人気ブログランキング |

見直しの「技術」を磨く   

大人にとって当たり前でも子どもにとってはそうでないことっていろいろありますが、「見直し」ってどうやるのってのもそのひとつかも。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←うっかりミスの失点もったいない、と子ども自身が思うかどうか
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

算数で、全部解こうとして難しい問題に玉砕するよりも、5分残して大問1の計算くらい見直しなさいよ、っていったとして。

そうか見直ししなきゃね、って素直にやってたとしても(←そもそもなかなか素直にやってくれないんだけど)、ただ「もう一回計算する」ってやってたり。

再度同じやり方で計算するというのも、まったく「見直し」じゃないかといえば、そこまでいうつもりはないです。実際、あぁそうそう、と気づくこともあるかもしれないけれど。
・時間がかかる。
・同じ人間なので、まったく同じように間違えて同じ答えに到達する危険がある。
・二度目が違う答えになったとき、ぶっちゃけどっちが正しいかわからない(^^;; (三回目をやって多数決する?)
…などの欠点があります。

ならどうするか。よく実務上使われている手は、「別の人がチェックする」というもので、ある人が書いた文章を、別の人が読めばタイプミスなんかも簡単に気づくとかね、要するに翻訳した人と別の人が校閲する決まりにしておくとか。そうすると、アホみたいなことをやってたときには「なにこれ」って話になるんです。

でも、テスト中に見直しするときはそういうわけにいかないんで、「同じ人間だけど別の目で見る」のがいい。

翻訳だったら、英日を一文ずつ照らし合わせて、もう一度翻訳するつもりで引き比べていって気づかなかった重大な誤訳に、日本語だけ通し読みしたらすんなり気づいたなんてことがあるものですが、そんな感じで。

簡単な話ですが、もし「逆算」の問題だったら、もう一度同じ逆算を解くのではなくて、四角に自分の出した答えを入れて計算してみるでしょ。ストレートに計算する問題であれば、「概算」するという手もあるし、自分がプラマイをよく逆にすると思えば、そこだけピッピッと確認していくという手もある。

算数に限りませんが、聞かれていること(とその条件)に合っているかを確かめるとか、転記ミスがないかどうかチェックするとかもいいかもしれませんね。

ひとつひとつの「チェックの仕方」は、「技術」です。そのレパートリーを少しずつ広げる…

そしてさらに、自分のやってしまいやすいミスの傾向や、問題の性質、時間の切迫度などに合わせて、その技術を最適に組み合わせることができれば理想だけど(^^)

さかのぼって、チェックをしやすいように一回目の解く作業をすることを考えれば、さらに進化します。算数なら、基本は今書いた数字が何なのかをメモるということ、あるいは自分に読める字で書くということ(笑) そのほかにもいろいろあると思いますが。

「見直し」を上手にできるということは、こういった「技術」の積み重ねであって、「見直ししなさいよ」の一言で、ただ本人がヤル気になればできるというものではありません。

しかし本人がヤル気にならなくてはそもそも身につけられません(-_-;;

「自然」にはなかなか、小学生のうちに内発的にできてゆくものじゃないと思います。もし大人が具体的なヒントを適切なタイミングで出すことによって、少しずつ見直し技術の効果が実感できて、自分でも意識して取り組むようになったとすれば、それは中学受験なんぞはるかに越えて、大人の仕事を支える財産になりますね。

そんなおおげさなことじゃなくて、ちょっとした技術のいくつかでも、まずは中学受験に役立つことと思います。とにかく、アドバイスは具体的に!! 「次回気をつけます」という精神論は何も生みません(^^;;

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン
* 3冊在庫あり。

by an-dan-te | 2013-07-29 11:49 | 中学受験

<< 体育会系中学受験 自分視点で書く読書感想文!! >>