人気ブログランキング |

国語の解答が納得できないとき   

昨日の記事で書いたように、親子でていねいに読解の道筋を辿ってみたとすると…

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←国語って問題を作るのもたいへんそう

たぶんどこかでぶつかると思うのが、解答が納得できない問題(^^;;
あるいは、出題自体どうよと思う問題。

そういうときどうするかって話なのですが。たとえば、やっていたのが塾テキスト/問題集の問題であれば、先生に聞いてみるってのが正攻法ですかね。私も、こじろうをせっついて質問に行かせたことはあるのですが、どうもいまいちはぐらかされたというか、まともに答えてもらえませんでした。

考えてみれば、問いのひとつがどうにもそりゃないだろって解答だったり、設問に無理があるって場合であっても、その検討をするのって、国語の先生(プロ)でもけっこうたいへんです。読み込んで、解答の道筋を確認しつつ、まぁ確かにその選択肢あんまりぴったり来ないんだけど、といっても答えの訂正といってもそこまでするのはやっかいだし。

算数の解答にミスプリがあるなんてのとはわけが違います。算数の問題だったら、どの先生だって、テキストにあるどの問題でもさっと解いて、これは合ってるとか違ってるとかわかるでしょ。

国語の場合、公式に話を通すほど説得力を持って確認するのって、面倒です。というか不毛なんです。

ちなみに、はなひめのときも同様に質問行かせたことがあるのですが、そのとき先生は一刀両断「マルクだからほっとけ」。

「マルク」というのは、「クソ問題」をお上品(?)にいうために頭文字だけとって「丸」をつけたそうですが(笑)、国語に「マルク」はつきものだがいちいち気にしなくていい、ということをいいたいのですね。時間の無駄だから。

ちゃんと解けるべきところが解ければ、合格はできます。変な問題があったら、そこは落としてもいいんです。

だから、親子読解のときに、変な問題にブチ当たったら、これはこうだから、この解答は(問題は)おかしいと思う、ということを話し合って、おしまいにすれば十分です。

問題自体が変というより、解答が納得いかない場合、その解答が間違っているということがあります。赤本や、あるいは入試問題から採用して作ったテキストや問題集の解答は、学校(出題者)が想定している正答と異なる場合があります。

学校が発表した解答であれば、もうそれはそれというか、仮に読解としては正しくない答えであろうが、素材文の筆者を連れてきても解答不能な問題であろうが、要するに入試ではそのように採点されたということです。どうしてもその学校に入りたいのであれば、納得できなくても癖を理解して、なるべく意に沿って選べる・書けるように練習するしかないですね。いや、あんまりそういう学校は受けたくないけどね。

単に赤本がいい加減ということなのであれば、当日はまともな解答に基づいて採点されていたと仮定して、赤本解答はスルーすればよいですね。

親子読解タイムの迷いをできるだけ減らすためにも、ぜひ意中の学校は、学校発行の解答解説集を手に入れておくことをお奨めします。

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

by an-dan-te | 2013-04-17 12:39 | 中学受験

<< 女子校と男子校、わくわく度の違い!? 国語読解は個別塾で伸びるでしょうか? >>