れます。

また、直しをした(一緒に解いた)あと、その日のうちに解き方を見ないで自力で解きなおしておくと特に定着がよくなる気がします。これは、繰り返しという意味では(1)のようでもあり、でもその実、自力で解きなおすことで納得が深まる効果のほうが大きいので(2)ともいえます。

とにかく、積みあがっていくように、前回の「痕跡」が消える前にもう一回、です。

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン
* 4点在庫あり。

by an-dan-te | 2013-09-09 12:47 | 中学受験

<< できることしかできないの 記述問題事始: 視写で「型」を学ぼう >>