「受験やめなさい」って禁句ですか?   

いえね、私そういえばよく言ってたなぁって(^^;; 思ったもんですから。まめままさんの記事を読んで。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←カッとなることもあるけど少ない。これが三人目クオリティー。

といっても、六年生とかそういうころになってではないので、もっと前の話ですけど。特に四年生の、まだ受験勉強というものが軌道に乗らないころ。

だって、中学受験をして私立中に行くなんて(ぜいたくな)ことは、別に子どもの当然の権利でもなんでもないわけですよ。親は、子どもに教育を受けさせる義務はあるけど、地元公立中にしっかり通える環境整えてやれば十分、親の役割は果たしていることになるでしょ。

それを、あえて時間かけて手間かけて、私立中受験をさせようってのは、親の意向なわけです。

一方、中学受験をするというのが、親の意向であっても、子どもはそれに乗るかどうか、決める権利はありますよね。

だから、親としては、「かくかくしかじかであれば、中学受験させてもよいと思うがどうか?」と子どもの意向を尋ね、子どもはその範囲で考えたうえでやりたいと思えばやるし、やりたくないと思えばやらない。

シンプルな話です。

ただ、シンプルといえばシンプルなんだけれども、これから受験塾に通おうという、三年生や四年生の子どもに、このいわば「契約条件」をまるっと理解させたうえで、インフォームド・コンセントをとろうってのもなかなか無理な話ですから、これは走りながら徐々に理解してもらって、ほんものの合意形成をしていかなくてはなりません。

この条件というのは、親のポリシーにより、経済状況により、地理的状況により、様々違ってくるはずですが、うちの場合でいうとこんなでした:
・塾に通うこと
・毎日のやるべきことをきちんとやること
・その他、親の提案や忠告はまず真摯に受け止め、その上で必要に応じて話し合うこと

家で全部面倒を見ることはできないので、ともかく塾には通うことが条件でした。押し詰まってからは、「塾を休んで~をやろう」と親から提案することはありましたが、ともかく子どもの側としては基本的には所定の日に塾へ行くと。この点について揉めたことはないですけど。

二番目と三番目はそれぞれまぁかなり問題でして(^^;;

計算やってその他最低限これはやると決めた課題をやり、テストを受けたら直しをして、何はともあれ毎日毎週少しずつでも着実に前へ進む。そのためのことをやるつもりがないんだったら、それはさすがに「中学受験をする」というのが無意味になっちゃいますから、やめる。

親が理由があっていっていることを、考えずに「できない」とか「イヤ」とか跳ね除けるのはNG。まずはなぜそういわれているのかをちゃんと聞いて理解する。話はそれから。

だからまぁ、
「~がイヤなんだったら、中学受験はできないよ。どうする?」←いちおう穏やかバージョンでご提供します
とかいう「お話し合い」がしょっちゅうしょっちゅうありましたね。軌道に乗るまでは。五年、六年ではそんなにはなかったけれど、やっぱりのっぴきならないところに来ると思い出したように「契約内容のご確認」モードに入っていました。

別に悪いことじゃないと思うんですよね。必要なことです。

まぁ、やるとかやらないは大きな決断なので、あんまり子どもを感情的に振り回すようなことをしちゃいけません。いくらスポンサーのご意向といってもね。だから、自分でブレないように、大人用に条件を明文化しておくのはいいかもしれないですよ。

あと、条件の中に「成績」を入れると話がややこしくなると思います。本人がまじめにやってても突然、条件が満たせなくなることがあるのでは、安心して受験できませんからね。まめままさんは
> 宿題くらいやれ。それが先生に対する礼儀だ。
ってところが基準のようで、それはまことに健全な線引きではないかと思います。

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。
[PR]

by an-dan-te | 2013-04-12 12:45 | 中学受験

<< 算数授業カスタマイズの考え方 早寝早起き満員電車 >>