人気ブログランキング |

中学受験・高校受験・大学受験   

中学受験・高校受験・大学受験は、いずれも大きくいえば「学力試験」なのですが、似ているところと違うところがあります。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←それぞれの受験に、別の「味」がある
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
* 現在「在庫あり」になってます

今回、中学受験をしたのではないのに、私の本をブログで紹介してくださった方がいました。
くるみさんのお子さんは、高校受験をして第一志望に合格され、現在高校一年生です。

---- くるみさんのブログより:
高校受験生でも、初めて大手塾に通う場合、学校とかけ離れた内容の勉強をする場合
(私立難関校受験)は、参考になる部分がたくさんあります。

中学生は親主導でやれないので(反抗期)、その点だけは違うのですが、勉強方法は一緒です。
塾の偏差値を上げて行くには、こういう勉強をすればいいんだと言うことがわかります。
----

中学受験と高校受験で一番違うところは、高校受験で、都立などを軸に考える場合は、学力一本でないというところです。それが、私立中心に考えるとなると、突然中学受験と似た状況になります。

そしてういろうさんのお子さんは、大学受験で第一志望に合格され、現在大学一年生です。

---- ういろうさんのブログより:
彼女の勉強や受験というものに対しての勘どころが、大学受験にもすっごく参考になりました。
中学大学問わず、受験の戦い方ってあるんだなぁと思いました。
----

要するに、中学受験・高校受験・大学受験と、どのフェーズであっても、メインが学力試験である以上、
「賽の河原」にならない学習の仕方…「積んだ」ものがちゃんと残っていくようなコツコツ。
というのが柱になることは間違いありません。

そこは共通ですね。

違うところはというと、子どもの成長とともに、親が手を出せる(出すべき)範囲が小さくなってくること、
それと、求められる丁寧さ、緻密さの違い。

後になればなるほど、「自分の得意」で勝負して、ほかの部分のボコ穴やうっかりを埋めるような戦い方が可能になりますが、中学受験では、「穴」や「うっかり」がパフォーマンスを直撃します。

くるみさんのお子さんは、得意の数学、
ういろうさんのお子さんは、得意の英語
を生かして、「ぐーんと後伸び」の事例になっていました。

私も、英語が得意だったので「ちょっと後伸び」仲間に入れていただくとして(^^;;

中学受験時のポジションと、大学受験時のポジションに高い相関があるから、難関中高一貫私立というものが成り立っているわけですが、持ち「ポジション」を大きく塗り替える鍵は得意科目。特に、大学受験で存在感の大きい英数です。

中学受験では、得意科目があるに越したことはありませんが、それよりはずっと、苦手がそんなに凹んでないことのほうが大きいです。それがつらいところでもありますが…いいところでもあります。逃げる余地なく、広く磨いておき、その後の人生に備えるのも悪くないものです。

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓ 売れても私には印税一銭も入りませんが。
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン

by an-dan-te | 2013-07-14 09:43 | 中学受験

<< ほどほどに暗記する算数 もしも四年生から入塾していたら… >>