人気ブログランキング |

女子校と男子校、わくわく度の違い!?   

上の子が男子校で、下の子が女子校に入ったなんて場合、「校舎が、教室がキレイ!!」「先生の言葉遣いが丁寧!!」と、あまりに大きなギャップに感激することがよくあるようです(証言多数)。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←学校めぐりは幸せな中学受験の鍵

うちは、こじろうが男子校じゃなくて共学校で、まぁわりと小奇麗な学校なので、そこまで違った感じはしなかったけど。

でも、はなひめの学校は、生活面にも勉強面にも、ほんとうに細やかな配慮があってあらためて感動しました。

女子校だからというんじゃなくて、女子校にもいろいろあるわけですけど(^^;;

いろいろある女子校を、説明会、文化祭、オープンスクールなどいろんな機会で見てきて、どれもすごくいい学校だなと思いました。はなひめに合う合わないの違いはありますけど、それぞれ違う魅力があって、合う子にとってはすばらしい学校だと思うんです。いろんな想いや、伝統や、生徒たちの生き生きした様子とかが感じられるその場の「空気」を吸うだけで、わくわくしました。どの学校も。

ご相談案件とかで何度か聞いたのですが、
「女子校はわくわくする学校がたくさんあるのに、男子校・共学校はわくわくしない」
(何人かの発言をまとめてアレンジしました)
という意見がありました。

つまり、男子校といっても、開成とか麻布とか、誰が聞いてもスゴイと思うような学校であれば、まぁ(ちょっと別の意味で?)わくわくするのかもしれないんですが、子どもの最終的な偏差値が読めない場合、上から下まで幅広く学校めぐりをしますよね。そういう場合、女子校なら、いくら入り口が簡単な学校でも、ちゃんと学校ごとの魅力を感じて、「ここなら」と思うところがいくつもあるのに、男子校は「わくわくしない」。まぁ、イヤな言い方をすれば「偏差値なり」と思ってしまう、ということです。

これは、私もなんとなく、わかるんです。実際のところ、私が見た男子校はこじろうの第一志望候補一校だけで、あとは共学校ですけど、女子校のワクワク度と、共学校のワクワク度はぜんぜん違いました。共学校の中にもいろいろあるんですけどね。もちろん。

これは、共学校の魅力が女子校より劣っているということではなく、たぶん、受け取るこちらの感度の違いが大きいのだと思います。私も、そしてそのような発言をした方も全部女性ですから、女子校の
> いろんな想いや、伝統や、生徒たちの生き生きした様子とかが感じられるその場の「空気」を吸うだけで、わくわく
という部分には、ことに敏感なのでしょう。学校見学などで生徒さんや先生方のふとした会話を漏れ聞くだけでも、その学校の持っている人と人との関わりのあり方、風通しのよさ、空気の教育力が垣間見られてわくわくするのだと思います。

私は私の感度の限界から、男子校や共学校の空気を十分に嗅ぎ分けられていない面があると思うんです。実際のところ、こじろうの学校選びのときは、よしぞう主導で、プラス、こじろうの感覚を手がかりとして進めていきましたが、あれは正解だったと思います。

この年齢の男子は、女子よりもっと幼い子が多いですから、いろんな学校を見せても、どこがいいのかてきぱきと言語化しない場合もあるでしょう。その場合は、本人の反応を上手に読み取ってやることも必要かもしれないですね。あと、過去問の相性っていうのは、どういう子どもを集めようとしているかを示すものといえますから、男女問わず手がかりになります。

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

by an-dan-te | 2013-04-18 12:48 | 中学受験

<< 科目バランスが悪い子の合格力 国語の解答が納得できないとき >>