人気ブログランキング |

体育会系中学受験   

ところ変われば、というか、地域によっても中学受験の「ノリ」はけっこう違うようです。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←ほんとはもっとぬるくやりたかったの(^^;;
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

ごく大まかにいって関西の中学受験は、関東よりガンガンやらせるのが主流らしくて、
・塾の拘束時間が非常に長い
・受験当日の応援が派手!?
というようなことも聞くし、あとは

・塾での飛び級
・入試直前は学校休んで塾
というようなことも関東より関西でよく見られる、とか。

実際のところ、どのくらい違うんですかね? もちろん関西といっても広いから、地域により塾により人により、ということになるだろうけど、まとめてザックリ言うと傾向の違いはあるんでしょう。

「関西圏中学入試 玄人思考のブログ」を時々読むと、びっくりすることがいろいろあるんだけど、
「なぜ夏休みの計画は計画倒れに終わるのか?」の記事では
> 時間が足りなければ、まず休憩時間を削ります。トイレ以外の休憩は必要ありません。
> 塾の移動時間は勉強時間にあてます。
> テレビとかゲームはもってのほか。読書の時間も削ります。
> 食事時間はなるべく短くします。お風呂の時間もシャワーだけにすればかなり短縮できます。
> それでも足りなければ睡眠時間を削るしかありません。
とかを読んでのけぞり、

「間違い直しをしてはいけない」の記事では
> 「間違い直し」なんて甘いんです。
> 1つでも間違えたら全部やり直すくらいの覚悟が必要です。
> それくらいハードルを上げれば、うっかりミスなんかしなくなります。
> 何度もやり直すのが嫌なら、1回で覚えようとするのです。
を読んで本格的にカルチャーショック(o_o)

関東でも、たとえばサピ生活は非常にハードと聞きますが、なんというか、もっとクール? 体育会系のハードさとかエイエイオー的な根性論の話は聞きませんよね。効率を求めるし、親による取捨選択が大事なんてことも言われるし。

それでまぁ、ノリの違いというのは、正しいとか正しくないとか、そういうことではないのですが、合う合わないというのは、そりゃもう、ありますよね。受験後の生活、もっと広くいって将来への影響とかそういうややこしい話はおいといて、純粋に、中学受験で最高の結果を出すのに「どの程度のノリでやると最適か」ということは、子どもの性格、能力、体力、家庭状況や志望校や、そういったもろもろの条件によっても違ってくるでしょう。

私の想像というか感覚からいうと、きっともっとずっとぬるいところに、大多数の子どもの最適解があると思うんですよね。ガシガシにやらせることで、よりよい結果が出ることがあるとしたら、

最難関入試(N60付近ではなく、70近くの)に、入れるか危ないかくらいのボーダー付近の子どもで、かつ、体育会系のノリに馴染む子。

かなと。何をやってもやらなくても、スコーンとできちゃう子は、そもそもそんなガリガリやらせる必要ないし。やらせようがやらせまいが最難関に届かない子、あるいは、最難関を目指さない子だったら、そこまでしないところに最適解があるだろうし(無理にやらせたらつぶれる、こじれる)。

…と、思うんだけど、これは私が(それと、私の子どもが)ヘタレだからなのか?? ガシガシ系で中学受験を成功裏に終えた人は別の感覚を持っているのだろうか。

わが家程度の中学受験だって、小規模塾や自宅学習でのんびりやらせた人からみれば「あそこまではしたくないわ」かもしれないし。

まぁ結論はないんですけど…それぞれ、好みに合わせた「ノリ」で受験ができたらいいのに、とは思います。地域とか、たまたまある大手塾とか、そういうことで規定されて、なかなか調節しにくいんですよね。

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン
* あれ、また在庫なくなっちゃった「通常1~4週間以内に発送します。」

by an-dan-te | 2013-07-31 13:31 | 中学受験

<< ぬるい中学受験は加減が難しい 見直しの「技術」を磨く >>